抜き難し、南無六字の城

濃蹶・峡顛いずれか抗衝せん
梵王ひとり降旌を樹てず
豈図らんや右府千軍の力
抜き難し南無六字の城

 この漢詩の作者・頼山陽(1832年没)は、歴史書『日本外史』を編んだ、当時の日本最高の知識人。この詩で彼は、仏敵信長から石山本願寺を護り抜いた、親鸞学徒の信仰の力に驚嘆しているのである。

 詩文中、「濃蹶」とあるのは、美濃(岐阜県)を制した戦国武将の斎藤道三、「峡顛」は、甲斐(山梨県)の武将・武田勝頼のこと。
「いずれか抗衝せん」とは、だれも抵抗できなかったとの意である。

 天下布武の旗の下、朝に一城、夕べに一国と破竹の勢いで領土を広げる織田信長に、正面きってあらがえる者は、戦国大名の中にさえ、だれ一人なかったのだ。

 そんな中、「梵王ひとり降旌を樹てず」。11代目法主・顕如上人だけが、信長からの石山立ち退きの命令を蹴り、断固、白旗を揚げなかったのである。

 蓮如上人以来、血と涙で護ってきた法城を、仏敵に渡すことはできない。
 信長は「たかが坊主と農民風情」と高をくくっていた本願寺の、思わぬ抵抗に逆上した。
 元亀元年、大兵を起こし、一気呵成に石山攻略へ打って出る。

 しかし、真実信に燃え、護法の鬼と化した親鸞学徒の法城は、いかに「右府(信長)」の千軍万馬といえども落とせなかった。
 その後10年間、信長勢の攻撃は何度となく繰り返されたが、浄土真宗の先達はことごとく撃退し、法城の安泰は保たれた。

 毛利などの支援があったとはいえ、ただの民兵が、10年もの長きにわたって、最強軍団の猛攻をしのいだのである。
 だれも予想だにせぬこの奮闘は、儒学者の頼山陽をして、「抜き難し 南無六字の城」と驚愕せしめた。
 それが今日、石山戦争と呼ばれる歴史に名高い護法の戦いである。

 

関連記事

浄土真宗は なぜ衰退したのか

大宇宙の諸仏が絶讃する名号

親鸞学徒の本道をゆく

 

アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp