浄土真宗親鸞会「法楽寄席」

演目「死の縁 無量」

 えー、魚屋といいましても昔は、天秤棒を肩にかけ、ほうぼう売って歩く棒手振りというのがありました。その棒手振りの熊五郎、いつもなら威勢のいい売り声も、流行の風邪か、力が入りません。

法楽寄席「え〜魚屋で。え〜あさりにしじみ。へっくしょん!」

「よせよ魚屋さん。そんな声じゃ、風邪がうつっちまいそうで誰も来やしないよ」

「へえ、すみません」

「最近の風邪はたちが悪いんだ。かかった、と思ったらたちまち高熱が出て、パタッと逝っちまうって話さ。あんたもさっさと家帰って寝たほうがいいよ」

「へへ、脅かさないでくださいよ。風邪なんかで人が死ぬもんですか」

「それが死ぬんだよ。ころっと逝くんだ。ころっと。この界隈でも葬式を出したばかりよ。気をつけな」

 そりゃ大変!さっさと売って帰ろうと、天秤棒を担いで「あさり〜、しじみ〜」とやってますと。

「おう、魚屋。今おっ母の看病しているとこだってえのに、『あっさり、死んじめえ』とはどういう了見だ!」

「いいえ、あさりにしじみと」

「しょぼくれた声出すから、あっさり死んじめえに聞こえるじゃねえか。本当に死んじまったらどうすんだ!とっとと行きやがれ!」

「すみません」

 こんな時は、何やったってうまくいかねえと、帰り支度をしておりますと、後ろから呼び止める声がいたします。

医者「これ、そこの魚屋」

「へ?あっしですかい?」

医者「そう、そなたじゃ、風邪を引いたな」

「分かりますか」

医者「分かるとも。これでも医者じゃ」

「そりゃよかった。じゃあちょっと診ておくんなさいよ。流行の風邪なら大変なんだ。まだ死にたくはねえ。助けておくんなさい」

医者「では診てしんぜよう。でも風邪は治せても、死ぬのは止められないぞ」

「そりゃま、そうでしょうけど、今はまだ死にたくねえんでさあ」

死の縁無量

医者「だがな、風邪は治っても、その心はどうするつもりじゃ?」

「心をどうするってねえ、風邪さえ治してくれたらそれ以上の野暮は言わねえや……」

医者「いや、今風邪で死ぬのを逃れても、いずれまた死ぬ羽目になる。また慌てふためくぞ。だから急ぎ解決すべきは、後生真っ暗なその心のほうではないか?

「何だか難しい話になってきたねえお医者さん。でもあんたの言うとおりかもしれねえな。死なずに済んだのを助かったてえなら、風邪が治ったところで助かったわけじゃねえ。死ぬのがちょっと先送りになっただけだもんな」

医者「さよう。助かったといっても、一時助かったにすぎんのだ。この辺の漁師さんから聞いたことじゃがな、お父つぁんも爺さんも皆代々、漁に出て海で亡くなったんだそうだ。だから『そんな恐ろしい海に、よく毎日平気で漁に出られるのう』って言ったんじゃよ」

「すると?」

医者「その漁師が、『じゃあ、あんたのお父さんはどこで死んだんだ?』って言うからな、『そりゃ畳の上だ』『じゃあおじいさんは?』『やっぱり畳だ』。するとこう言うんだ。『そんな恐ろしい畳の上で、あんたよく平気で寝ておれるねえ』だとさ」

「ははは、なるほど。どこにおろうが死は免れねえってわけか。そりゃ道理だ」

医者「死の縁無量だ。だから、いつ死が来ようと往生一定、一切が障りとならない身になることこそ、急がねばならぬ最大事なんじゃよ」

「あんた、ただの医者じゃないね。もっと続きを聞かせておくんなさいよ」

医者「うーん、でも風邪も治さねばなるまい。スズキ(続き)は明日ということで」

「いいや、明日と言わず、今日願いマス」

 


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


地方のある住職会議で
地方のある住職会議で②
地方のある住職会議で③
親鸞聖人の歓喜の証言
平生の一念でハッキリする
なぜ生きる
難度海
無碍の一道
後生の一大事
三毒の煩悩
人間の本分とは
毒矢の例え
苦しみはどこからくるのか?
親鸞聖人はどんな方?
唯信独達
ただ念仏して
弥陀の本願まこと
無碍の一道
浄土の慈悲
親鸞聖人ブーム
誤解されやすい
念仏に三とおり
東本願寺歎異抄本
本道で邪を破る
如来の直説
それが無碍の一道?
『こだわらない』にこだわる?
「自性唯心」
「本道を往く」
「恐るべし体験島」
「おぞましや体験談」
「スガルの改心」
「迷海惑乱」
「決戦!鼻高山」
「聞き誤られた雑行」
「刺客となった迷海」
「大王の座談が大混乱」
「秘事堂ボウル 電源争奪戦」
新春番外編
「ある地方の住職会議で」
「善の勧めはある? ない?」
「捨てよと言われているのは?」
「どこが悪い?往生に役立てようとする心」
「それは弥陀のお計らい」
「歎異抄第1章」
「善は要らない!?」
「なぜ こんなおかしなことに?」
「八万四千の法門は」
「秘事堂の大黒柱を倒す」
「知識の大罪」
「最後の砦」
「花びらの大爆撃」
「体験島に花が咲く」
雑行雑種自力の心1
雑行雑種自力の心2
雑行雑種自力の心3
雑行雑種自力の心4
「報恩講」って何かしら?
お盆って何をするもの?
親鸞学徒追悼法要って何?
「往生」=「困った」?
袖触れ合うも多生の縁
施しは幸せのタネ
人間は煩悩の塊!?
これも自因自果なんやろか
流転輪廻って何?
一向専念ってなんでやねん
後生ってほんまにあるの?
人生を楽しく渡す大船あり
『御文章』とはどんなもの
「法泥棒」ではあかん!
親鸞聖人のアニメはええなあ
仏法に明日はない 報恩講は必ず
私に私が分からん?
演目「行き先違い」
演目「証拠より論」
演目「善の勧め」
演目「布施は尊し」
演目「死の縁 無量」
F館で会いましょう その1
F館で会いましょう その2
F館で会いましょう その3
F館で会いましょう その4
F館で会いましょう その5
F館で会いましょう その6
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp