仏教は独尊的な教えではないのか

問お釈迦さまが誕生された時に、「天上天下 唯我独尊」と言われたそうですが、仏教はそんな独尊的な教えなのですか。

答

 世間に大変誤解されている仏教の言葉の一つです。確かに、釈尊が誕生された時に天と地を指さされて、「天上天下 唯我独尊」と叫ばれたと伝えられています。

 この言葉を多くの人は、「この世で一番偉くて尊いのは、ただ私一人である」と、威張られているかのように思っています。

  だから、他人を見下げて自惚れている人を、「あいつは、唯我独尊だ」などといいます。

 しかし、釈尊の「天上天下 唯我独尊」の意味は、そのような思い上がったことをおっしゃったものではないのです。

「唯我独尊」の「我」というのは、釈尊だけのことをおっしゃったのではなく、我々、人間ということなのです。人間なら誰しも、釈尊と同じように「天上天下 唯我独尊」なのであり、そういえるのです。

 では、「独尊」とは、どういうことかといいますと、たった一つの尊い使命ということで、自分一人が尊いということではありません。

 ゆえに、「天上天下 唯我独尊」ということは、天上・天下広しといえども、我々人間にしか果たせない、たった一つの聖なる目的があって、生まれてきたのであるということです。

 釈尊が生まれられた、たった一つの目的は、『正信偈』に親鸞聖人が、

如来世に興出したまう所以は、唯弥陀の本願海を説かんとなり(正信偈)

“釈尊が、この世に現れられた目的は、ただ弥陀の本願一つを教えるためであった”

と説かれているように、釈尊の唯我独尊は、一切の人を絶対の幸福に救うという、阿弥陀仏の本願一つを教えるためであったのです。

 天上・天下広しといえども、唯一無二の弥陀の本願を説くという、たった一つの目的を担って私は生まれてきたのだという、釈尊の大使命感が、「天上天下 唯我独尊」という格調高き宣言となったのです。

 このように釈尊の「唯我独尊」は、弥陀の本願一つを説くという聖使命であったことは明らかですが、全人類が「唯我独尊」といえる人生の目的は何でしょうか。

 これを鮮明に自覚していない人は、決して、「天上天下 唯我独尊」とはいえません。

人身受け難し、今已に受く。仏法聞き難し、今已に聞く。この身今生に向かって度せずんば、さらにいずれの生に向かってか、この身を度せん。大衆もろともに、至心に三宝に帰依し奉るべし(釈尊)

“生まれ難い人間に生まれ、聞き難い仏法を聞けてよかった。何がなんでも今生で生死の一大事(※1)を解決しなければ、いつの世でできるであろうか。永遠のチャンスは今しかない。みな人よ、真剣に仏法を聞かねばならぬ”

 釈尊のお勧めのように、すべての人の生まれてきた唯一の目的は、弥陀の本願を聞信(※2)して絶対の幸福を体得することにあるのです。

 この人生究極の目的が成就した時、すべての人が、天と地に向かって「天上天下 唯我独尊」と絶叫せずにおれなくなるのです。

 これを機縁にたった一度の人生、私たちは何に命を尽くすべきか深く考えてみようではありませんか。

※1)生死の一大事…「死んだらどうなるか」の大問題。
※2)聞信…「まことだった」と聞いて知らされること。

あなたが仏教から学べるたった一つのこと

 

関連記事


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


自殺を止められた釈尊の譬え話
親鸞聖人と人生の目的
親鸞聖人はなぜ、人間に生まれたことを喜べと言われたのか
仏教は独尊的な教えではないのか
親鸞聖人と絶対の幸福
現代人には、信心などいらないのではないか
死は暗黒と消滅のみか
死が恐ろしいとは思えない
私の人生観は間違いか
親鸞聖人は運命を、どう教えられているのか
親鸞聖人と三世因果
仏教はアキラメ主義ではないのか
仏教の平等観と親鸞聖人
なぜ仏教は人の嫌がる臨終や死のことを多く語るのか
仏教の方便とは、どんなことか
仏性があるとはどんなことなのか
地獄・極楽は、おとぎ話では
親鸞聖人はなぜ、仏法を聞かなければならないとおっしゃったのか
王舎城の悲劇とは
親鸞聖人の教えと先祖のたたり
親鸞聖人の教えと故人の供養
金や物のない人は布施行はできないのか
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp