三願転入とは、どんなことか

問い・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

親鸞聖人の教えは、三願転入とよく聞きますが、どんなことでしょうか。

答え・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

 十方世界の諸仏方から本師本仏(※1)と仰がれている阿弥陀仏には、四十八のお約束があります。弥陀の四十八願といいます。

 中でも、「あらゆる人(十方衆生)を救う」と誓われている願が三つあります。十八、十九、二十の願が、それです。

 その中の十八願は、阿弥陀仏が率直に「どんな人も、我をたのめ 必ず絶対の幸福に救う」と、本心をそのまま誓われたものですから、真実の願とか選択本願(※2)といわれます。

 ところが自惚れ強く、相対の幸福しか知らない私たちを絶対の幸福にまで導くことは、本師本仏の弥陀といえども至難のことでした。そこで、弥陀が十八願真実の約束を果たすために、どうしても方便が必要不可欠だったのです。その弥陀の方便が、十九、二十の二願であると、親鸞聖人は明らかにされています。

 まず、その十九願に弥陀は、こう約束されています。

「私が仏になったならば、すべての人が苦しみの連続の人生に驚いて、なんとか安楽な世界に生まれたいと奮発心をおこし、悪を慎み、もろもろの善を実行して、我が国(弥陀の浄土)に生まれたいと願う者は、臨終に諸仏菩薩と迎えにゆこう」

 善因善果、悪因悪果、自因自果の、因果の道理は三世十方を貫く真理です。寸分の狂いもありません。

 だが、合点だけで実行がともなわなければ、観念の遊戯に終わり、善果は得られません。真面目に力一杯、善行をやってみて知らされるのは、少しもやまない悪と微塵の善もできない自己の実態に絶望するのです。

 そんな人に誓われた弥陀のお約束が二十願です。二十願に弥陀は、こう誓われています。

「すべての人が、名号(南無阿弥陀仏)の大功徳を聞いて念仏を称え、その功徳で我が国(浄土)に生まれたいと願う者は、必ず、思いを遂げさせてあげよう」

 そこで一心不乱に、念仏を称えようと努めるのですが、称え切れない散乱懈怠の心ばかりが見えてきて、こんなことでよいのだろうかと不安な心が出てくるのです。

 悪い心や行為をしながら称えていては、助からぬように思えるので、悪を慎み善に励んで念仏しようとするのですが、見えてくるのは悪性ばかり。念仏は称えているのですが、自分の心の善し悪しで、不安になったり安心したりで、心の動揺がやまないのです。

 このようにして弥陀は、十九、二十の願で無力、無能、真実のカケラもないことを実地に知らせ、自力の計らいを捨てさせて十八願真実の無碍の一道(※3)、絶対の幸福に救おうとされているのが弥陀の目的なのです。

 一大事と聞いても驚かず、絶対の幸福といってもせせら笑っているのが私たちの本性です。これを聖人は逆謗の屍と言われています。

 この屍をどうすれば、絶対の幸福に生かすことができるかと、若不生者と命をかけてお約束なされているのが、弥陀の真実、十八願のちかいなのです。

 絶対、聞かぬ屍を、絶対、聞かす若不生者の真実を、親鸞聖人は、こう記されています。

誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法(『教行信証』総序)

“弥陀の本願、まことだった、まことであったなぁ”

  この十八願、無碍の一道まで、十方衆生を誘導する弥陀の仕組まれた道程を、親鸞聖人は三願転入と言われているのです。

※1)本師本仏…大宇宙の無数にまします仏の師匠。
※2)選択本願…阿弥陀仏が、48のお約束(本願)の中から、「これが私の本心だ」と選びとられた願。
※3)無碍の一道…一切がさわりにならない幸せ。絶対の幸福。

あなたが仏教から学べるたった一つのこと

 

  • 仏教で最も重要な本願成就文とは何か
  • 浄土真宗講座一覧


    親鸞聖人から
    あなたへのメッセージ

    正信偈の意味を知りたい方へ


    時空を超え敬慕される聖人
    人生の目的を明示
    人生の目的完成の宣言
     
    親鸞聖人略年表
    京都、日野にてご生誕
    出家得度
    磯長(しなが)の夢告 1
    磯長(しなが)の夢告 2
    赤山明神での女性との出会い
    大乗院の夢告
    比叡下山
    救世観音の夢告
    吉水の法然上人のもとへ
    信心決定
    体失不体失往生の諍論
    体失不体失往生の諍論 2
    体失不体失往生の諍論 3
    信心同異の諍論
    信心同異の諍論 2
    信行両座の諍論
    信行両座の諍論 2
    承元の法難
    承元の法難 2
    三部経読誦
    高熱で寝込まれる
    平太郎、熊野権現で霊夢を見る
    善鸞義絶
    蓮位房、霊夢を見る
    ご往生 1
    ご往生 2
    阿弥陀仏の本願とはどんなことか
    弥陀の救いとはよく合点することか
    弥陀の救いはハッキリするのか
    信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
    信心獲得したら煩悩はなくなるのか
    救われたら本当に大慶喜がおきるのか
    雑行雑修自力の心とはどんなものか
    一向専念無量寿仏とは、どんなことか
    絶対の幸福になる唯一の道
    念仏に三通りあるとはどんなことか
    親鸞聖人とただ念仏の救い
    不来迎とは、どんなことか
    聞即信とは、どういうことか
    二種深信とは、どんなことか
    二益法門とは、どんなことか
    他力本願と親鸞聖人
    なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
    阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
    三願転入とはどんなことか
    仏教で最も重要な、本願成就文とは何か
    親鸞聖人と墓参りの意義
    なぜ死骸を魚に与えよと言われたのか
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(1)
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(2)
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
    親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか
    親鸞聖人のみられた夢とはどんなものであったのか
    親鸞聖人には、弟子はなかったのか
    聖人が善鸞を義絶された根拠は何か
    アクセスランキング
    1位 仏教講座
    2位 各地の親鸞会
    3位 親鸞聖人ってどんな人?
    4位 浄土真宗親鸞会について
    5位 親鸞聖人略年表
    おすすめ記事
    『歎異抄をひらく』の衝撃度
    無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
    信長に徹底抗戦した護法の力
    三業惑乱に学ぶ
    親鸞会 動画集
    浄土真宗親鸞会
    〒939-0395
    富山県射水市上野1191
    TEL 0766-56-0150
    FAX 0766-56-0151
    E-mail:info@shinrankai.or.jp