親鸞会 親鸞聖人の恩徳讃の意味(動画解説)


 如来大悲の恩徳は
 身を粉にしても報ずべし
 師主知識の恩徳も
 骨を砕きても謝すべし
        (恩徳讃)

“阿弥陀如来の洪恩は、身を粉にしても報い切れない。その弥陀の大悲を教えてくだされた方々のご恩も、骨を砕いても済まない”

 世界の光と多くの人々から讃仰されている親鸞聖人の七百五十回忌を機に、多くの人が親鸞聖人に関心を示しています。

 90歳でお亡くなりになっている親鸞聖人ですが、その波乱万丈の90年を一貫している精神が、「身を粉に、骨砕きても足りない」の恩徳讃でした。

 阿弥陀如来の広大無辺なご恩に、どう報いたらよかろうか。弥陀の本願伝えてくだされた師主知識(仏教の先生)のご恩、どうお返ししたらいいのか。これが親鸞聖人の果てしなきお悩みでありました。

 31歳の親鸞聖人が、世間中から、堕落坊主、破戒坊主、悪魔、狂人とまで非難攻撃されながら、僧侶に固く禁じられていた肉食妻帯を断行されたのは、すべての人がありのままで救われる弥陀の本願であることを、身をもって明らかにされるためでした。

 34歳の時、恩師・法然上人の元で、法友たちと激しい論争を三度もなさっているのは、弥陀の本願の聞き誤りを正されるためでした。

 35歳で死刑の判決を受けられ、関白の計らいで越後流刑になったのは、阿弥陀仏以外に我らを救ってくださる方はないことを、徹底的に叫ばれたからでした。

 配所で5年、その後、関東に赴かれ、仏法嫌いの日野左衛門の門前で、石を枕に雪を褥に休まれ、仏法に導かれたのも、白昼堂々、剣を振りかざして殺しに来た弁円にさえ「御同朋、御同行」とかしずかれ、親しく弥陀の本願を説かれたのも、弥陀の大恩に報いるため以外にありませんでした。

 しかし、還暦過ぎて、生まれ故郷の京都へ帰られた後、84歳の老聖人にさらなる悲劇が待っていました。

 長男の善鸞が仏法をねじ曲げていると知られ、何度も諌めの手紙を出されたのですが、一向に改めようとせず、断腸の思いでついに善鸞を義絶せねばならなくなったのでありました。我が子のために多くの人を地獄へ堕とすことはできぬと、親子の縁を切ってまで、親鸞聖人は弥陀の本願を護り抜いてくだされたのです。

 一体、親鸞聖人は厳しい人か、優しい人か、冷たい方か、温かい方か。ご一生を見れば両面が渾然一体ですが、これらの親鸞聖人の言動のすべては、利害打算など全くない、自分はどんな非難を浴びてもかまわない、悪口雑言にも甘んじよう、ただ、いかにしたら阿弥陀如来と師主知識の洪恩に報いられるかの一心、「身を粉に、骨砕きても」の恩徳讃の御心から表れ出たものでありました。

 阿弥陀如来からお受けした、それほどの大恩とは何であったのか。高森先生が詳しく講演されました。その内容の一部を、動画でご紹介します。

親鸞会では、全国各地の一般会場で、親鸞聖人の教えについて法話・勉強会が開かれています。詳しくは、下記のリンクをクリックしてご覧ください。

親鸞会の法話・勉強会の詳細


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


浄土真宗がやさしく分かる動画
親鸞聖人報恩講
誠なるかなや、摂取不捨の真言
ただ独り、仏様の正しい御心を
明らかにされた善導大師
運命は何によって決まる?
仏教の因果の道理の教え
『正信偈』
善導独明仏正意
なぜ生きる
人生の目的を明らかにされた
親鸞聖人
「五濁の時機いたりては
 道俗ともにあらそいて
 念仏信ずる人をみて
 疑謗破滅さかりなり」
親鸞聖人のお言葉の意味を解説
『正信偈』
道綽決聖道難証
唯明浄土可通入
    万善自力貶勤修
    円満徳号勧専称
    三不三信誨慇懃
    像末法滅同悲引
    一生造悪値弘誓
    至安養界証妙果
『教行信証』
仏願の生起・本末
『正信偈』
惑染凡夫信心発
『正信偈』
天親菩薩論註解
『正信偈』
本師曇鸞梁天子
常向鸞処菩薩礼
三蔵流支授浄教
焚焼仙経帰楽邦
親鸞聖人750回忌法要
御臨末の御書
『正信偈』
広由本願力廻向
為度群生彰一心
お釈迦様の「因果の道理」
『正信偈』
天親菩薩造論説
帰命無碍光如来
依修多羅顕真実
光闡横超大誓願
『恩徳讃』
如来大悲の恩徳は
身を粉にしても報ずべし
師主知識の恩徳も
骨を砕きても謝すべし
『正信偈』
道俗時衆共同心
唯可信斯高僧説
『歎異抄』
煩悩具足の凡夫、
火宅無常の世界は
お釈迦様の「人間の実相」の譬
『正信偈』と七高僧
『正信偈』
悉能摧破有無見
親鸞聖人『恩徳讃』
『正信偈』
印度西天之論家
中夏日域之高僧
顕大聖興世正意
明如来本誓応機
『正信偈』
一切善悪凡夫人
聞信如来弘誓願
仏言広大勝解者
是人名分陀利華
『御文章』 御正忌(5帖目11通)
平成21年7月号
1 大悲の願船の顕現
2 緞帳
3 仏間
4 大型映像
5 根拠表示システム
6 鷲のマーク
7 正面広場
8 二千畳を拝観
1 蓮如上人と堅田の法住
2 赤尾の道宗 物語
3 赤尾の道宗と48本の割木
4 吉崎御坊から山科本願寺へ
5 盲亀浮木の譬
6 歎異抄に驚嘆した
  哲学者・ハイデガー
1 アルプスに抱かれて
2 寒風を しのいで香る 梅の花
3 陽光にはえて 桜花爛漫
4 二千畳は 常時満堂
5 壁一面を彩る 松林
6 真実の言葉にかこまれて
7 錦 織りなす 秋の親鸞会館
8 心やすらぐ 庭園の数々
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp