神戸で親鸞聖人報恩講「王舎城の悲劇」を解説

平成10年 神戸国際展示場

平成10年12月6日(日)神戸ポートアイランドの、神戸国際展示場にて親鸞聖人報恩講が勤修された。
高森顕徹先生の講演では、親鸞聖人のご和讃を通して、阿弥陀仏の本願について丁寧に解説された。
「大聖おのおのもろともに
 凡愚底下のつみひとを
 逆悪もらさぬ誓願に
 方便引入せしめけり」
(浄土和讃)
王舎城の悲劇」は、大宇宙のたくさんの仏がたが、芝居をして示された真実だと、親鸞聖人は明らかにされている。
同日、映画『王舎城の悲劇』が上映された。

体験発表では、まず滋賀県の親鸞会会員・松田芳子さん(仮名)が、80代とは思えない熱弁で自らの聞法体験を発表した。
「当時学生だった高森先生に、初めてお会いしたのは昭和28年夏のことでした。以来、仏法聞きたいの心は、日に日に強まるばかり。法話に行けたときは、今日が最後の聞法、と家を出るときから決心していました」と、信仰の喜びを語った。
次いで愛知県の親鸞会会員・山上浩介氏(仮名)は、大学生の息子さんを縁に、仏法を聞き始めた。生きる目的を知らされた喜びに、聞法最優先の生活を決意。最高の贈り物に対する感謝の念を「息子よ、ありがとう!」と叫び、大衆の心を打った。

親鸞会・公式・関連記事

阿弥陀如来の本願とはどんなことなのか

信心決定すると、どのように心がハッキリするのか

平成7年 京都大会・みやこメッセ

平成9年降誕会・大阪城ホール

平成11年和歌山大会・和歌山ビックホエール

アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp