親鸞会栃木大会

平成6年 マロニエプラザ

 初夏の風薫る平成6年5月8日、親鸞会栃木大会が、宇都宮市内のマロニエプラザ(栃木県立宇都宮産業展示館)で開催された。
 栃木・群馬を中心に、各地から親鸞学徒が参加、会場は熱気にあふれた。

 この日、宇都宮の空は青く澄み渡っていた。
 高森顕徹先生は、以下のように話をされた。

「なぜ仏教は聞かなければならぬか。これは仏教の教えが分かれば、忽ち氷解する疑問です」

「人身受け難し、今已に受く。
 仏法聞き難し、今已に聞く。
 この身今生に向って度せずんば、さらにいずれの生に向ってかこの身を度せん」

「人間に生まれてよかった。聞き難い仏法がどうして聞けたのか。いま人生の目的を達成しなければ、チャンスは、永遠にこないだろう」
 釈尊のご金言に明らかな如く、人生の目的を教えられたの仏教である。
「どう生きるか」の生きがいも大切だが、「なぜ生きるか」の人生の目的こそが、優先されるべきことなのだ。
「なぜ歩くか」か曖昧なら、「どう歩くか」もいい加減になるように、人生の目的を知らずして、どうして一生懸命生きられよう。

 ところが、多くの人は、生きがいと人生の目的を混同し、しかもそれに気づかない。
 世にいう成功者も、みなそうである。例えば徳川家康。彼ほどの人にして「人の一生は重荷を背負うて遠き道をゆくが如し」と言っている。天下とりに生涯を費やしながら、死ぬまで重荷から解放されることはなかったのだ。

「死ぬまで求道」といえば聞こえはいいが、その実態は「死ぬまで苦しみ続ける」ことになる。それでどうして人間に生まれたことを喜べるだろうか。
 人生の目的と生きがいを峻別できぬ限り、家康の悲嘆は永久にくり返されるだろう。
 親鸞聖人は、「平生業成」と教えられた。平生に、人生の大事業(目的)が完成できるということである。
 明らかな人生の解答に会場は、深い喜びに包まれた。

親鸞会・公式・関連記事

なぜ人間に生まれたことが有り難いのか|仏教講座

人生の目的は何か|仏教講座

平成4年 山梨大会・甲府総合市民会館

平成5年 群馬大会大会・グリーンドーム前橋

平成13年 埼玉大会・さいたまスーパーアリーナ

アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp