三部経読誦

建保2年、聖人42歳の時、東国上野国の佐貫という所に御滞在中のことでした。

「衆生利益」、つまり、多くの人々を何とか救済したいの思い止み難く、根本経典の三部経を1,000回読もうとなされたことがありました。

三部経とは『大無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の3つのことです。

当時は、お経をまじないのように考えて経典を何回も読むことで、多くの人々が救われるのだということが常識になっていました。

ところが、聖人は4、5日読まれてから、

「これは何事だ。自信教人信、難中転更難、大悲伝普化、真成報仏恩、ではないか。そのほかに何の不足があって経典を読もうとしていたのか」

と叫ばれて、直ちに常陸に向かって布教に旅立たれたことが、『恵信尼文書』に記載されています。

「自信教人信、難中転更難、大悲伝普化、真成報仏恩」

というのは、善導大師の有名なお言葉です。

「自ら信じ、人に教えて信ぜしめることは、難きが中にうたた更に難し、大悲を伝えて普く化す、真に仏恩報ずるになる」
と読みます。

この意味は、
「自分が信心決定(阿弥陀仏の絶対の救済にあずかること)することが難しい。他人を同じく信心決定まで教え導くことはなおさら難しいことである。しかしその困難なことをやりとげてこそ、真の仏恩に報い奉る道である」
ということです。

当時は読経の功徳が非常に高調された時代であったのと、常に仏恩の深重なることに感泣なされ、何とか如来大悲の恩徳に報いたい、どうしたらどうしたらの聖人の御心が、ついつい、社会の伝統的因襲に引かされて一時的に惑われたわけですが、直ちにその過ちに驚かれたのです。

「これはいったい何事だ。私の為しうるたった1つの大事なことは、自分が阿弥陀仏に救われて絶対の幸福になり、その絶対の幸福になれる道を1人でも多くの人々に教え導くことではないのか。それだけが阿弥陀仏の洪恩に報いる道ではないか。だったら、布教伝道、破邪顕正だけでいいではないか。これが私のただ1本の道ではないか。生きる目的ではないか。ほかに何の不足があって経典を読もうと思っていたのか。おれは誤っていた、誤っていた」

と叫ばれて、決然として常陸国へ布教に旅立たれたのです。

当時は、経典を1,000回も読むということは民衆に尊く受け入れられ、容易に敬われる行為でした。

しかし親鸞聖人は、それらを投げ捨てて人間の為しうる最高の行為である破邪顕正の為に、民衆の中へ飛び込んでいかれたのです。

 「承元の法難2」 「高熱で苦しまれる」

親鸞聖人略年表へもどる

 


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


時空を超え敬慕される聖人
人生の目的を明示
人生の目的完成の宣言
 
親鸞聖人略年表
京都、日野にてご生誕
出家得度
磯長(しなが)の夢告 1
磯長(しなが)の夢告 2
赤山明神での女性との出会い
大乗院の夢告
比叡下山
救世観音の夢告
吉水の法然上人のもとへ
信心決定
体失不体失往生の諍論
体失不体失往生の諍論 2
体失不体失往生の諍論 3
信心同異の諍論
信心同異の諍論 2
信行両座の諍論
信行両座の諍論 2
承元の法難
承元の法難 2
三部経読誦
高熱で寝込まれる
平太郎、熊野権現で霊夢を見る
善鸞義絶
蓮位房、霊夢を見る
ご往生 1
ご往生 2
阿弥陀仏の本願とはどんなことか
弥陀の救いとはよく合点することか
弥陀の救いはハッキリするのか
信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
信心獲得したら煩悩はなくなるのか
救われたら本当に大慶喜がおきるのか
雑行雑修自力の心とはどんなものか
一向専念無量寿仏とは、どんなことか
絶対の幸福になる唯一の道
念仏に三通りあるとはどんなことか
親鸞聖人とただ念仏の救い
不来迎とは、どんなことか
聞即信とは、どういうことか
二益法門とは、どんなことか
他力本願と親鸞聖人
なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
三願転入とはどんなことか
仏教で最も重要な、本願成就文とは何か
親鸞聖人と墓参りの意義
なぜ親鸞聖人は死骸を魚に与えよと言われたのか
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(1)
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(2)
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか
親鸞聖人のみられた夢とはどんなものであったのか
親鸞聖人には、弟子はなかったのか
聖人が善鸞を義絶された根拠は何か
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp