親鸞聖人降誕会 平成20年6月7日8日

7日朝、親鸞会館正面広場より

平成20年6月7日(土)8日(日)親鸞会館で、親鸞聖人降誕会が行われました。

演題は

超世の悲願ききしより われらは生死の凡夫かは 有漏の穢身はかわらねど こころは浄土にあそぶなり

の親鸞聖人のご和讃についてでした。

『なぜ生きる』について。

大海の真ん中で あなたはどこへ泳ぐか

私たちが、大海の真ん中にいるとしたら、どうでしょう。泳ぎ方も無論大切ですが、最も大事なのは泳ぐ方角のはずです。むやみに泳げば、かえって島から遠ざかることもあるからです。人生も同様に、一生懸命ただ生きればさえよいのではありません。
生きる目的こそ肝心なのです。

人はなぜ生きる?
この問いかけに、誰もが真剣に耳を傾けていました。

「生死の苦海ほとりなし
  久しく沈める 我らをば
  弥陀弘誓の船のみぞ
  乗せて必ず 渡しける」 (親鸞聖人)

苦しみの波の果てない海に、永らくさまよい続けてきた私たちを、阿弥陀仏の本願の船だけが必ず乗せて渡してくだされると、親鸞聖人は仰せです。

以下参詣者の声

「ガンを告知された患者さんから、『何を明かりに生きていけばいいのか分からない』と悲痛な思いを打ち明けられ、言葉につまったことを思い出しました。」

「こんなに苦しいのなら早く死んで楽になりたいと訴える人もあります。そんな方と接するたび、なぜ生きるかを知りたいと思っていました。」

「病院で働く人は、医師であれ看護師であれ、常に病気の苦痛や、死への不安を抱えた人と接するので、生きる意味や幸福について日頃からよく考えていなければならないと思います。しかし現実は業務に追われ、人生を振り返る余裕もありません。なぜ命を延ばすのか、苦しくとも生きねばならないのはなぜか、少しでも考えるきっかけになればと思いました。」

アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp