阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか

問い・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

『御文章』の至る所に蓮如上人は、「弥陀をタノメ」とか「弥陀をタノム」とおっしゃっていますが、やはり私たちは阿弥陀仏に「助けてください」と、お願いしなければならないのでしょうか。

答え・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

 大変に重要な、しかも誤解されている言葉です。真剣に聞法されている人なら必ずぶち当たる疑問でしょう。

『御文章』に多く出ている「弥陀をタノメ」「弥陀をタノム」「弥陀をタノミ」というお言葉を、ほとんどの人は、他人にお金を借りに行く時のように頭を下げて、「阿弥陀さま、どうか助けてください」と、お願いすることだと思っています。

 特に「領解文」などに、「われらが今度の一大事の後生御たすけ候えとたのみ申して候」とあるのを読めば、現代人なら、そのように理解し解釈するのも無理からぬことでしょう。

 ですが、蓮如上人の教えられる「弥陀をタノメ」は、全く意味が異なりますから注意しなければなりません。

 古来、「タノム」という言葉に、「お願いする」という祈願請求の意味は、全くなかったのです。今日のような意味で、当時、この言葉を使っている書物は見当たりません。
それが「お願いする」という意味に使われるようになったのは、後世のことなのです。

 「タノム」の本来の意味は、「あてにする、憑みにする、力にする」ということです。

 一例を『御文章』の一節であげましょう。

 まことに死せんときは、予てたのみおきつる妻子も財宝も、わが身には一つも相添うことあるべからず。されば死出の山路のすえ、三塗の大河をば、唯一人こそ行きなんずれ(『御文章』一帖目十一通)

 ここで「かねてから妻子や財宝を、あて力にしていた」ことを「かねて、たのみおきつる」と言われています。

 蓮如上人の「タノム」の意味は、あてにする、憑みにする、力にする、という意味なのです。

 もし蓮如上人が、「阿弥陀仏にお願いせよ」とおっしゃったのなら、「弥陀にタノム」と書かれるはずです。 

 ところが、そのような『御文章』は一通もありません。常に「弥陀をタノメ」とか「弥陀をタノム」と、「弥陀を」とおっしゃって、「弥陀に」とは言われていません。

 これらでも明らかなように、「弥陀をタノメ」「弥陀をタノム」は、祈願請求の意味ではないのです。

 ですから、浄土真宗では「タノム」ということを、漢字で表す時は「信」とか「帰」で表します。「信」は、釈尊の本願成就文(※)の「信心歓喜」を表します。「帰」は、天親菩薩の『浄土論』の「一心帰命」を表したものです。

 阿弥陀仏に信順帰命したということは、弥陀の本願が「あてたより」になったことです。

 ゆえに親鸞聖人は、

 本願他力をたのみて自力をはなれたる、これを「唯信」という(唯信鈔文意)

 “本願他力があてたよりになって、自力の心のなくなったのを、唯信という。”

と仰せになっています。

 蓮如上人も、

「一切の自力を捨てて、弥陀をタノメ」とおっしゃっています。

 弥陀をタノメということは、自力の計らいを捨てよということです。一切の計らいが自力無功と照破され、弥陀の五劫思惟は私一人のためだったと明知したのを、弥陀をタノムといわれているのです。

 蓮如上人の「自力を捨てて、弥陀タノム」は、曠劫流転の迷いの打ち止めであり、他力永遠の幸福に輝くときです。他力になるまで他力を聞きましょう。

※本願成就文……釈迦が、阿弥陀仏の本願の真意を分かりやすく解説されたもの。

あなたが仏教から学べるたった一つのこと

 

  • 三願転入とはどんなことか
  •  

    浄土真宗講座一覧


    親鸞聖人から
    あなたへのメッセージ

    正信偈の意味を知りたい方へ


    時空を超え敬慕される聖人
    人生の目的を明示
    人生の目的完成の宣言
     
    親鸞聖人略年表
    京都、日野にてご生誕
    出家得度
    磯長(しなが)の夢告 1
    磯長(しなが)の夢告 2
    赤山明神での女性との出会い
    大乗院の夢告
    比叡下山
    救世観音の夢告
    吉水の法然上人のもとへ
    信心決定
    体失不体失往生の諍論
    体失不体失往生の諍論 2
    体失不体失往生の諍論 3
    信心同異の諍論
    信心同異の諍論 2
    信行両座の諍論
    信行両座の諍論 2
    承元の法難
    承元の法難 2
    三部経読誦
    高熱で寝込まれる
    平太郎、熊野権現で霊夢を見る
    善鸞義絶
    蓮位房、霊夢を見る
    ご往生 1
    ご往生 2
    阿弥陀仏の本願とはどんなことか
    弥陀の救いとはよく合点することか
    弥陀の救いはハッキリするのか
    信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
    信心獲得したら煩悩はなくなるのか
    救われたら本当に大慶喜がおきるのか
    雑行雑修自力の心とはどんなものか
    一向専念無量寿仏とは、どんなことか
    絶対の幸福になる唯一の道
    念仏に三通りあるとはどんなことか
    親鸞聖人とただ念仏の救い
    不来迎とは、どんなことか
    聞即信とは、どういうことか
    二種深信とは、どんなことか
    二益法門とは、どんなことか
    他力本願と親鸞聖人
    なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
    阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
    三願転入とはどんなことか
    仏教で最も重要な、本願成就文とは何か
    親鸞聖人と墓参りの意義
    なぜ死骸を魚に与えよと言われたのか
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(1)
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(2)
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
    親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか
    親鸞聖人のみられた夢とはどんなものであったのか
    親鸞聖人には、弟子はなかったのか
    聖人が善鸞を義絶された根拠は何か
    アクセスランキング
    1位 仏教講座
    2位 各地の親鸞会
    3位 親鸞聖人ってどんな人?
    4位 浄土真宗親鸞会について
    5位 親鸞聖人略年表
    おすすめ記事
    『歎異抄をひらく』の衝撃度
    無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
    信長に徹底抗戦した護法の力
    三業惑乱に学ぶ
    親鸞会 動画集
    浄土真宗親鸞会
    〒939-0395
    富山県射水市上野1191
    TEL 0766-56-0150
    FAX 0766-56-0151
    E-mail:info@shinrankai.or.jp