聖人一流章

親鸞学徒の勤行
 『聖人一流章』の拝読を

聖人一流の御勧化の趣は、信心をもって本とせられ候。
その故はもろもろの雑行をなげすてて、一心に弥陀に帰命すれば、不可思議の願力として、仏の方より往生は治定せしめたまう。
その位を「一念発起・入正定之聚」とも釈し、その上の称名念仏は、如来わが往生を定めたまいし御恩報尽の念仏と、心得べきなり。
(蓮如上人)

 親鸞聖人のお書きくだされた『正信偈』と、ご和讃六首を、無上仏の御前で拝読する勤行の習慣は、蓮如上人が福井県・吉崎ご在住のころに定められたといわれる。

 超世希有の他力の勝法に遇えた喜びを、朝夕2度、家族が仏前に集まって讃嘆することは、得がたい仏縁であり、蓮如上人は強くお勧めになられている。
 以来、親鸞学徒は朝な夕なこの勤行を欠かさず、朝には仏徳に触れて一日を始め、夕には仏祖への感謝とともに一日を終えた。

勤行 勤行は親鸞学徒の基本中の基本。
 決して欠かしてはならない。少しでも無上仏に親近させていただこうとする、その心掛けこそが大切なのである。

 今日では、『正信偈』、六首ご和讃のあとに、蓮如上人の『御文章』を拝読させていただいている。

 その、数ある『御文章』の中でも、特に有名なのが「聖人一流章」だ。

 古来、このお手紙が親しまれてきた理由は、単に短いだけでなく、親鸞聖人のみ教えが、余すところなく完璧に凝縮されていることにある。
 そのようなお手紙は、他の『御文章』の中にもない。

 だから勤行では、この「聖人一流章」を拝読するのが望ましい。
 その正しい意味を知れば、日々の勤行は、一層尊い勝縁となろう。次のページに、大まかな意味を掲載した。

>> 次 【聖人一流章の大意】〜信心をもって本とする〜

 

両極端にゆれる自力の信心 三業惑乱に学ぶ

造られた〝獲信体験〟

偽なる者は甚だもって多し

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp