親鸞聖人に弟子はなかったのか

問い・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

親鸞聖人は『歎異抄』に「親鸞は弟子一人ももたず候」とおっしゃっていますが、本当にお弟子はなかったのでしょうか。そうだとすれば、どうして聖人の教えが今日に伝えられたのでしょうか。

答え・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

如来大悲の恩徳は
身を粉にしても報ずべし
師主知識の恩徳も
骨を砕きても謝すべし (恩徳讃)


“阿弥陀如来の高恩と、その本願を伝えたもうた方々(師主知識)の大恩は、身を粉に骨を砕きても済まない。微塵の報謝もできぬ身に泣かされるばかりである”
まことに仏恩の深重なるを念じて、人倫の哢言を恥じず(教行信証信巻)
「広大無辺な弥陀の洪恩をおもうと、どんな非難攻撃を受けても、ジッとしてはいられない」

と不断に報謝の念に燃え、布教に全生命を投入なされた親鸞聖人に、心底より信順しともに正法宣布に挺身したお弟子がなかったはずがありません。

事実、『親鸞聖人門侶交名牒』などには、聖人に親しく教えを受けた数多くの門弟の名が記載されています。

その数は、現在ある数本の『交名牒』と『二十四輩』(覚如上人が康永3年に関東に巡教された時、提出させられた連署)や、聖人が京都に帰られてから、門弟たちに出されたお手紙にみえる名前などを重ね合わせてみますと、60数名から70名近くの熱心なお弟子があったことが分かります。

真仏房、性信房、順信房、如信房、顕智房、唯円房、蓮位房、明法房などそうそうたる方々ですが、その分布もかなり広く、たとえば真仏房は下野国高田に、性信房は下総国飯沼に、順信房は常陸国鹿島に、如信房は奥州大網に在住して、布教活動していたことが知られています。

そのほか、会津、和賀、藤田、武蔵国太田などにも、門弟が散在していたことが分かります。

これらの弟子たちは、みな親鸞聖人が法然上人に対して抱かれていたと同じ敬慕の念を持っていたことは、蓮位房が夢の告げに、聖人は弥陀の化身なりと感得した、という伝記などでもよく窺えます。

では、お尋ねになっている『歎異抄』の、

親鸞は、弟子一人ももたず候 (歎異抄第6章)

“親鸞には、弟子など一人もいない”

と、なぜ仰っているのかということになりますが、これは歴史的事実を仰ったものではないのです。

親鸞聖人は、これらの人たちを自分の弟子だとは、決して思ってはいられなかったということです。

表面上、これらの人たちは、親鸞から教えを聞いて後生の一大事を知り、聞法しているように見えるが、本当はそうではないのだ。

これらの人たちが真剣に聞法求道しているのは、全く弥陀の独り働きなのである。

親鸞の力でも計らいでもない。全く阿弥陀仏のお計らいの結果なのだ。

親鸞の力や計らいで、弥陀の本願を信じ念仏するようになった人たちならば、親鸞の弟子とも言えよう。

けれどもまるまる阿弥陀仏のお力によって救われた人たちであるから、私の弟子などというものではないのである。

ともに弥陀の願力によって救われる、御同朋、御同行である。決して師弟の間柄ではないのであるという、聖人の絶対他力の信心を告白されたのが、「親鸞は弟子一人ももたず候」のお言葉と拝します。

あなたが仏教から学べるたった一つのこと

 

一向専念無量寿仏とは、どんなことか

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


時空を超え敬慕される聖人
人生の目的を明示
人生の目的完成の宣言
 
親鸞聖人略年表
京都、日野にてご生誕
出家得度
磯長(しなが)の夢告 1
磯長(しなが)の夢告 2
赤山明神での女性との出会い
大乗院の夢告
比叡下山
救世観音の夢告
吉水の法然上人のもとへ
信心決定
体失不体失往生の諍論
体失不体失往生の諍論 2
体失不体失往生の諍論 3
信心同異の諍論
信心同異の諍論 2
信行両座の諍論
信行両座の諍論 2
承元の法難
承元の法難 2
三部経読誦
高熱で寝込まれる
平太郎、熊野権現で霊夢を見る
善鸞義絶
蓮位房、霊夢を見る
ご往生 1
ご往生 2
阿弥陀仏の本願とはどんなことか
弥陀の救いとはよく合点することか
弥陀の救いはハッキリするのか
信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
信心獲得したら煩悩はなくなるのか
救われたら本当に大慶喜がおきるのか
雑行雑修自力の心とはどんなものか
一向専念無量寿仏とは、どんなことか
絶対の幸福になる唯一の道
念仏に三通りあるとはどんなことか
親鸞聖人とただ念仏の救い
不来迎とは、どんなことか
聞即信とは、どういうことか
二種深信とは、どんなことか
二益法門とは、どんなことか
他力本願と親鸞聖人
なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
三願転入とはどんなことか
仏教で最も重要な、本願成就文とは何か
親鸞聖人と墓参りの意義
なぜ死骸を魚に与えよと言われたのか
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(1)
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(2)
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか
親鸞聖人のみられた夢とはどんなものであったのか
親鸞聖人には、弟子はなかったのか
聖人が善鸞を義絶された根拠は何か
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp