これを知らねば『歎異抄』の“信心”は読めない (1/5)

親鸞会

自力の信心と他力の信心の2つの違い

親鸞聖人750回忌を来年(平成23年)に控え、世の中は空前の“親鸞聖人ブーム”。
書店には、親鸞聖人コーナーが設けられ、中でも『歎異抄』に関する本が人気だ。

しかし、“カミソリ聖教(しょうぎょう)”ともいわれる『歎異抄』は、仏教の素人が読むと大変な誤解をして“大ケガ”をする危険な書。

その『歎異抄』解説の決定版といわれている『歎異抄をひらく』(高森顕徹先生著)についての座談会が、富山県射水市にある親鸞会の二千畳で開かれた。

座談会後、参加者同士、信心の沙汰(お互いの理解を語り合い、正しい教えの理解を深め合うこと)で、座談会の内容を振り返った時、『歎異抄』第1章の「ただ信心を要とす」の「信心」が話題になった。

その様子を紹介しよう。

 

司会
まず、今日の座談会の質問を確認しましょう。

親鸞学徒
「『歎異抄』の全18章は第一章に収まると、『歎異抄をひらく』に書かれています。それはなぜでしょうか」という質問でした。

親鸞学徒
『歎異抄をひらく』の139ページには、
「『歎異抄』全十八章の収まる第一章は、その聖人の教えの肝要を略説する極めて重要な内容を持つ」
と書かれています。

司会
そうですね。では、『歎異抄』第一章のどこに収まりますか。

親鸞学徒
「ただ信心を要とす」の8字です。

親鸞学徒
『歎異抄』一章が、「ただ信心を要とす」に収まるということは、『歎異抄』全章がその8字に収まることになりますね。

親鸞学徒
そうですよ。全18章は一章に収まり、一章は「ただ信心を要とす」に収まります。
親鸞聖人の『教行信証』も釈迦の一切経も、この8字に収まるといっていいのですね。

司会
では、「ただ信心を要とす」の「ただ」とは?

親鸞学徒
「コレ、ただでもらったのよ」という「ただ」は、「只」という字ですが、この「ただ」は、唯一の「唯」だと教えていただきました。

親鸞学徒
ここで、「ただ信心を要とす」の「要」とは何か、が大切だと思います。

親鸞学徒
カナメということで、二つとない大事なものです。

司会
この「信心」を説かれたのが『歎異抄』一章であり、全18章であり、『教行信証』です。
「信心」といっても、仏教では「自力の信心」と「他力の信心」の二つがあると教えられ、「ただ信心を要とす」の「信心」は、「他力の信心」だとお聞きしました。
この他力の信心を知るには、まず、自力の信心をよく知らなければなりません。

親鸞学徒
男ばかりなら「女」という言葉はなく、女ばかりだったら「男」という言葉はいりません。
「人間」でいいのです。
同じように、自力の信心といわれるのは、他力の信心があるから。
でも、一般には自力の信心しか知らないから、信心と言えば皆、自力の信心のことになります。

司会
世間でいわれる「信心」とは、どんなものですか。

親鸞学徒
神仏を信じることだと思っている人がほとんどですが、それだけじゃない。
「信心」とは、「心で何かを信じる」と書きます。「鰯の頭も信心から」といわれますよね。
イワシは今でこそ高価ですが、昔はたくさん取れて、あまって田んぼの肥料にするほどだった。
その"頭"ですから、さらに価値がない。

親鸞学徒
そんなつまらんものでも、価値があると信じていれば、その人の信心だということね。私は海の近くで育ったので、イワシは本当にたくさん取れたと記憶しています。

司会
皆さんは、何を信じ、頼りにしていますか。

親鸞学徒
命を信じています。明日も生きておれると、当たり前のように思っています。

親鸞学徒
私は、お金かな。お金がなかったら、困りますから。

親鸞学徒
私は、健康や。元気やったら働けるしさ。病気やったら働けないし、お金も入らない。一番は、健康。

親鸞学徒
やっぱり妻を信じたいですね。

親鸞学徒
宗教を否定するマルキスト(共産主義者)は、マルクスの主張した共産主義を信じている人たちです。

司会
これらの信心は、人それぞれ違います。1億人いれば1億とおり。これが、自力の信心の特徴ですね。

>> 当てにならぬ自力の信心

    

 

『歎異抄』の謎を解くキーワード

二種深信でひらく『歎異抄』

『歎異抄』の信心 本願成就文でひらく

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp