聞即信とは、どういうことか

問い・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

浄土真宗の法話によく聞即信という言葉が使用されますが、どんなことでしょうか。

答え・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

 聞即信という言葉は、阿弥陀仏が私たちを絶対の幸福に救済してくだされた時のことを表す極めて大切な言葉です。

 阿弥陀仏のお約束は、「聞其名号、信心歓喜」とありますように、聞いて信ずる者を助けるというお約束ですから、聞くということが阿弥陀仏の救いに最も大切なことなのです。

 ゆえに蓮如上人は、

仏法は聴聞に極まる(御一代記聞書)

“仏法は聞く一つで救われる”

と教えられています。

 聴聞といいますのは、「聴」もきくということ、「聞」もきくということですが、仏法では、聴というきき方と、聞というきき方を厳然と区別されていることを、よく知らなければなりません。

 まず、聴というきき方は、ただ耳で聞いて合点しているきき方をいいます。2+2は4、4+4は8というように、きいて納得しているきき方をいいます。

 弥陀の救いに値うには、まず、阿弥陀仏の本願の生起本末をきいて、よく納得することが大事です。阿弥陀仏の本願の生起本末とは、弥陀は、どんな者のために本願を建てられたのか。どのようにして本願を建てられたのか。その結果は、どうなったのか、ということです。

 納得できなかったら納得できるまで、重ねて聞かねばなりません。仏教は因果の道理を根幹として説かれていますから、どんな人でも、聞けば必ず納得できる教えなのです。教えを重ねて重ねて聞いて正しく理解し納得することが、第一に大切なことです。これが聴聞の聴です。

 しかし、どんなに理解や合点しても、それだけでは知った覚えたのであって弥陀の救いではありません。それを蓮如上人は、こう言われています。

 聴聞ということは、なにと意得られて候やらん。ただ耳にききたるばかりは、聴聞にてはなく候。そのゆえは、千万の事を耳にきき候とも、信得候わぬはきかぬにてあるべく候。信をえ候わずは、報土往生はかなうまじく候なり(一宗意得之事)

“聴聞ということを、どう思っていられるだろうか。ただ、耳できいて理解し合点しているだけでは、それは聴聞とはいえないのである。たとえ千座万座きいても、信心を獲得しなければ聞いたことにはならない。信を獲なければ、弥陀の浄土へは往けないのである”

いくら耳で千回万回の説法をきいても、それは合点や理解だけの聴のきき方です。
では聴聞の聞とは、どんなきき方か、親鸞聖人は、次のように教えられています。

「聞」と言うは、衆生、仏願の生起・本末を聞きて疑心有ること無し。これを「聞」と曰うなり(『教行信証』信巻)

“聞とは、阿弥陀仏の本願の生起・本末に、ツユチリほどの疑心もなくなったのを、聞というのである”

 絶対動かぬ逆謗の屍そのままが、不可称不可説不可思議の願力に動かされた一刹那、娑婆往来八千遍、種々の善巧方便は、私ひとりのためでありましたと、弥陀の本願の生起・本末に疑心が晴れ(信)、大安心大満足になったのを、聞即信といわれるのです。

 聞即信まで聞き抜きましょう。

あなたが仏教から学べるたった一つのこと

 

  • 二益法門とは、どんなことなのか
  • 浄土真宗講座一覧


    親鸞聖人から
    あなたへのメッセージ

    正信偈の意味を知りたい方へ


    時空を超え敬慕される聖人
    人生の目的を明示
    人生の目的完成の宣言
     
    親鸞聖人略年表
    京都、日野にてご生誕
    出家得度
    磯長(しなが)の夢告 1
    磯長(しなが)の夢告 2
    赤山明神での女性との出会い
    大乗院の夢告
    比叡下山
    救世観音の夢告
    吉水の法然上人のもとへ
    信心決定
    体失不体失往生の諍論
    体失不体失往生の諍論 2
    体失不体失往生の諍論 3
    信心同異の諍論
    信心同異の諍論 2
    信行両座の諍論
    信行両座の諍論 2
    承元の法難
    承元の法難 2
    三部経読誦
    高熱で寝込まれる
    平太郎、熊野権現で霊夢を見る
    善鸞義絶
    蓮位房、霊夢を見る
    ご往生 1
    ご往生 2
    阿弥陀仏の本願とはどんなことか
    弥陀の救いとはよく合点することか
    弥陀の救いはハッキリするのか
    信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
    信心獲得したら煩悩はなくなるのか
    救われたら本当に大慶喜がおきるのか
    雑行雑修自力の心とはどんなものか
    一向専念無量寿仏とは、どんなことか
    絶対の幸福になる唯一の道
    念仏に三通りあるとはどんなことか
    親鸞聖人とただ念仏の救い
    不来迎とは、どんなことか
    聞即信とは、どういうことか
    二種深信とは、どんなことか
    二益法門とは、どんなことか
    他力本願と親鸞聖人
    なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
    阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
    三願転入とはどんなことか
    仏教で最も重要な、本願成就文とは何か
    親鸞聖人と墓参りの意義
    なぜ死骸を魚に与えよと言われたのか
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(1)
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(2)
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
    親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか
    親鸞聖人のみられた夢とはどんなものであったのか
    親鸞聖人には、弟子はなかったのか
    聖人が善鸞を義絶された根拠は何か
    アクセスランキング
    1位 仏教講座
    2位 各地の親鸞会
    3位 親鸞聖人ってどんな人?
    4位 浄土真宗親鸞会について
    5位 親鸞聖人略年表
    おすすめ記事
    『歎異抄をひらく』の衝撃度
    無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
    信長に徹底抗戦した護法の力
    三業惑乱に学ぶ
    親鸞会 動画集
    浄土真宗親鸞会
    〒939-0395
    富山県射水市上野1191
    TEL 0766-56-0150
    FAX 0766-56-0151
    E-mail:info@shinrankai.or.jp