浄土真宗親鸞会「ほんまでっか?」

私に私が分からん?

仏教の言葉を分かりやすく伝えるコーナーです

「あんたどうしたん?浮かぬ顔して。何や呆けたサルに見えますで」親鸞会 ほんまでっか?私に私が分からん?

「ほっといてんか。わしは今な、大変な疑問にぶつかってんねん」

「へえ、どんな疑問やの?」

「ただでは言われへんな」

「そんなこと言わんと教えてえな」

「ほな言うけどな、阿弥陀さまってホンマにおられるんやろか?」

「あほか」

「何や、いきなりアホって。わしは人間として至極当然な疑問を言うたまでや。おられる言うんなら、ここでそれを証明してみい」

「だからあほや言うてますねん」

「こら、いくらカミさんでも、言うていいことと悪いことがあるで」

「そやけどあんたな、阿弥陀さまの前に、あんた自身のこと、ちょっとは分かってますんかいな?」

「は?自分自身?」

「そうよ、あんたは一体、何者やねん」

「何者っておまえ、亭主の顔も名前も忘れたんか?」

「人を認知症みたいに言わんとき。それはあんたの名前であり、顔形やろ。名前を変えたり、整形したらあんたでなくなるんか?」

「いや、そんなことない」

「そやろ、なら顔や名前は、あんた〝そのもの〟でないってことや」

「まあそうやな」

「iPSいう万能細胞ができてな、将来、人体ごとそっくり入れ替えられるかもしれんのよ。もしあんたで実験してみたら、今のあんたはどうなるんやろか?」

「うーん、細胞が全部入れ替わっても、私は私やろな」

「そうやろね。なら、その『私』ちゅうもんを、あんたどこにあると考えてんの?」

「へ?……」

「昔から、『目、目を見ることあたわず。刀、刀を切ることあたわず』と言われますねん。どんなによう見える目でも、その目で目自身は見られまへん。何でも斬れる正宗の銘刀でも、その刀自身を斬ることはできまへんのや」

「そりゃそうやろ」

「同じようにな、自分という存在はな、自分で見ようとしても近すぎて絶対に見えんもんなんや。だから昔の人は、『知るとのみ 思いながらに何よりも 知られぬものは 己なりけり』と教えてはる」

「そうか、わが身のことは全く分からへんのか」

「あっさり今言うたけどな、自分のことさえさっぱり分からんあんたが、大宇宙の仏方の本師本仏である阿弥陀さまが分からん?分かるように証明して見せよ?って何寝とぼけたこと言うてんねん。ちょっとは〝身の程〟ちゅうもんがあるん違いますか」

「す、すんまへん」

「ま、ええわ。親鸞聖人はな、南無阿弥陀仏の仏智を賜れば、この世の一切がウソ偽りであるとしても、阿弥陀仏ましますことだけはもう間違いないとハッキリすると断言されてますんやで」

「ほんまでっか!」

「ほんまやよ。『誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法』と仰ってはる」

「なるほど」

「ところで誰があんたにそんな疑問を起こさせたん?」

「わしの職場の人やけど、阿弥陀仏は架空の仏やと自信満々言うておったで」

「そりゃ創価学会やわ」

「そうかガッカリ」

 

関連記事


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


地方のある住職会議で
地方のある住職会議で②
地方のある住職会議で③
親鸞聖人の歓喜の証言
平生の一念でハッキリする
断言できない親鸞聖人のお言葉はない
怒濤の光輪
なぜ生きる
難度海
無碍の一道
後生の一大事
三毒の煩悩
人間の本分とは
毒矢の例え
苦しみはどこからくるのか?
親鸞聖人はどんな方?
唯信独達
ただ念仏して
弥陀の本願まこと
無碍の一道
浄土の慈悲
親鸞聖人ブーム
誤解されやすい
念仏に三とおり
東本願寺歎異抄本
本道で邪を破る
如来の直説
それが無碍の一道?
『こだわらない』にこだわる?
「自性唯心」
「本道を往く」
「恐るべし体験島」
「おぞましや体験談」
「スガルの改心」
「迷海惑乱」
「決戦!鼻高山」
「聞き誤られた雑行」
「刺客となった迷海」
「大王の座談が大混乱」
「秘事堂ボウル 電源争奪戦」
新春番外編
「ある地方の住職会議で」
「善の勧めはある? ない?」
「捨てよと言われているのは?」
「どこが悪い?往生に役立てようとする心」
「それは弥陀のお計らい」
「歎異抄第1章」
「善は要らない!?」
「なぜ こんなおかしなことに?」
「八万四千の法門は」
「秘事堂の大黒柱を倒す」
「知識の大罪」
「最後の砦」
「花びらの大爆撃」
「体験島に花が咲く」
雑行雑種自力の心1
雑行雑種自力の心2
雑行雑種自力の心3
雑行雑種自力の心4
「報恩講」って何かしら?
お盆って何をするもの?
親鸞学徒追悼法要って何?
「往生」=「困った」?
袖触れ合うも多生の縁
施しは幸せのタネ
人間は煩悩の塊!?
これも自因自果なんやろか
流転輪廻って何?
一向専念ってなんでやねん
後生ってほんまにあるの?
人生を楽しく渡す大船あり
『御文章』とはどんなもの
「法泥棒」ではあかん!
親鸞聖人のアニメはええなあ
仏法に明日はない 報恩講は必ず
私に私が分からん?
「聖人一流章」に全て収まる
それが不実な信心や
類に随って解を異に
願いはかなう?
演目「行き先違い」
演目「証拠より論」
演目「善の勧め」
演目「布施は尊し」
演目「死の縁 無量」
F館で会いましょう その1
F館で会いましょう その2
F館で会いましょう その3
F館で会いましょう その4
F館で会いましょう その5
F館で会いましょう その6
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp