親鸞学徒の本道 親鸞聖人の教えをひたすら開顕する (1/3)

親鸞会


専ら親鸞聖人の教えと
他力の信心徹底に努める親鸞会

 多く沈滞する中で、親鸞会はどうして躍進し続けるのか、原因探求の声が聞こえてくる。
 更に珍しいことはない。親鸞会の歴史は、ひたすら親鸞聖人の教えの開顕だった。
「私はああだった」「こうなった」は私事である。
 私事を説かれなかった覚如上人、蓮如上人のように、専ら親鸞聖人の教えと、他力の信心徹底に努めてきた結果と知る人は少ない。悲しいことだ。
 これが親鸞学徒の本道だからである。

明治の活動家は何を誤ったか

 織田信長を相手に石山戦争を11年戦っても屈せず、江戸時代の学者・頼山陽をして、「抜き難し、南無六字の城」と驚嘆せしめた真宗門徒。その気概はしかし、徳川幕府に利用され、骨抜きになってしまった。

参照:南無六字の城 信長に徹底抗戦した護法の力は、こうして生み出された

 明治以降、その堕落した浄土真宗を再興しようとした人は、5人や10人ではない。その運動は一時、爆発的に燃え上がり、「今親鸞」と称される者も出たが、すべて線香花火で終わっている。

 覚如上人や蓮如上人と、これら明治の活動家は、どこが違ったのだろうか。

 明治から昭和にかけて、一大信仰運動を興した活動家のうち、主だった人を挙げてみよう。

 明治29年、清沢満之(きよざわまんし)は、東本願寺の腐敗を座視できぬと、京都で本願寺改革を試みた。この運動に血気盛んな学生も参加し、革新全国同盟会2千5百、革新請願署名者は2万人に達した。

 その後、清沢は、東京に私塾「浩々洞」を開いて、塾生と宗教を論じ、講話を行うようになる。ここから、暁烏敏、多田鼎、曽我量深、金子大栄などの仏教学者が生まれ、自分の背丈以上の書物を著す者、永年、仏教講座を開く者も現れた。

 清沢の改革運動に参加した1人・近角常観(ちかずみじょうかん)は、収容人数1千名弱の「求道会館」を東京に建設し、後進の育成に力を注いだ。特に青年が多く集まったと伝えられる。

 異色なのは、野依秀市(のよりしゅういち)だ。商業雑誌を発行していたが、独占企業への値下げ提唱の行き過ぎなどで、投獄される。そこで、浄土真宗の教誨師に出会い、親鸞聖人の教えに引かれていった。出獄後、布教のための雑誌を次々に発刊。死ぬまで刊行を続けた。


>> 次 線香花火で終わった理由

  

 

体験談 自己宣伝の ほかはなし

「こうなった」の体験談は、みえみえの自己宣伝

三願転入は弥陀のお計らい

「論より証拠」の落とし穴 教えで真相を見極める

 

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp