信心決定

信心決定とは、信心獲得とも言います。それぞれ、「しんじんけつじょう」「しんじんぎゃくとく」と読みます。

真実の他力信心を獲得するということは、阿弥陀仏の絶対の救いにあずかるということです。すなわち阿弥陀仏の絶対の願力によって助かったことをいいます。

阿弥陀仏は、その本願(約束)に「われを信ずる者は、必ず絶対の幸福に助ける」と誓っていられます。もちろん、死後ではありませんから、これを平生業成というのです。

現在ただ今苦悩渦巻く人生を光明輝く生活のできるようにしてやろう、というお約束です。こんな素晴らしい誓願は、2つとありませんから、親鸞聖人は『正信偈』に、「無上殊勝の願を建立せられた、希有の大弘誓を超発せり」ともおっしゃっているのです。

その約束どおりに我々が絶対の幸福に助かった時を、他力信心を獲たとか、信心決定したとかいうのです。

これはひとえに阿弥陀仏(他力)のお力によって、このようにさせていただけた、ということがハッキリしますから、他力の信心、他力の信仰というのです。

しかも、阿弥陀仏の救いは一念でなされます。阿弥陀仏は「ひとおもい」で絶対の幸福にしてみせると誓っていられるからです。これを聖人は「一念往生」とか「一念の信心」ともおっしゃっています。アッという間もない時尅の極促に我々の苦悩を抜きとり、無上の幸福を与えてくださいます。これを抜苦与楽といわれています。

阿弥陀仏の救いは、このように極めてハッキリしていますから、「これで助かったのだろうか」「これが他力信心というのだろうか」「これで信心獲得できたのだろうか」と自分で思案したり、他人に尋ねたりする必要のさらさらないものです。

他力の信心を獲ると、火にさわったようにハッキリするものであるということをまずご承知ください。

法然上人は承安5年、黒谷という所の報恩蔵の中で、善導大師の書かれた『観無量寿経疏』という書物の中の「一心専念弥陀名号」という一文を読まれた一念に、一切の苦悩の疑雲が晴れ渡って、他力信心を獲得したと告白なされています。

そしてこのような十悪の法然でも、このような愚痴の法然でも、阿弥陀仏は救ってくだされたと涙ながらに叫んでおられます。

わが親鸞聖人は、建仁元年、29歳の時に、他力の信心を獲得したとおっしゃっておられます。そのことは『教行信証』にも『御伝鈔』にも明記されています。

『教行信証』では、
「愚禿釈の鸞、建仁辛酉の暦、雑行を棄てて、本願に帰す」
とあり、

『御伝鈔』には、
「建仁第一の暦春の頃、隠遁のこころざしにひかれて源空聖人(法然)の吉水の禅坊に尋ね参りたまいき。これすなわち、世くだり人つたなくして、難行の小路迷い易きによりて、易行の大道に赴かんとなり。真宗紹隆の大祖聖人、ことに宗の淵源をつくし、教の理致をきわめて、これを述べたまうに、たちどころに他力摂生の旨趣を受得し、飽くまで凡夫直入の真心を決定しましましけり」
と記されています。

法然上人の法話を聞いていられた時、たちどころに(一念)他力の信心を獲得なされたのです。

そして聖人は、「ああ……、このような絶対の幸福を、この世で体験させていただけたとは、ひとえに阿弥陀仏のおかげであった。多生にもあわれぬ幸福であり、億劫にも恵まれぬ楽しみである。なんの間違いで親鸞は救われたのであろうか。このうえは阿弥陀仏のご恩に対して身を粉にしても、骨を砕いても報いずにはおれないぞ」と決意のほどを述べておられます。

覚如上人も『執持鈔』に
「われすでに本願の名号を持念す、往生の業すでに成弁することをよろこぶ」
とおっしゃっています。これは「覚如は阿弥陀仏のお力によって、絶対の幸福に救われたことをよろこんでいるのだ」ということです。

蓮如上人も『御文章』に
「他力の信心ということをば今すでに獲たり。-乃至-今こそ明らかに知られたり」
とおっしゃっていられることは周知のとおりです。

また、真宗宗歌の中でも
「ふかきみのりにあいまつる、身の幸何にたとうべき」とか
「永久(とわ)の闇より救われし、身の幸何にくらぶべき」
と声高々と、うたっていますように、他力信心を獲たということは、極めてハッキリと救われた鮮明な体験であります。

 「吉水の法然上人のもとへ」 「三大諍論1」

親鸞聖人略年表へもどる

 


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


時空を超え敬慕される聖人
人生の目的を明示
人生の目的完成の宣言
 
親鸞聖人略年表
京都、日野にてご生誕
出家得度
磯長(しなが)の夢告 1
磯長(しなが)の夢告 2
赤山明神での女性との出会い
大乗院の夢告
比叡下山
救世観音の夢告
吉水の法然上人のもとへ
信心決定
体失不体失往生の諍論
体失不体失往生の諍論 2
体失不体失往生の諍論 3
信心同異の諍論
信心同異の諍論 2
信行両座の諍論
信行両座の諍論 2
承元の法難
承元の法難 2
三部経読誦
高熱で寝込まれる
平太郎、熊野権現で霊夢を見る
善鸞義絶
蓮位房、霊夢を見る
ご往生 1
ご往生 2
阿弥陀仏の本願とはどんなことか
弥陀の救いとはよく合点することか
弥陀の救いはハッキリするのか
信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
信心獲得したら煩悩はなくなるのか
救われたら本当に大慶喜がおきるのか
雑行雑修自力の心とはどんなものか
一向専念無量寿仏とは、どんなことか
絶対の幸福になる唯一の道
念仏に三通りあるとはどんなことか
親鸞聖人とただ念仏の救い
不来迎とは、どんなことか
聞即信とは、どういうことか
二益法門とは、どんなことか
他力本願と親鸞聖人
なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
三願転入とはどんなことか
仏教で最も重要な、本願成就文とは何か
親鸞聖人と墓参りの意義
なぜ親鸞聖人は死骸を魚に与えよと言われたのか
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(1)
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(2)
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか
親鸞聖人のみられた夢とはどんなものであったのか
親鸞聖人には、弟子はなかったのか
聖人が善鸞を義絶された根拠は何か
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp