親鸞会・岩手大会

平成10年 盛岡市アイスアリーナ

 6月21日、盛岡市アイスアリーナで、高森先生ご法話が開催された。演題は「蓮華の五徳」について。
東北各県より、多くの親鸞学徒が参加した。

以下参加者の声

「親鸞聖人が生涯かけて説かれた真実の信心を、蓮華の特徴を通して教えていただき、とてもよく分かりました。」

「兄が、三十九歳のとき、突然、クモ膜下出血で倒れ、『一命をとりとめても、植物人間になるしかない』と宣告されたことがあったのです。その後、なんとか回復したものの、『必ず死ぬのに、人はなぜ生きてゆかねばならないのだろう』との疑問が、ずっと心から離れませんでした。親鸞聖人も両親の無常を目の当たりにして、人生の解答を探し求められたと知らされ、親鸞聖人の教えを聞こうという心がおきました。
 『阿弥陀仏は、私たちの暗い心を大安心の明るい心に、苦しい心を、大満足の楽しい心にしてみせる、と約束なされている』とお聞きし、この暗い心の解決をすることこそ、人生の目的とハッキリ知らされました。」

親鸞会・公式・関連記事

自殺を止められた釈尊の譬え話|仏教講座

平成元年 青森大会・青森市文化会館

平成11年 秋田大会・秋田テルサ

平成13年 福島大会・ビックパレット福島

アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp