浄土真宗親鸞会「法子と朋美の仏教講座」

「お盆」って何をするものなの?

朋美「もうすぐお盆ね」

法子「そうね」

朋美「私の田舎では、盆踊りに“デカンショ節 ”を踊るのよ、楽しみだな」

親鸞会 仏教講座

法子「そんな踊りがあるんだ。知らなかったわ。
 ところで朋ちゃん、お盆って、もともと仏教から出てるって知ってた?」

朋美「えー、知らなかった!お盆はどういう意味なの?」

法子「お盆はね、正しくは盂蘭盆(ウラボン)っていうの。『仏説盂蘭盆経』というお経が由来になっているのよ」

朋美「『ウラボン経』っていうお経があるんだ!」

法子「そうよ。このお経にはね、お釈迦さまの十大弟子の一人、目連という方が出てくるの」

朋美「あ、お弟子の目連ね、知ってるわ。『王舎城の悲劇』に出てたよね」

法子「さすが朋ちゃん、よく覚えてるね」

朋美「もちろん!この前、親鸞会館のアニメ解説でみせていただいたからね」

法子「その目連のお母さんは、生前、欲が深く、餓鬼道に堕ちていたの。
 目連はそのことを知って、大変悲しんだわ。
 そこで何とかしたいとお釈迦さまに尋ねたところ、
“7月15日に、百味のごちそうなどを徳の高い僧侶に布施しなさい。布施の功徳は大きいから、亡き母は餓鬼道の苦難から免れるであろう”と言われたの。
 お釈迦さまの言われたとおりにしたところ、お母さんは、立ちどころに餓鬼道から天上界に浮かぶことができたので、目連が喜びのあまり踊ったのが盆踊りの始まりだと言われているのよ」

朋美「へー、そうなんだ。お盆の歴史は長いのね。
 じゃあ、やっぱりお盆は“踊る日”なのかしら?」

法子「そうね。今はそう思う人が多いけれど、大事なのは踊りとかじゃなくて、その“心”なの」

朋美「心?」

法子「そう、実はね“ウラボン”という言葉は“倒懸(トウケン)”という意味なの」

朋美「トウケン?闘う犬ってこと?」

法子「いやいや、そうじゃなくて、こういう字を書いてトウケン。“倒さに懸かれる者”って意味なの。
 これは目連のお母さんだけのことではないの。すべての人が“さかさま”だってお釈迦さまは教えられているわ」

朋美「さかさまって、何がさかさまなの?」

親鸞会 仏教講座

法子「そこが知りたいところよね。
  例えば、私たちが行動する時、まず目的があって、それから手段が問題になるでしょう。
  タクシーに乗った時でもまず目的地を告げる。エレベーターでも最初に目的の階のボタンを押すわよね」

朋美「それはそうよね、最近では、ボタンを押さないとエレベーターから『行き先ボタンを押してください』っておしかりを受けちゃいますからね」

法子「ふふっ、そうね。
 でもね、いちばん大事な人生については、ほとんどの人が、目的を後回しにして、生きる手段、生き方ばかりを問題にしているわ」

朋美「ほんと、私も親鸞会で親鸞聖人の教えを聞くまでそうだったわ。
 恥ずかしいけど人生の目的なんて考えたことなかったもの。部活や勉強、恋愛や友達のことはよく考えたけど」

法子「ただがむしゃらに走っても目的地にはたどり着けないように、目的を忘れて、一生懸命生きていっても、人間に生まれてよかったという本当の幸せにはたどり着けないわ」

朋美「確かにそうね。日常のことなら目的地も確認せずに出発するなんてありえないけど、生きる目的に関しては全く考えず、とにかく生きているっていうのは変な話よね」

法子「生きる目的よりも、生きる手段にばかり心奪われているのは真実から見れば、引っ繰り返った相をしているのよ。
 だからみんな、さかさまなの」

風鈴朋美「なるほど、それが“さかさま”の意味なのね」

法子「そうなの。そんな逆立ちして迷っている私たち、“倒さに懸かれる者(盂蘭盆)”が本当の幸福になる道を教えられたのが仏教なの。
  だから、お盆は本来、私たち自身が仏教を聞かせていただくご縁なのよ

朋美「へーそうなんだ。てっきり先祖のためだって思ってた」

法子「お盆は、亡くなった方をしのんで無常を念じ、生まれてきた目的を心静かに聞かせていただく日だから、大切にしないとね」

朋美「うん、せっかく親戚も集まってくるし、一人でも仏法に耳を傾ける人があったらいいなー」

法子「いいわね!ちょうどお盆に講演会があるから従姉妹と一緒に行く約束をしたのよ」

朋美「それはいいアイデアだわ。わたしも誘っちゃおー!」

法子「今年のお盆は、にぎやかになりそうね。ふふっ」


※動画で学ぶお盆の意味


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


地方のある住職会議で
地方のある住職会議で②
地方のある住職会議で③
親鸞聖人の歓喜の証言
平生の一念でハッキリする
断言できない親鸞聖人のお言葉はない
怒濤の光輪
なぜ生きる
難度海
無碍の一道
後生の一大事
三毒の煩悩
人間の本分とは
毒矢の例え
苦しみはどこからくるのか?
親鸞聖人はどんな方?
唯信独達
ただ念仏して
弥陀の本願まこと
無碍の一道
浄土の慈悲
親鸞聖人ブーム
誤解されやすい
念仏に三とおり
東本願寺歎異抄本
本道で邪を破る
如来の直説
それが無碍の一道?
『こだわらない』にこだわる?
「自性唯心」
「本道を往く」
「恐るべし体験島」
「おぞましや体験談」
「スガルの改心」
「迷海惑乱」
「決戦!鼻高山」
「聞き誤られた雑行」
「刺客となった迷海」
「大王の座談が大混乱」
「秘事堂ボウル 電源争奪戦」
新春番外編
「ある地方の住職会議で」
「善の勧めはある? ない?」
「捨てよと言われているのは?」
「どこが悪い?往生に役立てようとする心」
「それは弥陀のお計らい」
「歎異抄第1章」
「善は要らない!?」
「なぜ こんなおかしなことに?」
「八万四千の法門は」
「秘事堂の大黒柱を倒す」
「知識の大罪」
「最後の砦」
「花びらの大爆撃」
「体験島に花が咲く」
雑行雑種自力の心1
雑行雑種自力の心2
雑行雑種自力の心3
雑行雑種自力の心4
「報恩講」って何かしら?
お盆って何をするもの?
親鸞学徒追悼法要って何?
「往生」=「困った」?
袖触れ合うも多生の縁
施しは幸せのタネ
人間は煩悩の塊!?
これも自因自果なんやろか
流転輪廻って何?
一向専念ってなんでやねん
後生ってほんまにあるの?
人生を楽しく渡す大船あり
『御文章』とはどんなもの
「法泥棒」ではあかん!
親鸞聖人のアニメはええなあ
仏法に明日はない 報恩講は必ず
私に私が分からん?
「聖人一流章」に全て収まる
それが不実な信心や
類に随って解を異に
願いはかなう?
演目「行き先違い」
演目「証拠より論」
演目「善の勧め」
演目「布施は尊し」
演目「死の縁 無量」
F館で会いましょう その1
F館で会いましょう その2
F館で会いましょう その3
F館で会いましょう その4
F館で会いましょう その5
F館で会いましょう その6
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151