無碍の一道

無碍の一道に出でよ
 『歎異抄』第七章の仰せ

念仏者は、無碍の一道なり。
そのいわれ如何とならば、信心の行者には、天神・地祇も敬伏し、魔界・外道も障碍することなし。
罪悪も業報を感ずることあたわず、諸善も及ぶことなきゆえに、無碍の一道なり、と云々。

『歎異抄』7章には、「念仏者は、無碍の一道なり」と親鸞聖人は断言されています。

「念仏者は無碍の一道である。皆さんも早く、念仏者になって、無碍の一道に出てください。人生の目的だから」とおっしゃっているのです。
 これが、親鸞聖人の生涯ただ一つの願いだったのです。

 無碍とは、碍りがない、ということです。みんな、いろいろな碍りで苦しみ悩み、不安になっているのですが、一切が往生のさわりにならなくなった世界を、親鸞聖人は
「無碍の一道」とおっしゃっています。絶対の幸福といってもいいでしょう。

 この世のすべては、人生の目的を果たすためのものです。
 政治、経済、科学、医学、これらは皆、生きる手段であり、私たちを幸福にするためにあります。資本主義や社会主義など、いろいろな社会体制が試されるのも、幸福を求めてのことです。

 しかし、いまだ人類は真の幸福を知りません。物は格段に豊かになり、かつては自転車しかなかったのに、今は一家に何台も車を持つようになりました。
 昔は大家族で、嫁と姑のいざこざが絶えなかったが、今は核家族でそれは減ったが、相変わらず、自殺者は毎年3万数千人。人間の苦しみの実態は、少しも変わっていないことが分かります。

 みんな本当の人生の目的を知らないのです。
 親鸞聖人の教えられる無碍の一道、絶対の幸福こそ人生の目的であることを、まずよく知らねばなりません。

>> 次 念仏者とは、どんな人のことでしょうか?

 

マンガ『歎異抄をひらく』の衝撃度

仏教講座「絶対の幸福とは、どんなことか」

底知れぬ親鸞聖人の大自信

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp