親鸞会韓国大会・ソウルで開催

平成10年 ソウルプラザホテル

インドで2600年前、釈尊が明らかに説かれた仏法は、中国、韓半島を経て、日本に伝えられた。その韓国の首都ソウルで、平成10年4月11日、12日、親鸞会韓国大会が開催された。
会場は、ソウル市中心部の、ソウルプラザホテルで、知名度も高く、世界各国から参詣の親鸞学徒で、国際色豊かな大会となった。
高森顕徹先生は、「阿弥陀仏の本願(煩悩あるがままで救われる世界)」の演題で講演。大宇宙の諸仏の本師本仏である阿弥陀仏が、すべての人と誓われたのは何か。
本願文を通して話をされた。さらに、14日と15日には、座談会で、講演内容に関して、活発な質疑応答が行なわれた。

親鸞会・公式・関連記事

阿弥陀如来の本願とはどんなことなのか

阿弥陀仏をタノムとはどんなことなのか

アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp