親鸞会・東京大会 

平成11年 東京国際フォーラム・Aホール

秋も深まりつつある平成11年10月8日、東京国際フォーラムにて、親鸞会・東京大会が開催された。

高森先生は、「なぜ生きる」を講演。関東一円はもとより、全国各地から参詣した親鸞学徒は、有名な『歎異鈔』を通して、人生で最も大事なことを学んだ。

JR有楽町駅に隣接する東京国際フォーラムは、内外のアーティストがコンサートを開く、日本でも有数の会場である。ここで恒例となった親鸞会・東京大会は、一般の講演形式で行われる。

東京フォーラム

高森先生は今回、最も大事な人生の目的について講演された。

それを『歎異鈔』第一章には、「摂取不捨の利益」と記されている。

「摂め取って捨てない」ということで、決して裏切らない幸福をいう。

この世のどんな幸福も、いずれ必ず色あせ、裏切られてしまうが、本師本仏の弥陀の誓願に救い摂られたならば、摂取不捨の利益にあずかることができる。

第七章には、それを「無碍の一道」と教えられている。

生命の歓喜満つ、聖人の御心そのままの説法に、満場の聴衆は感動につつまれた。

東京、埼玉、千葉、神奈川などで、親鸞会主催の講演会が、盛んに行われている。その参加者や、以前の関東での講演会に参詣した人々が、ビデオご法話等で仏縁を深め、その多くが今回、参詣した。

その1人、茨城県龍ヶ崎市のS・O氏は、昨年の東京国際フォーラムでの親鸞会・東京大会で仏縁を結んだ。

「仏法を聞いていると、自分のわずかな体験に照らし合わせて、その通りと感動します。頭で理解することも大事だが、体で理解しなければ」

と聞法のご縁を求めている。

今、首都圏に、仏縁深く求める法友が多数現れ、親鸞聖人の威徳を慕い、光に向かっている。

浄土真宗・親鸞会・公式関連記事

なぜ、阿弥陀仏が本師本仏なのか|浄土真宗講座

平成2年 東京国技館

平成3年 千葉大会・幕張メッセ

平成9年 横浜大会・横浜アリーナ

平成13年 埼玉大会・さいたまスーパーアリーナ

アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp