親鸞会・鹿児島大会開催説

平成7年 鹿児島アリーナ

台湾の法友も迎えて

桜島を望む、鹿児島市・鹿児島アリーナで、親鸞会鹿児島大会が、平成7年6月18日(日)開催された。
親鸞会会長・高森顕徹先生の講演では、阿弥陀仏の本願が詳しく解説された。地元鹿児島だけでなく、九州一円からの参詣者の中に、台湾からの法友の姿もあった。
一週間前、北海道での、親鸞会札幌大会に合わせて来日した台湾の親鸞学徒だったが、半数は、札幌大会のあと、すぐに帰国の予定であった。
しかし、札幌大会で「歎異抄第四章」の講演を聞き、「このまま残って、ぜひ鹿児島にも参詣したい」と意見がまとまる。さっそく航空券の手配など、日程の調整をつけ、日本列島を北から南へ聞法の旅。
鹿児島アリーナでも、仏縁を結ぶこととなった。
台湾のS・Rさんは、「大悲の願船に、早く乗せていただけるよう、光に向かって進みます」と、鹿児島をあとにした。

親鸞会・公式・関連記事

阿弥陀仏の本願とは、どんなことなのか|浄土真宗講座

平成7年北海道大会・真駒内アイスアリーナ

平成7年 長崎大会・長崎県立総合体育館

平成10年 大分大会・別府ビーコンプラザ

平成13年 福岡大会・マリンメッセ福岡

アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp