親鸞会・東海報恩講 レインボーホールに歓喜の声

平成14年 名古屋市総合体育館・レインボーホール

平成14年12月2日、名古屋市総合体育館・レインボーホールにて、東海地方の親鸞会会員による、親鸞聖人報恩講が開催された。

親鸞会名古屋大会会場・名古屋市総合体育館レインボーホール

報恩講は、親鸞聖人のご恩に報いる集まりである。愛知、三重、静岡の親鸞学徒が参集し、高森先生の法話に聞き入った。

『歎異鈔』第1章を通して、

「すべての人を、摂取不捨の利益(絶対の幸福)にせずにはおかぬ」

と誓われた弥陀の本願が説かれ、場内は静かな感動に満たされた。

また、愛知県のM・K氏と、Y・I氏の2人の親鸞会会員が登壇し、光に向かって生きる喜びを発表した。

最近、仏縁を結んだ人も多数参詣している。

岩倉市のJ・M氏夫妻は、長い間、人生の真実を探し求めていた。

「心のよりどころを求め、いくつかの宗教に入りましたが、幸せにはなれませんでした。市内の親鸞会の法話で、親鸞聖人の教えに巡り会い、永遠の幸福に救い摂るとの弥陀の本願を知らされ、喜びで一杯です。これはぜひ、子供や孫に伝えていきたいと思います。」

と語っている。

刈谷市のM・Oさんは、昨秋、市内の親鸞会の勉強会で、親鸞聖人の教えに出会った。

「人間最後はすべてを置いて、たった1人で死んでいかねばならない、とのお言葉が心に残りました。摂取不捨の利益に生かされるまで、続けて聞かせていただきたい」

親族5名と参詣したのは、一宮市のT・Hさん。

「10代の頃から、寺の説教を聞き歩きましたが、世間話ばかりでした。親鸞会に出会って本物の仏法を知らされ、釈尊がただ一つ説かれた弥陀の誓願を聞かせていただき、心から喜ばずにおれません」

真宗と縁のなかった若者たちも、聖人の教えを聞き始めている。社会人4年目のH・M氏は、

「人生に目的があると知らされました。この世の幸福は、やがて裏切るものばかりです。この肉体さえ、焼いていかねばなりません。決して裏切られない幸福こそ生きる目的と教えていただき、感激しています」。

M・Mさん(三重県)は、会社の同僚で親鸞会会員のY・Iさんに誘われて聞き始めた。

「これまで、いくつもの壁にぶち当たってきました。苦しくとも生きねばならぬ理由はあるのかと、何度思ったか分かりません。その答えが親鸞聖人の教えに示されていると知り、驚きました。母親にも伝えたいです」と語る。

会場後方の仏法相談コーナーは、熱心に質問する人でにぎわった。

「一日も早く、信心獲得を」

法に生かされる喜びに、東海の親鸞学徒は、祖師聖人への報恩を誓っている。

浄土真宗・親鸞会・公式関連記事

人生の目的は何か|仏教講座

絶対の幸福とは、どんなことか|仏教講座

平成11年 岐阜大会・岐阜メモリアルセンター

平成11年 三重大会・メッセウィング三重

アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp