浄土真宗親鸞会「法楽寄席」

演目「善の勧め」

 火事と喧嘩は江戸の花。江戸っ子の威勢のいいのは結構ですが、勘違いからすぐカッとなる傍迷惑な方も随分あったようでございます。

法楽寄席「おう与太郎、知ってるか。『善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや』って。善人でさえ浄土へ生まれることができる、ましてや悪人はなおさらだってことよ」

与太郎「そりゃ楽でいいねえ」

「楽でいいって、お前、どう聞いたんだ?」

与太郎「スリに強盗、空き巣狙いに火事場泥棒、うーん、まだ足らないか?」

「ばか野郎、悪に励もうって話じゃねえや。この悪人ってのはそうじゃねえんだ。すべての人間のことよ。見聞知の仏さまからご覧になりゃあ、人間みな極重の悪人さ」

与太郎「ふーん」

「ふーん、て何だ、他人事みたいに言いやがって」

与太郎「いや、善いことは難しいからね。親孝行一つとっても、したい時には親はなしって言うし」

「お、いいこと言うじゃねえか、上等だ。人間ってのは罪深えもんだからな」

与太郎「でもさ、悪人が助かるんなら、善いことはやる必要ないんじゃないかい?」

「これだ。そういう聞き損ないが困るんだよ。善い種まけば善い結果。悪い種まけば悪い結果、それは仏教の根幹、因果の鉄則だ。親鸞さまの教えに、善が勧められていないとすりゃあ外道の教えになっちまう。それでもいいのか、このおたんこなす!」

与太郎「そりゃよくないよ。じゃあ善の勧めはあるのかい」

「あるのかいだとォ?あるに決まってるじゃねえか、親鸞さまの教えってのは仏教の真髄だい」

与太郎「うーん、そりゃ分かったけど、悪人でも助かるんだからやっぱり善はさあ」

「しつこいね、お前って人は。それとも何か?ご法談のあと、こっそり、『善の勧め、ありゃあ遠回りだよ』とか何とか言って人を引っ張ってく奴ってのはお前かい?」

与太郎「人聞きが悪いや。何だよそれ、遠回りって」

「『獲信にはコツがある。近道がある』って言う奴がいるらしい。お聖教に書かれた以上のコツや近道があってたまるかってんだ」

与太郎「で、そのコツ野郎が『善の勧めは要らねえ』って言うのかい?」

「ああ。お釈迦さまから七高僧、親鸞さまや蓮如さまに一貫した教えを無視して一体おめえ何様のつもりでえ」

与太郎「だからおいらじゃないって。勘違いしないでよ」

「何だとォ?このナス。そのポーッとした面はどう見たって怪しいや」

与太郎「顔は関係ないだろう。とにかく善を勧めないってのは大間違いなんだな」

「あたぼうよ。『善を勧めるのは遠回り』だあ?だいたい阿弥陀さまが、善を勧めていらっしゃるのに何言ってやんでえ。これ以上の近道があるもんか。このポンポコなす!」
(ポカッ!)

与太郎「あーん!何でおいらのおでこをぶつの?」

法楽寄席(親鸞会)

隠居「おいおい大声で、何があったんだい」

与太郎「あ、ご隠居さん。熊さんがいきなりぶつんだよ」

隠居「おい熊さんや。何があったか知らないが、与太郎のことだ。ひとつ勘弁してやってくれないか」

「いえねご隠居さん、善の勧めは無いって野郎のこと話してたらついカッときて、そしたらこいつが目の前にいて」

隠居「おいおいそんな乱暴な。お前さんこそ、もっと善を心がけなさいよ……」

与太郎「そうだ、そうだ」

隠居「二人ともよく覚えときなさい。弥陀のお目当ては、〝極重の悪人〟だ。だがそれが自分のこととは、頭だけで分かるもんじゃない。なればこその釈尊のご教導だ。仏語のとおり、進ませてもらうのが肝心だよ」

与太郎「へい。でも仏語はいいが、ぶつのはごめんだ」

 


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


地方のある住職会議で
地方のある住職会議で②
地方のある住職会議で③
親鸞聖人の歓喜の証言
平生の一念でハッキリする
なぜ生きる
難度海
無碍の一道
後生の一大事
三毒の煩悩
人間の本分とは
毒矢の例え
苦しみはどこからくるのか?
親鸞聖人はどんな方?
唯信独達
ただ念仏して
弥陀の本願まこと
無碍の一道
浄土の慈悲
親鸞聖人ブーム
誤解されやすい
念仏に三とおり
東本願寺歎異抄本
本道で邪を破る
如来の直説
それが無碍の一道?
『こだわらない』にこだわる?
「自性唯心」
「本道を往く」
「恐るべし体験島」
「おぞましや体験談」
「スガルの改心」
「迷海惑乱」
「決戦!鼻高山」
「聞き誤られた雑行」
「刺客となった迷海」
「大王の座談が大混乱」
「秘事堂ボウル 電源争奪戦」
新春番外編
「ある地方の住職会議で」
「善の勧めはある? ない?」
「捨てよと言われているのは?」
「どこが悪い?往生に役立てようとする心」
「それは弥陀のお計らい」
「歎異抄第1章」
「善は要らない!?」
「なぜ こんなおかしなことに?」
「八万四千の法門は」
「秘事堂の大黒柱を倒す」
「知識の大罪」
「最後の砦」
「花びらの大爆撃」
「体験島に花が咲く」
雑行雑種自力の心1
雑行雑種自力の心2
雑行雑種自力の心3
雑行雑種自力の心4
「報恩講」って何かしら?
お盆って何をするもの?
親鸞学徒追悼法要って何?
「往生」=「困った」?
袖触れ合うも多生の縁
施しは幸せのタネ
人間は煩悩の塊!?
これも自因自果なんやろか
流転輪廻って何?
一向専念ってなんでやねん
後生ってほんまにあるの?
人生を楽しく渡す大船あり
『御文章』とはどんなもの
「法泥棒」ではあかん!
親鸞聖人のアニメはええなあ
仏法に明日はない 報恩講は必ず
私に私が分からん?
演目「行き先違い」
演目「証拠より論」
演目「善の勧め」
演目「布施は尊し」
演目「死の縁 無量」
F館で会いましょう その1
F館で会いましょう その2
F館で会いましょう その3
F館で会いましょう その4
F館で会いましょう その5
F館で会いましょう その6
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp