南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力は、こうして生み出された

 << 前の記事から続く

姦雄・信長の台頭

 一方、勃興する真宗勢力を苦々しく思っていたのが、戦乱の世に頭角を現した織田信長であった。桶狭間の戦いで今川義元を破った彼は、33歳で尾張・美濃を領する大名となり、天下統一を狙った。
 永禄11年(1568)、将軍・足利義昭を立てて上洛し、五畿内の猛将をことごとく打ち破り、天正3年(1575)には、信長包囲網の一角・武田勝頼を長篠の戦いで破った。

「天下布武」の信長にとっては、阿弥陀仏以外に一切の権威を認めない浄土真宗門徒が、目の上のこぶに映った。
 各地の一揆勢力を弾圧する一方で、石山の軍事的・政治的要害の地にあることに着目したのである。

 畿内に進出するや、石山本願寺に譲渡の相談を持ちかける。
 対する11代宗主・顕如上人は、当然ながら拒絶。その後も幾度にもわたって無理難題を吹っかけるが、本願寺はことごとくけった。

 元亀元年、業を煮やした信長はついに石山攻略の大兵を起こす。
 降りかかる火の粉は、払わねばならぬ。真実開顕を妨げる者に意気消沈していては、何の顔(かんばせ)あってか、如来聖人に相まみえん。
“蓮如上人以来、血と涙で護ってきた法城を仏敵に渡してなるものか”と、愛山護法に燃える親鸞学徒が全国からはせ参じた。
 その数、4万とも5万ともいわれる。兵糧や武具まで手弁当の民兵が、「進めば極楽、退けば地獄」と書いたムシロ旗を掲げて一死報恩の覚悟で戦ったのである。

石山本願寺推定地
大阪城内にある「石山本願寺推定地」の碑

 実地に参戦できない者は、兵糧懇志を続々と本山へ送り届けた。その記録は今も各地の古文書に残っている。
 一例を挙げれば、越後のある末寺の門徒は、黄金一貫目、白米1500俵、麦90俵、油10樽、味噌80樽、白木綿150反を石山に送っている。
 彼らは厳重な石山包囲網をかいくぐって、物資運搬を敢行した。
 信長によって真宗が制圧されたかに見えた美濃、三河、近江の領内からさえ、懇志が途切れることはなかった。

 広島の毛利氏領内の安芸門徒も立ち上がった。
 天正4年、懇志を積んだ兵糧船600余艘、警護の軍船300余艘という大船団で瀬戸内海を渡り、敵船を突破して支援した。

親鸞学徒の団結

 古来、“籠城”は成功しないといわれ、歴史上もほとんど失敗している。しかし「南無六字の城」は11年、がむしゃらな兵馬の蹂躙を許さなかった。さすがの信長も石山攻略を断念し、講和を結ぶ。
 野望飽くなき信長は、その後も浄土真宗を殲滅せんと挙兵したが、講和締結の2年後、本能寺の変が起き、明智光秀に滅ぼされてしまったのである。

 一体、何が石山本願寺を仏敵から護り抜いたのか。

 立地条件や諸将の支援などばかりでは決してなかろう。
 戦いにおいて決定的要素となるのは団結である。弥陀の本願真実からわき出ずる信仰の団結は、名利を超えて心を一つにし、愛山護法に一丸となったのである。

 儒学者・頼山陽(らいさんよう)をして瞠目させたのも、この南無阿弥陀仏のものすごいパワーなのだ。
“南無六字の城”の漢詩は、当時の親鸞学徒の燃える心意気を私たちに教えてくれている。

 

抜き難し、南無六字の城

「南無阿弥陀仏」御名号本尊へ大きな流れ

親鸞学徒の本道をゆく

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp