人生の目的

 もし、「人生の目的」がなかったら、大変なことになります。
 生きる意味も、頑張る力も消滅してしまうからです。
 なのに、 「人生に目的なんて、ないよ」 と、言う人が、意外に多いのです。
 本当にそうでしょうか。何か、大事なものを、忘れていないでしょうか。
 1度きりしかない人生、後悔しないためにも、まず、「なぜ苦しくとも、生きねばならぬのか」を考えてましょう。


◆第5章◆ 生と死

(1)私たちの確実な未来 「アリとキリギリス」の教訓

「死」は、私たちの確実な未来であり、だれ1人として避けることはできない。
 しかもそれは、生ある者にとって、最大の恐怖であり、最大の悲劇である。
 では、どうすればいいのか。
「死ぬことを考えるから暗くなるのさ。今を楽しく生きようよ」 という人が多いが、あまりにも無責任すぎる。イソップの寓話、「アリとキリギリス」が教えているではないか。
 真夏の太陽の下、陽気で楽天家のキリギリスは、得意のバイオリンを弾いて、歌って、遊んでばかりいる。
 しかし、勤勉なアリたちは、寒い寒い冬に備えて、食糧集めに、せっせと働いている。
「君たち、なぜ、遊ばないんだ。こんなに天気がよくて気持ちがいいのに」
 キリギリスは、汗を流して働くアリをバカにしていた。
 アリは忠告する。
「あなたは、雪に覆われた寒い冬がきても、その調子で浮かれているつもりなの」
 キリギリスは、笑って答える。
「冬? そんなの、ずっと先のことじゃないか。遊ぼう、歌おう、踊ろうよ」
 季節は、確実に巡る。青々と茂っていた葉も、少しずつ茶色になり、枯れていく。
 やがて雪が降り出した。ついに冬が到来したのだ。一面の銀世界。アリたちは、夏の間から準備してあった暖かい住み家で楽しく過ごしていたが、キリギリスは、飢えと寒さで、身を寄せる所もなく、泣くばかりであった。

冬の備えをしなかったキリギリス
夏のうちから冬の備えをしたアリ

 夏の次は秋、そして冬が巡ってくることは明々白々。疑う余地がない。
 必ずやってくる一大事に対して、何の対策もとらず、遊んで暮らす。これほど愚かなことはない。
 人生においても、また然り。やがて必ず襲ってくる「死」を忘れ、「楽しい生き方」ばかり追求していたのでは、キリギリスと同じ結末を迎えるのは、火を見るより明らかである。

(2)恐れを知って 恐れない者こそ

 古来、 「恐れを知って、しかもそれを恐れない者こそ、真の大勇気者である」 といわれる。
 赤ん坊が、アイロンを平気で触りにいくのは、勇気があるからではない。危険を危険と知らないからである。 「死」の恐怖の本質を知ったうえで、いかに「死」を超えるか――、それこそ、「人生の目的」を果たす重要なポイントなのである。
 知識人の中には、「人間は死んでいくんだ、人生とは残酷なものだ、と、自然に受け入れよ」と諭している人も多い。
 理屈はそうかもしれないが、肉親の死にあえば号泣し、自らの死におびえるのは、人間の自然な感情である。なくそうと努めて、なくせるものではない。意識より、もっと奥深い所から込み上げる魂の戦慄である。
 知識人の代表のような人物で、「則天去私」の境地に至ったと言っていた夏目漱石も、臨終に泣いたではないか。 『世界の名言』(梶山健 著)によると、漱石は、最後の息を引き取る前に、にわかに首を振りながら、 「ああ苦しい、ああ苦しい、いま死んじゃ困る、いま死んじゃ困る」 と苦しみ悶え、周囲を驚かせたという。漱石の人生観「則天去私」と、大きく矛盾するからである。
 人間、死に直面すれば演技する余裕も、意地も我慢もなく本音を吐くものである。

(3)「死ぬ」と思えぬ心  知識と実感は、大違い

「生」の喜びを根底から覆すもの、それは「死」である。だからこそ、「死の実体」を、いかに正確につかむかが、真実の幸福への糸口となる。
 医師から、至急手術をしなければならぬと言われた時、眼前が真っ暗になり、足元が崩れるような気がしたとよくいわれる。
 それは手術が怖いからではなく、死ぬのが怖いからである。
 病院へ入る、手術を受ける、腹が切り開かれ血がたくさん噴き出る、あと縫い合わせてうまくゆくかどうか、医師や看護婦に絶対失敗はないか。
 診断の間違いや、手術のミスや、ちょっとした手落ちで死ぬことがある。
 腹を開けてみたら思ったより重症で手術ができず、そのまま縫い合わせたという話も聞く。
 自分の場合もそうではなかろうかという不安に襲われる。
 死ねばどうなるのだろう。他人は私の死体を火葬場に運び、焼いて灰にするだろう。この肉体が灰になるとは、とても信じられない。目が見えなくなる。物音が一切聞こえなくなる。自分というものがなくなる。
 こんな恐ろしいことがあるだろうか。
「助けてくれ、助けてくれ」
 そう言って、そこらじゅうを這いずり回って助けを求めたい気持ちになり、ただ怖いだけ。
 平生どんなに、理想とか真理とかを口にし、知識や教養を山積みしていても、すべてが音をたてて崩れ去り、何の支えにもならないことが、その時ハッキリと知らされる。
 漱石のように、臨終になって、 「いま死んじゃ困る……」 と叫んでも、手遅れなのである。
 人間は皆、死ぬ、分かり切ったことである。
 しかし、すぐ死ぬとは、だれも考えていない。
 ということは、本当に自分が死ぬとは、だれ1人思っていないのだ。
 知識では知っていても、実感がまったくないのである。
 己の死の直前まで人間はそのことについては、完全な目隠しをされているのである。だからどれ ほど想像力をたくましくしても、死の実体には遠く及ばないのである。
 その 「目隠し」 をはずされた時の恐怖は、 「目隠し」 されていた時のそれどころではないことを、釈尊は、2,600年前から、警鐘乱打なされている。
 ここに、死を超える永遠の生命とは何か、の真実の仏法への入門がある。

人生の目的が15通のメールで分かる 無料メールマガジン(特典付)はこちら


[目次][次のページ]


home