親鸞会 正信偈|本師曇鸞梁天子~焚焼仙経帰楽邦


本師曇鸞梁天子
常向鸞処菩薩礼
三蔵流支授浄教
焚焼仙経帰楽邦

本師曇鸞は、梁の天子
常に鸞の処に向いて「菩薩」と礼したまえり。
三蔵流支、浄教を授けしかば、
仙経を焚焼して楽邦に帰したまいき。

 インドの龍樹・天親の二菩薩に続いて、親鸞聖人が七高僧の三番目に挙げておられるのが、今から約1500年前の中国に現れられた、曇鸞大師です。

 親鸞聖人のお名前の「鸞」の一字は、曇鸞大師から頂かれたものです。また『正信偈』の中で「本師」の敬称を用いておられるのは、直接の師・法然上人と、曇鸞大師のお二人のみであること、さらに『高僧和讃』(親鸞聖人が七高僧を讃嘆された歌)の数が、34首と最も多いことからも、親鸞聖人がいかに曇鸞大師に敬慕の念を抱いておられたか、知られましょう。

 当時の中国においても、その深い仏教の学識と高潔な人徳は、民衆だけでなく、梁国の天子・蕭王も崇敬すること一方ならず、曇鸞大師のおられる方角に向かって朝晩、常に合掌し「鸞菩薩」と礼拝するほどでした。

 しかし、梁の天子が敬礼し、親鸞聖人からも仰がれるような偉大な方に曇鸞大師がなられたのは、阿弥陀如来に救われてからのことでした。それまでは、私たちと同じように迷っておられたのです。

紆余曲折の鸞師の半生について解説されました。

 このお言葉を高森顕徹先生が詳しく講演されましたので、その内容の一部を、動画でご紹介します。

親鸞会では、全国各地の一般会場で、親鸞聖人の教えについて法話・勉強会が開かれています。詳しくは、下記のリンクをクリックしてご覧ください。

親鸞会の法話・勉強会の詳細


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


浄土真宗がやさしく分かる動画
親鸞聖人報恩講
誠なるかなや、摂取不捨の真言
ただ独り、仏様の正しい御心を
明らかにされた善導大師
運命は何によって決まる?
仏教の因果の道理の教え
『正信偈』
善導独明仏正意
なぜ生きる
人生の目的を明らかにされた
親鸞聖人
「五濁の時機いたりては
 道俗ともにあらそいて
 念仏信ずる人をみて
 疑謗破滅さかりなり」
親鸞聖人のお言葉の意味を解説
『正信偈』
道綽決聖道難証
唯明浄土可通入
    万善自力貶勤修
    円満徳号勧専称
    三不三信誨慇懃
    像末法滅同悲引
    一生造悪値弘誓
    至安養界証妙果
『教行信証』
仏願の生起・本末
『正信偈』
惑染凡夫信心発
『正信偈』
天親菩薩論註解
『正信偈』
本師曇鸞梁天子
常向鸞処菩薩礼
三蔵流支授浄教
焚焼仙経帰楽邦
親鸞聖人750回忌法要
御臨末の御書
『正信偈』
広由本願力廻向
為度群生彰一心
お釈迦様の「因果の道理」
『正信偈』
天親菩薩造論説
帰命無碍光如来
依修多羅顕真実
光闡横超大誓願
『恩徳讃』
如来大悲の恩徳は
身を粉にしても報ずべし
師主知識の恩徳も
骨を砕きても謝すべし
『正信偈』
道俗時衆共同心
唯可信斯高僧説
『歎異抄』
煩悩具足の凡夫、
火宅無常の世界は
お釈迦様の「人間の実相」の譬
『正信偈』と七高僧
『正信偈』
悉能摧破有無見
親鸞聖人『恩徳讃』
『正信偈』
印度西天之論家
中夏日域之高僧
顕大聖興世正意
明如来本誓応機
『正信偈』
一切善悪凡夫人
聞信如来弘誓願
仏言広大勝解者
是人名分陀利華
『御文章』 御正忌(5帖目11通)
平成21年7月号
1 大悲の願船の顕現
2 緞帳
3 仏間
4 大型映像
5 根拠表示システム
6 鷲のマーク
7 正面広場
8 二千畳を拝観
1 蓮如上人と堅田の法住
2 赤尾の道宗 物語
3 赤尾の道宗と48本の割木
4 吉崎御坊から山科本願寺へ
5 盲亀浮木の譬
6 歎異抄に驚嘆した
  哲学者・ハイデガー
1 アルプスに抱かれて
2 寒風を しのいで香る 梅の花
3 陽光にはえて 桜花爛漫
4 二千畳は 常時満堂
5 壁一面を彩る 松林
6 真実の言葉にかこまれて
7 錦 織りなす 秋の親鸞会館
8 心やすらぐ 庭園の数々
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp