浄土真宗親鸞会「ほんまでっか?」

『御文章』とはどんなもの

仏教の言葉を分かりやすく伝えるコーナーです

「あんた、一つお願いが」親鸞会 ほんまでっか?『御文章』とはどんなもの

「今、勤行中や」

「終わったのとちゃうん?」

「『正信偈』が終わったとこや、このあと『御文章』を拝読するんや」

「そりゃ堪忍な。で、『御文章』って何やの?」

「あのな、まあええわ、親鸞聖人のみ教えを、正確に日本中に広められた蓮如上人の書かれたお手紙を、80通、本にまとめられたものや」

「親鸞さまの書かれたものだけではあかんの?」

「そやないけど、『正信偈』は難しいやろ。蓮如上人はな、親鸞聖人の主著『教行信証』を、表紙がぼろぼろになるまで読み込まれてな、そのうえで、我々のような愚鈍な者にも受け取れるよう、大事なことを千の中から百選りすぐり、百の中から十を絞られ、十の中から一を選ばれて、『御文章』80通に平易に書いてくだされたんや」

「教えが凝縮してるんやね」

「そや、書かれた上人ご自身が、『我が作りたるものなれども殊勝なるよ』と言われてんねん」

「ほんまでっか!そりゃまた大胆なこと仰るなあ。もしあんたの書いた作文を、あんたが『殊勝や』言わはったら、直ちに病院に送られますで」

「何でわしは病院やねん」

「前から変や思うとったけど、やっぱりボケてたかと」

「やかましい。蓮如上人が『殊勝』と仰ったのは、一切、ご自身の考えや体験を交えず、親鸞聖人のみ教えを明らかにすることに徹せられたからよ」

「親鸞聖人のみ教えだけ?」

「そや、親鸞聖人のお言葉は弥陀の直説やねん。『御文章』のどこを見ても、『当流親鸞聖人の一義は……』『聖人一流の御勧化の趣は……』とあるやろ。80通のお手紙いずれも〈親鸞聖人はこのように教えられた〉とあるだけで、この蓮如は『ああだった』『こうだった』ということは一切書かれてへんのや。だから〈『御文』は如来の直説なり〉とも仰られるんよ」

「そっか、自慢して言われてるのとちゃうねんな」

「ああ大違いや、『更に私なし』という親鸞学徒の本道を貫かれた表明なんよ。だからこそ『御文章』は、凡夫往生の手鏡ともいわれるんや」

「何で手鏡ですの?」

「手鏡いうたら、おまえもいつも持ち歩いて、きれいな顔よう見とるやないかい」

「そうですな」

「そうですなっておまえな、まあええわ、『御文章』は肌身離さず、何度も何度も読ませていただくものなんや」

「でも手鏡いうのは見るもんやないの?」

「ええやないか。仏教を法鏡ともいうんや」

「そうなんや。ところで、お願いちゅうのはな」

「ええかげんにせえ!これからその『御文章』の拝読や」

「……そういえばあんたも結婚前は、よう手紙くれはりましたな」

「へ?今さら何やねん。まだ持ってるんか?」

「もちろん、全部取ってありますで。『君のためなら、たとえ火の中、水の中……』随分と殊勝な内容でしたなあ。後で拝読しまひょか」

「あかん、あかん。あんなん読まれたら、恥ずかしゅうてもう生きておれんわ」

「ほな、私の言うこと何でも聞きますな?」

「ああ、何であんなこと書いたんや。今さら愚痴か……」

「そう、それよ。グッチのバッグが欲しかってん」

 

関連記事


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


地方のある住職会議で
地方のある住職会議で②
地方のある住職会議で③
親鸞聖人の歓喜の証言
平生の一念でハッキリする
断言できない親鸞聖人のお言葉はない
怒濤の光輪
なぜ生きる
難度海
無碍の一道
後生の一大事
三毒の煩悩
人間の本分とは
毒矢の例え
苦しみはどこからくるのか?
親鸞聖人はどんな方?
唯信独達
ただ念仏して
弥陀の本願まこと
無碍の一道
浄土の慈悲
親鸞聖人ブーム
誤解されやすい
念仏に三とおり
東本願寺歎異抄本
本道で邪を破る
如来の直説
それが無碍の一道?
『こだわらない』にこだわる?
「自性唯心」
「本道を往く」
「恐るべし体験島」
「おぞましや体験談」
「スガルの改心」
「迷海惑乱」
「決戦!鼻高山」
「聞き誤られた雑行」
「刺客となった迷海」
「大王の座談が大混乱」
「秘事堂ボウル 電源争奪戦」
新春番外編
「ある地方の住職会議で」
「善の勧めはある? ない?」
「捨てよと言われているのは?」
「どこが悪い?往生に役立てようとする心」
「それは弥陀のお計らい」
「歎異抄第1章」
「善は要らない!?」
「なぜ こんなおかしなことに?」
「八万四千の法門は」
「秘事堂の大黒柱を倒す」
「知識の大罪」
「最後の砦」
「花びらの大爆撃」
「体験島に花が咲く」
雑行雑種自力の心1
雑行雑種自力の心2
雑行雑種自力の心3
雑行雑種自力の心4
「報恩講」って何かしら?
お盆って何をするもの?
親鸞学徒追悼法要って何?
「往生」=「困った」?
袖触れ合うも多生の縁
施しは幸せのタネ
人間は煩悩の塊!?
これも自因自果なんやろか
流転輪廻って何?
一向専念ってなんでやねん
後生ってほんまにあるの?
人生を楽しく渡す大船あり
『御文章』とはどんなもの
「法泥棒」ではあかん!
親鸞聖人のアニメはええなあ
仏法に明日はない 報恩講は必ず
私に私が分からん?
「聖人一流章」に全て収まる
それが不実な信心や
類に随って解を異に
願いはかなう?
演目「行き先違い」
演目「証拠より論」
演目「善の勧め」
演目「布施は尊し」
演目「死の縁 無量」
F館で会いましょう その1
F館で会いましょう その2
F館で会いましょう その3
F館で会いましょう その4
F館で会いましょう その5
F館で会いましょう その6
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp