【マンガ】『ひらく』後 真実開顕へ刻む時

「地方のある住職会議で」の巻

『歎異抄をひらく』の発刊以降、『歎異抄』の解説書が1冊も出なくなって5年が経過しようとしている。真宗界に、今、いったい何が起きているのだろうか。

「地方のある住職会議で②」の巻

「誰でも彼でも念仏を称えることによって、本当の幸福を得て、お浄土に参らせていただく」という本願寺総長の説教は、称名正因の異安心。親鸞聖人のみ教えは「信心正因」であることは『教行信証』で明らかです。

「地方のある住職会議で③」の巻

『歎異抄をひらく』には、親鸞聖人の書かれた『教行信証』をものさしに『歎異抄』の意味が解説されている。これによって、多く誤解されてきた『歎異抄』の文章が、正しく理解できるようになった。

「親鸞聖人の歓喜の証言」の巻

弥陀に救い摂られた親鸞聖人の歓喜の証言が、主著『教行信証』にハッキリと記されています。一念で鮮やかに救い摂ってくださるのが弥陀の救いなのです。

「平生の一念でハッキリする」の巻

阿弥陀仏の救いは、「いつとはなし」というのは親鸞聖人の教えではありません。平生の一念でハッキリすることを親鸞聖人は明快に教えておられます。

「断言できない親鸞聖人のお言葉はない」の巻

親鸞聖人の教えについて、「私はこう思う」「私はこう考える」と私見を平気で語る者がいる。親鸞聖人の教えはお聖教に明らかである。親鸞学徒の本道を往かねばならない。

「怒濤の光輪」の巻

"『歎異抄をひらく』御発刊から5年。反論書は一向に出ない。これによって明らかになったことは、『歎異抄をひらく』に書かれてあることが間違いのない親鸞聖人のみ教えであることである。

 

【マンガ】聞く・語る・伝える

「なぜ生きる」の巻

親鸞聖人が教えられた「なぜ生きる」についてマンガで分かりやすく学ぶことができます。

「難度海」の巻

高校に通うユイに、仏法を聞いてみたいと話しかけてきたミカ。早速、2人は迷海の勉強会に足を運んだが……

「無碍の一道」の巻

ユイに誘われ、初めて仏教の勉強会に参加したミカは、親鸞聖人が説かれる人生の目的に強い関心を示した。そんなミカにユイは……

「後生の一大事」の巻

難度海を渡す大船に乗れば無碍の一道に出ると聞き、「障りがない(無碍)」とはどんなことか、信心の沙汰が始まった。

「三毒の煩悩」の巻

「三毒の煩悩はしばしば起これども、真実の信心は彼にもさえられず」といわれているお言葉はどんな意味なのか?因果の道理を理解することとどんな関係があるのか?

「人間の本分とは」の巻

苦しい人生、なぜ生きるのか。朝の来ない夜はない、春の来ない冬はない、と言われても、夜明けとは?花咲く春とは?それはいつ来るのか?「なぜ生きる」の答えを見つけることが人間の本分である。

「毒矢の例え」の巻

知っていたほうがいいことはたくさんある。しかし、私たちの人生で最も知らねばならないことは何か?それを教えられたのがお釈迦様の毒矢の例えである。

「苦しみはどこからくるのか?」の巻

人生には様々な苦しみ、悩みがある。人は、なぜ苦しむのか?苦しみはどこから来るのか?仏教は、すべての人の苦しみの根本原因をハッキリと教えている。

「親鸞聖人はどんな方?」の巻

苦しみ悩みの人生の海を明るく楽しく渡す大船あり。人生の目的を明示された親鸞聖人とは、どんなお方であったのか?あなたはご存知ですか?

「地獄や極楽ってあるの?」の巻

地獄は本当にあるのか、疑問に思う人も多いでしょう。地獄とは苦しみの世界であり、そんな苦しい結果を受けねばならない原因があるのだよ、と仏教で教えられています。

「あなたは善人?悪人?」の巻

火の車 造る大工はなけれども 己が造りて 己が乗りゆく」という歌があります。自分の造った悪業が自分の苦しみの世界を生み出すということです。

 

【マンガ】『歎異抄をひらく』の衝撃度

「唯信独達」(信心一つで救われる)

これまでの歎異抄解説本は、著者の意見や味わいばかりでした。『歎異抄をひらく』は、親鸞聖人の主著『教行信証』のお言葉で解明されています。

「ただ念仏して」の「ただ」の誤解

教科書に「親鸞聖人は、ただ一度の念仏で極楽往生が約束されると説いた」と書かれてありました。これは『歎異抄』の誤解からくるものです。

「弥陀の本願まことにおわしまさば」の真意

阿弥陀仏の本願以外、この世に確かなものはない。鮮明不動の信心に親鸞聖人は立たれていたのです。

「無碍の一道」とは

何ものも崩せず、邪魔だてできない不可称・不可説・不可思議の世界が無碍の一道。これこそ皆が求めている世界なのです。

「浄土の慈悲というは、念仏して急ぎ仏になりて〜」の意味

「急ぎ仏になりて」を「死に急いで」と理解するのは明らかに誤り。誰もが死ねば仏になれるのではないからです。

「親鸞聖人 大ブーム」なのになぜ出ぬ"反論書"

今、書店には親鸞聖人の関連本が多く置かれています。そんな中、『教行信証』から真意を明らかにした『歎異抄をひらく』が、歎異抄解説本の決定版になりつつあります。

『歎異抄』は、いかに誤解されやすいか

高校の教科書『詳説日本史』に、「ただ一度の念仏で極楽往生が約束されていると説いた」のが親鸞聖人、と書いてあったことから新聞紙上で論争がありました。

念仏にも三とおりある

『歎異抄』に頻出する念仏は、どんな心で称える念仏かがわからなければ、読み誤るところが随所にあります。三通りの念仏について解説しています。

東本願寺が歎異抄本を出版

東本願寺から歎異抄の解説本が出版されました。真宗大谷派の最高位の学者が監修したもので、「東」の従来の主張が明確に書かれてあります。大切なことは、それが本当の親鸞聖人の教えかどうか。親鸞聖人のお言葉で検証します。

親鸞学徒の本道で邪を破る

東本願寺から出版された歎異抄の解説本では、死後の往生を説かず、浄土往生をこの世のことにしています。それが、いかに親鸞聖人、蓮如上人の教えと異なるか、親鸞学徒の本道で邪を破ります。

『御文章』は如来の直説

蓮如上人の『御文章』の軽視、これが東本願寺の学者のそもそもの誤り。親鸞聖人の主著『教行信証』を表紙が破れるほど読み込まれ、その中の大事なことを、千の中から一つを選りすぐって書かれたのが『御文章』。如来の直説であり、親鸞学徒の本道のお手本なのです。

それが無碍の一道?

歎異抄の「無碍の一道」とは、善悪、好き嫌い、の勝ち負けにこだわる執着から解放される、という煩悩執着のなくなった世界では断じてない。煩悩は死ぬまでなくならぬ、と親鸞聖人はおっしゃっています。

『こだわらない』にこだわる?

歎異抄の「無碍の一道」とは、善悪、好き嫌い、の勝ち負けにこだわる執着から解放される、という煩悩執着のなくなった世界では断じてない。今回は、親鸞聖人のお言葉に学びます。

「自性唯心」

阿弥陀仏や浄土を観念的にみる見方を、「唯心の弥陀、己心の浄土」といい、それは間違った考えだと親鸞聖人は、徹底して正されました。

「本道を往く」

『歎異抄をひらく』は、親鸞聖人のお言葉を明示し、その意味を懇切丁寧に明らかにする。親鸞学徒は、親鸞学徒の本道をひたすら進むのみ。

「恐るべし体験島」

難解な言葉で厳しく見せ掛けた「東」の本丸が、親鸞学徒の本道の前にあっけなく崩落。疑謗寺の迷海は心を改め、本道を往く決意をした。

「おぞましや体験談」

求道に悩んでいた迷海は、謎の二人に誘われ体験島へと連れて行かれた。そこは、一晩で獲信できると言う者たちの巣窟だった。

「スガルの改心」

救われる近道を説くという体験島へ連れていかれた迷海は、体験談と「善を捨てよ」という話を聞かされていた。

「迷海惑乱」

体験島に連れ去られた迷海を助けにきた本太郎は、襲いかかる敵を次々と倒し、スガルを捕らえる。一方、迷海は彼らの拠点で散々問い詰められていた。

「決戦!鼻高山」

体験島の者たちは迷海を秘事堂に閉じ込め、毒牙にかけてしまう。さらにその迷海を餌に、本太郎を鼻高山へとおびき出した。

「聞き誤られた雑行」

体験至上邪義のKKK団と本太郎が、鼻高山で法論の一騎打ちに。善の勧めを「諸行往生」と非難する論敵に、本太郎の破邪の利剣が振るわれた。

「刺客となった迷海」

鼻高山で、本太郎と体験至上邪義のKKK団が対決。KKKは「雑行を棄てよ」のお言葉を根拠に「善の勧め」を非難。本太郎は、彼らの「雑行」の聞き誤りを正す。

「大王の座談が大混乱」

「雑行を捨てよ」を、善を捨てよと誤解するKKK団。本太郎にそこを突かれて逃走するが、刺客となった迷海に本太郎の命を狙わせる。

「秘事堂ボウル 電源争奪戦」

棺桶を担いで迷海が秘事堂に登場。棺の中身は『歎異抄をひらく』とテレビ座談会の機材一式だった。一方、スガルは悪口大臣に捕らえられ七重の獄に。

新春番外編「ある地方の住職会議で」

ある地方でのこと。年始に住職が集まって親鸞聖人750回忌にむけて企画会議をしている。『歎異抄』の解説本を出してはどうか、という意見が出るが…

「善の勧めはある? ない?」の巻

本太郎は看守に変装し、牢獄からスガルを助け出す。二人は、迷海がテレビ座談会の準備を始めている秘事堂へと向かった。

「捨てよと言われているものは?」の巻

テレビ座談会の前に、迷海が「親鸞聖人のみ教えに、善の勧めはあるか、ないか」と問うと、意見が真っ二つに。どちらが正しいか、いよいよ法論が始まった。

「どこが悪い?往生に役立てようとする心」の巻

秘事堂の講演に乗り込んだ本太郎は、親鸞聖人のみ教えに善の勧めはないと主張するKKKたちに、法戦の火蓋を切った。

「それは弥陀のお計らい」の巻

体験島では、親鸞聖人のみ教えに善の勧めはあるか、ないか?二手に分かれて法論が始まった。その中で、捨てよといわれる雑行とは何か、次第に明らかになっていく。

「歎異抄第1章」の巻

善を勧めぬ聞き誤りを本太郎に指摘され、体験島の者たちはおとなしくテレビ座談会の席に着いた。だが……

「善は要らない!?」の巻

テレビ座談会で、『歎異抄』の「本願を信ぜんには、他の善も要にあらず」の真意を解説。善の勧めを否定する誤解がまた一つ正された。

「なぜ こんなおかしなことに?」の巻

体験島でもついにテレビ座談会が開催。『歎異抄』第1章「本願を信ぜんには、他の善も要にあらず」の誤解が正されようとしていた。

「八万四千の法門は」の巻

体験島では、弥陀の御心を履き違え、「救われるには善を捨てよ」と教えていた。その誤りを本太郎は、親鸞聖人の『一念多念証文』のご文から明らかにしようとする。

「秘事堂の大黒柱を倒す」の巻

「救われるには善を捨てよ」と教える体験島の邪説を、本太郎は、親鸞聖人の『一念多念証文』のお言葉で撃破した。

「知識の大罪」の巻

「方便など要らない」と言い、「論より証拠」と体験談で多くの人を迷わせてきた体験島の邪義を、本太郎は親鸞聖人のお言葉で明示して破った。

「最後の砦」の巻

秘事堂の「方便不要」「体験至上」の大柱を、本太郎は「本道」の斧で切り倒した。ところが、崩壊する建物の奥には疑似信仰の安楽イスに座った大勢の人々が。救出なるか?

「花びらの大爆撃」の巻

本道の斧で秘事堂がついに瓦解。本太郎たちは大王一味を七重の牢獄に追い詰める。方便不要の邪義との法論は、いよいよ大詰めに。

「体験島に花が咲く」の巻(最終回)

「真・仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失す」。聖人のお言葉にニセ信心を暴露され、悪口中傷で反撃してきた大王たちに、花びらの空爆が始まった。

 

【マンガ解説】『雑行・雑修・自力の心』

雑行・雑修・自力の心 その①

御文章に何度も書かれてある「雑行を捨てよ」の正しい理解とは?誤解されている“雑行”の正しい意味を学びます。

雑行・雑修・自力の心 その②

「雑行・雑修・自力の心をふり捨てよ」と言われる意味をマンガでわかりやすく解説します。その②では、“雑修”の正しい意味を学びます。

雑行・雑修・自力の心 その③

「雑行・雑修を捨てよ」とは、「自力の心」を捨てよ、ということです。善を捨てよ、お勤めをするな、ということではありません。では、“自力の心”とは何か?問題の核心に迫りたいと思います。

雑行・雑修・自力の心 その④

御文章に幾度も書かれてある「雑行・雑修・自力の心」の“自力の心”とは何か?“自力の心”が、どうして廃るのか、解説します。シリーズ最終話です。

 

ほんまでっか?

「往生」=「困った」?

「往生」の言葉の意味を「困った」とか「弱った」という意味で使われる誤用が目立ちます。「往生」は仏教の言葉。本来の意味をなにわの夫婦のやりとりから学びましょう。

袖触れ合うも多生の縁

「袖触れ合うも多生の縁」と言われます。「多生の縁」とはどんなことなのでしょうか。なにわの夫婦のやりとりから学びましょう。

施しは幸せのタネ

旦那という言葉は、もともと仏教から出た言葉です。どんな由来があるのでしょうか。なにわの夫婦のやりとりから学びましょう。

人間は煩悩の塊!?

人間は煩悩の塊である、と仏教では教えられる。煩悩とは、私たちを煩わせ、悩ませ、罪を造らせるもので、一人に108つあるから、これを仏教で108の煩悩と言われる。なにわの高校生の会話に学ぼう。

これも自因自果なんやろか

仏教の根幹は、因果の道理です。善因善果、悪因悪果、自因自果。これはいつでもどこでも変わらぬ大宇宙の真理。しかし、悪いことが起きたときは、なかなか悪因悪果、自因自果とは思えないものです。なにわの夫婦の会話に学びましょう。

流転輪廻って何?

旦那という言葉は、もともと仏教から出た言葉です。どんな由来があるのでしょうか。なにわの夫婦のやりとりから学びましょう。

一向専念ってなんでやねん

仏教の結論である「一向専念無量寿仏」とは、どんなことか。なにわの町内会の班長と隠居の会話に学びます。

後生ってほんまにあるの?

「死んだ後はない」という夫。しかし、友人の葬式では神妙な面持ちで「ご冥福をお祈りします」と言っていた。後生は本当にあるのか?夫婦の会話に学びます。

人生を楽しく渡す大船あり

「生きる=善いこと」が大前提だが、なぜそう言えるのだろうか?毎年、3万人以上の自殺者が出ている。「なぜ自殺はいけないのか?」に答えなければならない。先生と生徒の会話に学びます。

『御文章』とはどんなもの

浄土真宗では、朝晩の勤行で、親鸞聖人の『正信偈』と蓮如上人『御文章』を拝読します。蓮如上人の『御文章』とは、どのようなものか、夫婦の会話に学びます。

「法泥棒」ではあかん!

昔から“法泥棒”と言って嫌われるのは、一体、どんなことなのか。なにわの夫婦の会話に学びます。

親鸞聖人のアニメはええなあ

今日、世界の光と仰がれる親鸞聖人とはどんなお方だったのか?親鸞聖人のご生涯を分かりやすく描かれたアニメーションについてなにわの夫婦が会話をしています。聞いてみましょう。

仏法に明日はない 報恩講は必ず

浄土真宗で最も大きな行事が「報恩講(ほうおんこう)」です。親鸞聖人の御恩に報いる集まり、ということですが、どんな行事なのでしょうか?なにわのご隠居と善吉の会話に学びましょう。

私に私が分からん?

阿弥陀仏は本当にまします仏様なのか?それを問題にしている「私」とは何ものか、ハッキリしているだろうか?なにわの夫婦が、何やら話をしています。聞いてみましょう。

「聖人一流章」に全て収まる

「念仏称えさえすれば、死んだら誰でも極楽」と、多くの人が思っていますが、浄土往生が定まるのは平生の一念であることが『聖人一流章』に4回も書かれてあります。なにわの会話に学びましょう。

それが不実な信心や

阿弥陀仏は、信ずる一つで救うと誓っておられるけれど、「信ずる」とはどういうことか。私たちの「信心」の実態をなにわの夫婦の会話に学びましょう。

 

法 楽 寄 席

演目「行き先違い」

人はいいのですが少しばかり頭が足りず、早合点でいつも失敗しております長屋の熊さんが、一ぺん大阪に行ってみたいと、東京から一人旅に出掛けてまいりました。

演目「証拠より論」

「どんな体験だろうと、三世十方を貫く、お聖教のお言葉と合致しなければ、二束三文だって。論より証拠の前に、証拠より論」

演目「善の勧め」

江戸っ子の威勢のいいのは結構ですが、勘違いからすぐカッとなる傍迷惑な方も随分あったようでございます。

演目「布施は尊し」

「お釈迦さまの説かれた六つの善の筆頭が布施、施しです。施せば施すほど善い結果、旦那の幸せになりますよ」

演目「死の縁 無量」

「今風邪で死ぬのを逃れても、いずれまた死ぬ羽目になる。また慌てふためくぞ。だから急ぎ解決すべきは、後生真っ暗なその心のほうなのじゃ」

 

F館で会いましょう


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


地方のある住職会議で
地方のある住職会議で②
地方のある住職会議で③
親鸞聖人の歓喜の証言
平生の一念でハッキリする
断言できない親鸞聖人のお言葉はない
怒濤の光輪
なぜ生きる
難度海
無碍の一道
後生の一大事
三毒の煩悩
人間の本分とは
毒矢の例え
苦しみはどこからくるのか?
親鸞聖人はどんな方?
唯信独達
ただ念仏して
弥陀の本願まこと
無碍の一道
浄土の慈悲
親鸞聖人ブーム
誤解されやすい
念仏に三とおり
東本願寺歎異抄本
本道で邪を破る
如来の直説
それが無碍の一道?
『こだわらない』にこだわる?
「自性唯心」
「本道を往く」
「恐るべし体験島」
「おぞましや体験談」
「スガルの改心」
「迷海惑乱」
「決戦!鼻高山」
「聞き誤られた雑行」
「刺客となった迷海」
「大王の座談が大混乱」
「秘事堂ボウル 電源争奪戦」
新春番外編
「ある地方の住職会議で」
「善の勧めはある? ない?」
「捨てよと言われているのは?」
「どこが悪い?往生に役立てようとする心」
「それは弥陀のお計らい」
「歎異抄第1章」
「善は要らない!?」
「なぜ こんなおかしなことに?」
「八万四千の法門は」
「秘事堂の大黒柱を倒す」
「知識の大罪」
「最後の砦」
「花びらの大爆撃」
「体験島に花が咲く」
雑行雑種自力の心1
雑行雑種自力の心2
雑行雑種自力の心3
雑行雑種自力の心4
「報恩講」って何かしら?
お盆って何をするもの?
親鸞学徒追悼法要って何?
「往生」=「困った」?
袖触れ合うも多生の縁
施しは幸せのタネ
人間は煩悩の塊!?
これも自因自果なんやろか
流転輪廻って何?
一向専念ってなんでやねん
後生ってほんまにあるの?
人生を楽しく渡す大船あり
『御文章』とはどんなもの
「法泥棒」ではあかん!
親鸞聖人のアニメはええなあ
仏法に明日はない 報恩講は必ず
私に私が分からん?
演目「行き先違い」
演目「証拠より論」
演目「善の勧め」
演目「布施は尊し」
演目「死の縁 無量」
F館で会いましょう その1
F館で会いましょう その2
F館で会いましょう その3
F館で会いましょう その4
F館で会いましょう その5
F館で会いましょう その6
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp