浄土真宗講座(親鸞聖人の明らかになされた浄土真宗の教えを学ぶ)

親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
~体失不体失往生の諍論~

問い・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

親鸞聖人が法然上人のお弟子であった時に、法友たちと3度も諍いをされたということをお聞きしますが、どんなことでなされたのでしょうか。(その3)

答え・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

 親鸞聖人の第三の諍論は「信行両座(しんぎょうりょうざ)の諍論」といわれているものです。

 これは、多生(※1)にも値(あ)い難い阿弥陀仏の本願を聞き念仏を称えていても、念仏に、他力の念仏と自力の念仏のあることを知らないで、ただ称えてさえおれば助かると思っていた法友たちに、聖人が警鐘乱打されたのが、この信行両座の諍論となったのです。

 ある時、法然上人に聖人が、
「親鸞は幸いにも、お師匠さまに遇い弥陀の本願に値わせて頂きました。この身の幸福は何ものにも比べようがございません。その上、多くの法友にも恵まれ、尊いご教導を頂いております。それにつけても、法友たちの中に現当二益の幸福を得ていられる方が、どれくらいあるだろうかと案じられてなりません。お許し頂ければ、皆さんの信心をお尋ねしとうございます」
と、お聞きになりました。

「そなたも案じていたのか。信心は心の問題だから難しいが、よかろう」

 許しを得られた聖人は、早速、「行不退の座」と「信不退の座」を設けられ、380余人の法友たちにおっしゃいました。

「本日は、お師匠さまのお許しを頂き、皆さんにお尋ねしたきことがございます。ごらんの通り、ここに、『行不退の座』と『信不退の座』を設置いたしました。いずれなりとも各自の信念にもとづかれて、お入りください」

 不退とは、弥陀の救いのことですから、弥陀の救いは、「行」(念仏)でか、「信」(信心)でかという問いが、「行不退」か、「信不退」かということです。

 十方衆生の救われる唯一の弥陀の本願は、念仏で助けるという誓いなのか、信心で救うという誓いなのか。

 親鸞聖人の出された問題は、法然門下、380余人を驚かせ、戸惑わせる大問題であったのです。

 弥陀の本願には、「至心、信楽、欲生の信心」と、「乃至十念の念仏」とが誓われていますし、法然上人は『選択集』に、
「弥陀如来、法蔵比丘の昔、平等の慈悲に催されて、普く一切を摂せんがために、造像起塔等の諸行をもって往生の本願となしたまわず。ただ称名念仏一行をもってその本願となしたまえり」

 また、
「名を称すれば、必ず生ずることを得。仏の本願によるが故なり」
と教えられているからです。

 これらの御文が、彼らの脳裏をかけめぐったことは想像に難くありません。

 そして何をいまさら、信行両座に分ける必要があろうか、念仏(行の座)に決まっているじゃないかと、心中叫んだことでありましょう。

 その実、決然として信不退の座についた者は、信空上人と聖覚法印、熊谷蓮生房の3人だけでした。

 そのほか、380余人は、去就に迷い判断に苦しみ、一言も述べる者がなかったと、『御伝鈔』に記されています。

 それについて、覚如上人は、

これ恐らくは、自力の迷心に拘りて、金剛の真信に昏きが致すところか(御伝鈔)

“これは多分、自力の信心で、他力の信心を獲ていなかったからであろう”

と道破されています。

 やがて、親鸞聖人も信不退の座に進まれ、4人となりました。

 最後に、380余人注視の中、「法然も信不退の座につきましょう」と、法然上人も信不退の座に入られました。

そのとき、門葉、あるいは屈敬の気をあらわし、あるいは鬱悔の色をふくめり(御伝鈔)

“その時、380余人の門弟は、みな驚き、後悔した”

と書かれています。

 この時、380余人の門弟は、一応は驚いてへりくだりはしましたが、「お師匠さまの前で恥をかかされた」という恨みの後悔であったのです。

 法友たちは、それから聖人をことごとく白眼視し、背師自立(※2)の恩知らずとまで罵倒するようになったのです。

 背師自立の謗りも孤立無援も覚悟の上で、なぜ聖人は、法然門下の中に信行両座を別けられなければならなかったのか。

 弥陀の本願は、信心正因(※2)といくら明示されても、行に迷い信に惑う私たちは、ついつい念仏に腰を下ろそうとするのです。

 信行両座の諍論は、決して800年前の法然門下にだけあった争いではなく、これからも、絶えず繰り返され、龍華の御代(※)まで続くことを熟知していなければなりません。

※1)多生…生まれ変わり死に変わりしてきた多くの世界。
※2)背師自立…師匠の教えと異なる自説を立てること。
※3)信心正因…信心一つで救われるということ。
※4)龍華の御代…遠い未来。

 

あなたが仏教から学べるたった一つのこと

 

親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


時空を超え敬慕される聖人
人生の目的を明示
人生の目的完成の宣言
 
親鸞聖人略年表
京都、日野にてご生誕
出家得度
磯長(しなが)の夢告 1
磯長(しなが)の夢告 2
赤山明神での女性との出会い
大乗院の夢告
比叡下山
救世観音の夢告
吉水の法然上人のもとへ
信心決定
体失不体失往生の諍論
体失不体失往生の諍論 2
体失不体失往生の諍論 3
信心同異の諍論
信心同異の諍論 2
信行両座の諍論
信行両座の諍論 2
承元の法難
承元の法難 2
三部経読誦
高熱で寝込まれる
平太郎、熊野権現で霊夢を見る
善鸞義絶
蓮位房、霊夢を見る
ご往生 1
ご往生 2
阿弥陀仏の本願とはどんなことか
弥陀の救いとはよく合点することか
弥陀の救いはハッキリするのか
信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
信心獲得したら煩悩はなくなるのか
救われたら本当に大慶喜がおきるのか
雑行雑修自力の心とはどんなものか
一向専念無量寿仏とは、どんなことか
絶対の幸福になる唯一の道
念仏に三通りあるとはどんなことか
親鸞聖人とただ念仏の救い
不来迎とは、どんなことか
聞即信とは、どういうことか
二種深信とは、どんなことか
二益法門とは、どんなことか
他力本願と親鸞聖人
なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
三願転入とはどんなことか
仏教で最も重要な、本願成就文とは何か
親鸞聖人と墓参りの意義
なぜ死骸を魚に与えよと言われたのか
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(1)
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(2)
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか
親鸞聖人のみられた夢とはどんなものであったのか
親鸞聖人には、弟子はなかったのか
聖人が善鸞を義絶された根拠は何か
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp