親鸞会正本堂建設プロジェクト2000畳

音響編
〜(2)大講堂のどこでも聞きやすい音響設備(2/2)

音響は正本堂の命

 仏法は聴聞に極まる。正本堂の目的も、「聞く」以外にありません。2000畳のどこに座っても、説法が明瞭に聞こえる。それが建設の最大のポイントでした。


大講堂に設置される平面スピーカー

 採用した平面スピーカーは新開発の機材で、音が四方へ拡散せず、離れても音が減衰しない特長があります。

この平面スピーカーを大講堂前方の壁に並べれば、2000畳の前と後ろで、約100メートルの距離があっても、理論上、同じように聞こえるはずでした。

 平成16年7月、大講堂で最初の音響試験が行われました。ところが、音量を上げると、後方の壁から予想以上に音がはね返えり、残響が耳に残ったのです。


スピーカーの音は、後方の壁から予想以上に強く跳ね返り、山彦のような反響(ロングパスエコー)が起きていたのです。

「こんなはずでは……」。

関係者は肩を落としました。



その後、後ろの壁はもちろん、左右の壁の吸音性も高め、天井に新たに取り付けた普通のスピーカーも併用し、連日、調整を重ねました。正本堂の命である音響に、担当者は夜を徹して取り組んだのです。3ヵ月後の10月7日、音響の最終確認が行われました。

ついに完成


大講堂での最初の音響試験は、期待どおりにはいきませんでした。平面スピーカーの特性が裏目に出て、反響が強く、かえって聞き取れない。現場の関係者は困惑しました。

試験に立ち会った建設委員会の山口氏(仮名)は語ります。

「どこに座っても、説法がハッキリ聞こえる。これがもっとも大事なポイントでした。その正本堂の"命"に欠陥があれば、全部建て直さねばなりません。皆、真っ青になりました」

しかし、落胆している場合ではありません。

実験を重ね、従来のコーン・スピーカーも追加し、吸音材を増やすなど、改良に次ぐ改良が重ねられました。なにしろ世界に例がない2000畳の空間、すべてが手探りでした。

 


そして迎えた音響試験最終日、2000畳の最前列から、最後列までくまなく歩いて検査をし、ついに満足できる音響が完成したのです。

関係者の涙ぐましい努力の甲斐あって、2000畳の講堂では、どの場所に座っても、明瞭に親鸞聖人の教えを聞くことが出来ます。

どうぞご自身で体感して下さい。

次へ 映像編

 

プロジェクト2000畳

音響編

映像編

空調編

「春の正本堂」へ

「夏の正本堂」へ

「秋の正本堂」へ

「冬の正本堂」へ

「無上道」へ

「同朋の里」へ

「法輪閣」へ

「学徒の丘」へ


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


1親鸞会とは?
2親鸞学徒とは?
3浄土真宗と親鸞聖人の関係は?
4親鸞会の目的は?
5日頃の活動は?
6どんなことを教えているのですか?
7会長:高森顕徹先生の紹介
親鸞会の沿革
親鸞会結成50周年の軌跡
高森先生と親鸞会の50周年
施設紹介
拝観案内
親鸞会館へのアクセス
お問い合わせ
7つの設計の目的
音響は正本堂の命
真剣な聞法の場を実現するLED
屋内用では世界最大
プロジェクターと比べても、LEDは、こんなにいい!
不快を与えない冷暖房設備
ギャラリー二千畳
無上道
春の正本堂
夏の正本堂
秋の正本堂
冬の正本堂(2006)
冬の正本堂(2008)
同朋の里
法輪閣
学徒の丘
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp