「往生の一路」を残した 法霖 自決の真相 (1/6)

親鸞会

往生の一路は平生に決す
今日何ぞ論ぜん死と生とを
蓮華界裡(れんげかいり)の楽を快しむに非ず
娑婆界(しゃばかい)に還来(げんらい)して群生(ぐんじょう)を化(け)せん

〔意訳〕
 人界受生の本懐、後生の一大事の解決は、平生にできている。
 娑婆に別れを告げる今日、今更死んだらどうなるか、後生のせんさくなど無用、生きてよし死んでよし、極楽往き間違いなし。
 だが、極楽浄土に往って百味の飲食たらふく食べて、
 応法の妙服を着、八功徳水の温泉につかって休もう、などとは少しも思っていない。
 何のために生きるかを知らず、悩み苦しむ人がいる限り、娑婆世界に、すぐ還って来て苦悩の人々を化導せずにおれないのだ。

 江戸時代の浄土真宗の碩学・法霖が辞世として詠んだ漢詩「往生の一路」は、詩吟としても大変有名である。
 しかし、この詩には、ある秘話が伝えられている。本願寺の正統なる歴史には決して出てこない秘話とは──。

並外れた才能
能化に抜擢される

 京都・大阪を中心に、芸能・学問などが花開いた江戸中期。

 法霖は、元禄6年(1693)、紀州海部郡関戸村(現・和歌山市関戸)に生まれた。身長7尺2寸と、大柄だったと伝えられる。

 17歳で鷺森別院で得度し、19歳で『選択本願念仏集』を講義して希代の奇才とうたわれた。

 27歳で本山の教育機関である学林に入り、3代目能化・若霖(じゃくりん)に師事し、講義や執筆に活躍の場を広げた。

 華厳宗の大学者・鳳潭(ほうたん)との法論は極めて有名である。比叡山の学僧だった時から異才を発揮した鳳潭は、京都に華厳寺を開いてからは、盛んに他宗を非難していた。享保15年(1730)、74歳の鳳潭が浄土真宗を批判した書物を発刊したのを受け、法霖は『笑螂臂(しょうろうひ)』5巻を1カ月で書き上げ、これを完膚なきまでに論破した。この時、法霖40歳。

『本願寺通紀』(*)には、
「実に開宗已来の盛事と為す」
と絶賛している。

 第4代能化就任は、この法論の4年後であった。

*『本願寺通紀』……本願寺が自らの歴史を書いた書物


>>本山の宗義の乱れを嘆き 重鎮たちに訓戒

     

 

人生の目的完成の宣言

親鸞会紹介ビデオ(平生業成について)

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp