信心獲得したら煩悩はどうなるのか

問い・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座信ずる一念に過去、現在、未来の三世の業障が一時に罪消えるといわれますが、信心獲得したら煩悩や悪業は、どうなるのでしょうか。

答え・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

 蓮如上人が『御文章』に、

三世の業障一時に罪消えて (御文章)

“過去、現在、未来の三世にわたって、私を苦しめてきた業障が一時に消滅する”

とおっしゃっています。

 この一時に消える業障とは、欲や怒りや愚痴の煩悩や悪業のことではないのです。

 一般の仏教では、煩悩や悪業を恐ろしい罪悪とされますが、浄土真宗では弥陀の本願を疑う心(疑情)ほど、恐ろしい罪はないと教えられます。

 私たちが、果てしない過去から迷い苦しんできたのも、現在、苦しんでいるのも、未来永劫、苦しまねばならぬのも、その原因(罪)は、弥陀の本願を疑う心(疑情)一つであると親鸞聖人は教えられています。

『正信偈』では、

生死輪転の家に還来することは、決するに疑情を以て所止と為す
 (正信偈)

“過去、現在、未来の三世にわたって、我々が迷い苦しみから離れられないのは、弥陀の本願を疑う心、疑情一つのためである”

 また「和讃」には、

真の知識にあうことは
かたきが中になおかたし
流転輪廻のきわなきは
疑情のさわりにしくぞなき (高僧和讃)

“迷い苦しみの元凶は、弥陀の本願を疑う疑情一つであると教える、真の知識に遇うことは、難きが中に難きことである”

仏智疑う罪深し (正像末和讃)

“弥陀の本願を疑うほど、恐ろしい罪はないのである”

と明言されています。

 弥陀の本願を疑う心(疑情)を、自力の心ともいいます。

 私たちが迷い苦しみ流転するのは、欲や怒りや愚痴の煩悩のためではないのです。また煩悩で造った悪業のためでもないのです。

 弥陀の本願を疑う自力の心一つで、三世を流転するのだと親鸞聖人は教えられています。

 だから聞法する目的は、この三世を迷わす業障である本願疑惑心、自力の心を破って頂くためなのです。ほかに聞法の目的はありません。

 生命をかけて聞法すると、不可思議の弥陀の願力によって自力の心が廃るのです。この時を聞即信とか、帰命の一念といわれます。

 聞即信の一念に自力の心が廃り、明信仏智(※1)、破闇満願(※2)しますから、蓮如上人はそれを「三世の業障一時に罪消えて」とおっしゃっているのです。

 この自力の心さえ消えれば、煩悩や悪業は減りも無くなりもしませんが、随犯随懺と照らされ、煩悩即菩提と喜びの源泉に変わるのです。

 これを聖人は、こう「和讃」されています。

罪障功徳の体となる
氷と水のごとくにて
氷多きに水多し
障り多きに徳多し  (高僧和讃)

“弥陀に救われても煩悩や悪業は変わらないが、氷と水のごとく、氷が大きいほど解けた水が多いように、罪障(煩悩)が多いほど、幸せよろこぶ功徳(菩提)が多くなるのである”

とおっしゃっています。

 信心獲得しても、欲や怒りの煩悩具足(※3)の身は変わりませんが、それらは往生のさわりにならずご恩喜ぶ種になるのです。

※1)明信仏智 阿弥陀仏の本願(仏智)がハッキリ知らされること。

※2)破闇満願 苦悩の根元である無明の闇(疑情)が破れ、「絶対の幸福に救いたい」という弥陀の願いが我々の身に満たされること。

※3)煩悩具足 煩悩の塊。人間のこと。


あなたが仏教から学べるたった一つのこと

 

  • 救われたら本当に大慶喜がおきるのか
  • 浄土真宗講座一覧


    親鸞聖人から
    あなたへのメッセージ

    正信偈の意味を知りたい方へ


    時空を超え敬慕される聖人
    人生の目的を明示
    人生の目的完成の宣言
     
    親鸞聖人略年表
    京都、日野にてご生誕
    出家得度
    磯長(しなが)の夢告 1
    磯長(しなが)の夢告 2
    赤山明神での女性との出会い
    大乗院の夢告
    比叡下山
    救世観音の夢告
    吉水の法然上人のもとへ
    信心決定
    体失不体失往生の諍論
    体失不体失往生の諍論 2
    体失不体失往生の諍論 3
    信心同異の諍論
    信心同異の諍論 2
    信行両座の諍論
    信行両座の諍論 2
    承元の法難
    承元の法難 2
    三部経読誦
    高熱で寝込まれる
    平太郎、熊野権現で霊夢を見る
    善鸞義絶
    蓮位房、霊夢を見る
    ご往生 1
    ご往生 2
    阿弥陀仏の本願とはどんなことか
    弥陀の救いとはよく合点することか
    弥陀の救いはハッキリするのか
    信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
    信心獲得したら煩悩はなくなるのか
    救われたら本当に大慶喜がおきるのか
    雑行雑修自力の心とはどんなものか
    一向専念無量寿仏とは、どんなことか
    絶対の幸福になる唯一の道
    念仏に三通りあるとはどんなことか
    親鸞聖人とただ念仏の救い
    不来迎とは、どんなことか
    聞即信とは、どういうことか
    二種深信とは、どんなことか
    二益法門とは、どんなことか
    他力本願と親鸞聖人
    なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
    阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
    三願転入とはどんなことか
    仏教で最も重要な、本願成就文とは何か
    親鸞聖人と墓参りの意義
    なぜ死骸を魚に与えよと言われたのか
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(1)
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(2)
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
    親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか
    親鸞聖人のみられた夢とはどんなものであったのか
    親鸞聖人には、弟子はなかったのか
    聖人が善鸞を義絶された根拠は何か
    アクセスランキング
    1位 仏教講座
    2位 各地の親鸞会
    3位 親鸞聖人ってどんな人?
    4位 浄土真宗親鸞会について
    5位 親鸞聖人略年表
    おすすめ記事
    『歎異抄をひらく』の衝撃度
    無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
    信長に徹底抗戦した護法の力
    三業惑乱に学ぶ
    親鸞会 動画集
    浄土真宗親鸞会
    〒939-0395
    富山県射水市上野1191
    TEL 0766-56-0150
    FAX 0766-56-0151
    E-mail:info@shinrankai.or.jp