浄土真宗親鸞会「ほんまでっか?」

「往生」=「困った」?

仏教の言葉を分かりやすく伝えるコーナーです

「おーい、まだか。遅いな、演奏会に遅れるで」 親鸞会 ほんまでっか?「往生」=「困った」?

「ちょっと待ってぇな。今、メガネが見当たらんで往生してますねん」

「は?今何て言うた」

「だから往生してますと」

「おまえ往生の意味、間違うてないか?」

「ほんまでっか?困ったり弱ったりした時、『往生』って言いません?さっきもテレビで、大雪のために車が200台立ち往生ってニュースやってましたやん。人が死んでも『往』言いますねえ」

「そやけどそれは違うんや。ええか、往生の『往』は往く、という字や。『生』は生まれるという字。どこに『困る』やら『死ぬ』の意味があんねん。むしろその逆やろ」

「言われてみればそうやなあ。往けないなら困るけど、『往く』んやし、死ぬどころか『生まれる』んやから正反対やねえ」

「そうやろう。おかしな言い方がまかり通ってるんや」

「そうやけど、昔から、そう言うことになってるんやないの?それを理屈ばっかりやーやー言うてると、あんた友達なくしますで」

「余計なお世話や!そうじゃなくて、往生は仏教の大事な言葉なんや。間違うて使っていたら仏教を誤解してしまう」

「あら、それ仏教の言葉だったの?」

「そうや、往生には二つの意味があってな、一つは『生かされて往く』と読む往生や。この世で阿弥陀仏に救われ、絶対の幸福に生かされて往く、という意味になるな」

「へえ、もう一つは?」

「『往って生まれる』と読む往生や。死んで、阿弥陀仏の浄土へ往って、仏に生まれるという意味や」

「へーそうなんや。で、その二つは関係あるの?」

「よう聞いてくれた。この世、弥陀に救われて、絶対の幸福に生かされて往く身になった人だけが、死んで弥陀の浄土へ往けるんや」

「えっ!でも、うちの寺のご院さん、誰でも極楽往けるって言うてはったけどな」

「坊主が極楽往生を請け負ったところで、そんなもん当てになるかいな。親鸞聖人がどう仰っているかが大事なんや」

「親鸞さまは『生かされて往く』往生のできた人だけが、死んで極楽浄土へ往生できると仰ってるんやね」

「そうや、だから聖人は、この世の往生を急げと教えられたんや。おっと、こっちも急がんと。今何時や?」

「5時よ」

「あかんがな。おまえのせいで話が長うなってしもうた。早せな、席なくなるで」

「あんた、このチケットは指定席やから、そんなことあらへんよ」

「えーい、何でもええから、早してくれ」

「もう、何でも『はよはよ』言うて、アンタほんまに、せっかちやな」

「生まれつきや、ほっといてんか」

「出世もそれぐらい早けりゃ、ええんやけどねぇ」

「は?何か言うた?」

「いいえ。ほな、ぼちぼち行きましょか」

 

関連記事


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


地方のある住職会議で
地方のある住職会議で②
地方のある住職会議で③
親鸞聖人の歓喜の証言
平生の一念でハッキリする
断言できない親鸞聖人のお言葉はない
怒濤の光輪
なぜ生きる
難度海
無碍の一道
後生の一大事
三毒の煩悩
人間の本分とは
毒矢の例え
苦しみはどこからくるのか?
親鸞聖人はどんな方?
唯信独達
ただ念仏して
弥陀の本願まこと
無碍の一道
浄土の慈悲
親鸞聖人ブーム
誤解されやすい
念仏に三とおり
東本願寺歎異抄本
本道で邪を破る
如来の直説
それが無碍の一道?
『こだわらない』にこだわる?
「自性唯心」
「本道を往く」
「恐るべし体験島」
「おぞましや体験談」
「スガルの改心」
「迷海惑乱」
「決戦!鼻高山」
「聞き誤られた雑行」
「刺客となった迷海」
「大王の座談が大混乱」
「秘事堂ボウル 電源争奪戦」
新春番外編
「ある地方の住職会議で」
「善の勧めはある? ない?」
「捨てよと言われているのは?」
「どこが悪い?往生に役立てようとする心」
「それは弥陀のお計らい」
「歎異抄第1章」
「善は要らない!?」
「なぜ こんなおかしなことに?」
「八万四千の法門は」
「秘事堂の大黒柱を倒す」
「知識の大罪」
「最後の砦」
「花びらの大爆撃」
「体験島に花が咲く」
雑行雑種自力の心1
雑行雑種自力の心2
雑行雑種自力の心3
雑行雑種自力の心4
「報恩講」って何かしら?
お盆って何をするもの?
親鸞学徒追悼法要って何?
「往生」=「困った」?
袖触れ合うも多生の縁
施しは幸せのタネ
人間は煩悩の塊!?
これも自因自果なんやろか
流転輪廻って何?
一向専念ってなんでやねん
後生ってほんまにあるの?
人生を楽しく渡す大船あり
『御文章』とはどんなもの
「法泥棒」ではあかん!
親鸞聖人のアニメはええなあ
仏法に明日はない 報恩講は必ず
私に私が分からん?
「聖人一流章」に全て収まる
それが不実な信心や
類に随って解を異に
願いはかなう?
演目「行き先違い」
演目「証拠より論」
演目「善の勧め」
演目「布施は尊し」
演目「死の縁 無量」
F館で会いましょう その1
F館で会いましょう その2
F館で会いましょう その3
F館で会いましょう その4
F館で会いましょう その5
F館で会いましょう その6
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp