親鸞聖人とただ念仏の救い

問い・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

『歎異抄』2章に、親鸞聖人は「ただ念仏して弥陀に助けられた」とおっしゃっています。「ただ念仏さえ称えていれば助かる」のが、親鸞聖人の教えではないでしょうか。 .

答え・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

『歎異抄』2章の「ただ念仏して」の意味を、ほとんどの人は、「ただ南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と口で称えてさえおればよいのだ」と思っていますが、とんでもない間違いなのです。

「ただ念仏して」と親鸞聖人がおっしゃったのは、
「ただ口で念仏を称えてさえおればよい」
と言われたのでないことは、親鸞聖人の教えを無我に相承(※1)なされた蓮如上人が、『御文章』の至る所に、「いくら念仏称えていても助からぬ」と教えられていることでも明白です。

 その根拠を、2、3、挙げておきましょう。

名号をもって、何の心得も無くして、ただ称えては助からざるなり(『御文章』1帖)

“南無阿弥陀仏の名号を、ただ、称えていても助からないのである。”

ただ口にだにも南無阿弥陀仏と称うれば助かるように皆人の思えり。それは覚束なきことなり(『御文章』3帖)

“ただ口で、南無阿弥陀仏と称えていれば助かるように、みな思っているが、それでは助からないのである”

ただ声に出して念仏ばかりを称うる人は、おおようなり。それは極楽には往生せず(『御文章』3帖)

“ただ声に出して、念仏ばかり称えている人は多いが、それでは極楽へは往けないのである”

ただ声に出して南無阿弥陀仏とばかり称うれば、極楽に往生すべきように思いはんべり。それは大きに覚束なきことなり(『御文章』3帖)

“ただ南無阿弥陀仏と、口で称えてさえおれば、極楽へ往けると思っているが、それは、とんでもない間違いである”

 このような文証はたくさんありますが、これらの御文で「ただ、念仏さえ称えていれば助かる」などとは、絶対に親鸞聖人は教えられていないことがお分かりになると思います。

 では、『歎異抄』の「ただ念仏して」の「ただ」とは、どんなことなのか。この「ただ」の意味をハッキリさせておかなければ、あなたの不審は晴れないと思います。

 浄土真宗の人たちは、阿弥陀さまはお慈悲な仏さまだから、このまま、ただで助けてくだされるのだと気楽に聞かされていますが、本当は、「ただ」ほど難しいものはないのです。

 ただはただですが、「ただじゃった」と聞かなければ、ただではありません。

「ただじゃそうな」と合点するのは、易しいけれども、聞いても聞いても、ただが分からず、そのままの本願を、そのままと聞けよと教えられても、上の心は聞いても下の心は、「どのままだ」と反発して、素直に聞いてくれないのです。

 打っても叩いても、金輪際、素直に聞かぬまんまの、ただじゃったと本願が聞こえた、ただなのです。

 その感動を親鸞聖人は、こう言われています。

弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとえに親鸞一人が為なりけり(『歎異抄』後序)

“弥陀が五劫という永い間、熟慮に熟慮を重ねられたご本願は、こんな親鸞一人のためだった”

と懺悔と歓喜の念仏を「ただ念仏して」と聖人はおっしゃっているのです。

 この聖人の「ただ」の一言には、弥陀の五兆の願行(※2)を丸もらいし、釈尊の一切経を読破なされた感激が表されているのですから、ただ、念仏を称えておればよいのとは、天地雲泥の違いがあるのです。

 『歎異抄』には、このような誤解され易いところがたくさんありますから、カミソリ聖教(※3)ともいわれ、蓮如上人は仏縁(※4)の浅い人には封印されている聖教であることを、よくよく心得ていなければなりません。

※1)無我に相承 私見を交えず、そのまま伝えること。
※2)五兆の願行 阿弥陀仏が、気の遠くなるような長期間、我々を救うためになされた思惟と修行のこと。
※3)カミソリ聖教 読む人によっては、子供にカミソリを持たせたように大ケガする仏教書。『歎異抄』の異名となっている。
※4)仏縁 阿弥陀仏との因縁。

あなたが仏教から学べるたった一つのこと

 

  • 不来迎とはどんなことなのか
  • 浄土真宗講座一覧


    親鸞聖人から
    あなたへのメッセージ

    正信偈の意味を知りたい方へ


    時空を超え敬慕される聖人
    人生の目的を明示
    人生の目的完成の宣言
     
    親鸞聖人略年表
    京都、日野にてご生誕
    出家得度
    磯長(しなが)の夢告 1
    磯長(しなが)の夢告 2
    赤山明神での女性との出会い
    大乗院の夢告
    比叡下山
    救世観音の夢告
    吉水の法然上人のもとへ
    信心決定
    体失不体失往生の諍論
    体失不体失往生の諍論 2
    体失不体失往生の諍論 3
    信心同異の諍論
    信心同異の諍論 2
    信行両座の諍論
    信行両座の諍論 2
    承元の法難
    承元の法難 2
    三部経読誦
    高熱で寝込まれる
    平太郎、熊野権現で霊夢を見る
    善鸞義絶
    蓮位房、霊夢を見る
    ご往生 1
    ご往生 2
    阿弥陀仏の本願とはどんなことか
    弥陀の救いとはよく合点することか
    弥陀の救いはハッキリするのか
    信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
    信心獲得したら煩悩はなくなるのか
    救われたら本当に大慶喜がおきるのか
    雑行雑修自力の心とはどんなものか
    一向専念無量寿仏とは、どんなことか
    絶対の幸福になる唯一の道
    念仏に三通りあるとはどんなことか
    親鸞聖人とただ念仏の救い
    不来迎とは、どんなことか
    聞即信とは、どういうことか
    二種深信とは、どんなことか
    二益法門とは、どんなことか
    他力本願と親鸞聖人
    なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
    阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
    三願転入とはどんなことか
    仏教で最も重要な、本願成就文とは何か
    親鸞聖人と墓参りの意義
    なぜ死骸を魚に与えよと言われたのか
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(1)
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(2)
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
    親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか
    親鸞聖人のみられた夢とはどんなものであったのか
    親鸞聖人には、弟子はなかったのか
    聖人が善鸞を義絶された根拠は何か
    アクセスランキング
    1位 仏教講座
    2位 各地の親鸞会
    3位 親鸞聖人ってどんな人?
    4位 浄土真宗親鸞会について
    5位 親鸞聖人略年表
    おすすめ記事
    『歎異抄をひらく』の衝撃度
    無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
    信長に徹底抗戦した護法の力
    三業惑乱に学ぶ
    親鸞会 動画集
    浄土真宗親鸞会
    〒939-0395
    富山県射水市上野1191
    TEL 0766-56-0150
    FAX 0766-56-0151
    E-mail:info@shinrankai.or.jp