親鸞会福島大会を開催・みちのくに聞法の歓喜 

平成13年 ビックパレット福島

親鸞会福島大会の会場、ビックパレット福島 春たけなわの平成13年3月25日、福島県郡山市のビッグパレットふくしまで、親鸞会福島大会が開催された。県内をはじめ、東北六県の親鸞学徒が集い、会長高森顕徹先生の「なぜ生きる」の講演に、真剣に聞き入った。
昨年も、日本の自殺者は3万人を超えた。東北でも、これは深刻な問題となっている。高森先生は、親鸞聖人のお言葉を通して、なぜ自殺してはならないのか、を詳説、人生究極の問題が明らかにされた。
郡山市のH・I氏夫妻は、友人・知人に案内状をおくり、20人以上がご縁を結んだ。参詣者は、
「感激でした。寺ではとても聞けません。釈尊が説かれた、唯一つの重大なことをお聞きし、真実の教えと感ぜずにおれませんでした」
「若い人が多く、『正信偈』の勤行も、息がぴったりで驚きました」
「夢中で聞かせていただきました。阿弥陀仏の本願とは何か、分かりやすく教えていただき、生きる喜びを感じた」
と、語っている。
500キロ離れた青森からかけつけたT・Sさんは、
「ひとこと、ひとことが、心に染み入ります」
S・Tさんも、
「種々のたとえで、人生の目的を明らかにしていただき、有り難いことです」
と、述べている。
真宗の少ない東北各県ではあるが、親鸞会主催の講座が、各地で開催され、今回、多数の人がご縁を結ぶことにつながった。主催者のY・M氏は、
「初めて参詣した人が続けて仏縁を求められるよう、これからも案内していきたいと思います」
と抱負を語っている。

親鸞会・公式・関連記事

自殺を止められた釈尊の譬え話|仏教講座

平成元年 青森大会・青森市文化会館

平成10年 岩手大会・盛岡市アイスアリーナ

平成11年 秋田大会・秋田テルサ

アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp