警鐘・親鸞聖人の教えと異なることを語る者たちの特徴 (1/3)

親鸞会は警鐘します

親鸞聖人ご自身の獲信の体験告白 ~三願転入~

「どんな人も、必ず絶対の幸福に救う」
阿弥陀仏の救い一つを明らかにされた方が親鸞聖人です。

 その親鸞聖人に、「どのようにして弥陀に救われたのですか?」とお尋ねして、聖人がお答えになったご自身の獲信の体験告白が、三願転入のご文です。

三願転入とは

【三願転入のご文】
ここを以て、愚禿釈の鸞、
論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化によりて、
久しく万行・諸善の仮門を出でて、永く雙樹林下の往生を離れ、
善本・徳本の真門に廻入して、偏に難思往生の心を発しき。
然るに今特に方便の真門を出でて、選択の願海に転入し、
速に難思往生の心を離れて、難思議往生を遂げんと欲す。
果遂の誓、良に由有るかな。

「幸いにも親鸞は善知識方のお導きによって、弥陀の19願から20願に誘引され、それらのご方便により今、18願、真実へ転入させていただいた」

 阿弥陀仏が建てられた48願のうち、十方衆生(すべての人)を相手に誓われているのは、18・19 ・20願の三願のみです。

 親鸞聖人は、この三願に真実願(18願)と方便願(19・20願)のあることを明らかにされ、方便から真実へと弥陀に導かれ、救われた自らの体験を、上記の「三願転入」のご文に示されているのです。

親鸞会

 19・20の二願は、すべての人(十方衆生)を、18願(真実)に転入させる弥陀のお計らい(方便)です。

 弥陀の救いにあうまでのこの三願転入の道程は、親鸞聖人お一人のことではなく、すべての人(十方衆生)が対象の弥陀のお計らいだから、万人共通の道程であると、親鸞聖人は明言されているのです。

 このように、すべての人に通ずる、親鸞聖人の三願転入のような表現ならば、聞けば聞くほど、知れば知るほどよいのですが、他の獲信した人には通じない、それぞれ異なる各自の体験は、聞けば聞くほど、知れば知るほど悪いのです。

 ところが、親鸞聖人が一切おっしゃらなかったような各人各様の体験を吹聴し、聖人の教えを真面目に求める人を惑わす者たちがあります。「いつ、どこで、誰のもとで、どのようにして弥陀に救われた」という各人各様の個人的な信仰体験を語り、それを売り物にして人集めをしているのです。そこには、どんな問題があるのか。ここで明らかにしたいと思います。

>> 群賊・悪獣・悪知識 ~親鸞聖人の教えにないことを語る者たち~

  

 

浄土真宗講座|三願転入とはどんなことか|親鸞会

三願転入は弥陀のお計らい|親鸞会

「三願転入」は、すべての人の獲信までの道程|親鸞会

 

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp