後生の一大事が問題にならねば、「雑行」は絶対に分からない (1/6)

「浄土真宗に善の勧めはない」という主張がある。
それに対し、浄土真宗親鸞会は、一貫して「親鸞聖人の教えに善の勧めはある」と主張してきた。

ところが、その親鸞会を「善をすれば助かるという諸行往生だ」と非難する者がいるのである。

《非難》
蓮如上人も「雑行(ぞうぎょう)を捨てよ」とは、書かれているが「信仰が進むから、善をしなさい」とは、書いておられないのではないか。
だから、善を勧める親鸞会は間違いであり、善をすれば助かるという諸行往生だ。

「雑行雑修自力の心のある間は、絶対に阿弥陀仏の無上の救済には値えない」と説き続ける親鸞会に対し、「親鸞会が善を勧めるのは、善をすれば助かるという諸行往生だ」との非難である。

甚だしい事実誤認であり、無知である。あるいは、ためにする誹謗であろう。
そのことを、親鸞会の会員が集って行われた信心の沙汰から明らかにしたい。

親鸞会の講師:「蓮如上人も『雑行を捨てよ』とは書かれているが、『信仰が進むから善をしなさい』とどこに勧められているか」と言ってきたら、「では、『信仰が進むから悪をしなさい』と書かれていますか。
『善をするな、やめよ』とどこにおっしゃっていますか」と、ズバッと言えばいいでしょう。

親鸞学徒(親鸞会の会員):「善をするな、やめよ」などとは、親鸞聖人も、蓮如上人も、どこにもおっしゃっていませんからね。

講師:お釈迦さまは45年間、因果の道理を説かれて、「善いことをしなさい」と教えられています。その善の勧めを否定しているのですから、そのようなことを言うのは仏法者でも親鸞学徒でもありません。因果の道理に外れた教えを説く外道と言わざるをえないでしょう。
  ここで、「雑行」とは何か、よく知らねばなりませんね。お聖教(※1)のどこにありますか。

※1:お聖教(しょうぎょう)・・・仏教の本のこと。

学徒:毎日、朝晩の勤行(※2)で拝読する蓮如上人の「聖人一流の章」
に、「もろもろの雑行をなげすてて」と書かれています。

※2:勤行(ごんぎょう)・・・親鸞聖人の『正信偈』と、蓮如上人の『御文章』を拝読すること。
詳しくは、『聖人一流章』の拝読を|親鸞学徒の勤行 を参照。

学徒:同じく蓮如上人の『領解文』には、「もろもろの雑行・雑修・自力の心をふり捨てて」とあります。

学徒:『御文章』には、何カ所も「雑行をすてよ」とおっしゃっています。書かれていない『御文章』はないほどですね。(文末のまとめを参照)

講師:そうですね。親鸞聖人のお言葉ではどうでしょう。

学徒:『教行信証』に、

「愚禿釈(ぐとくしゃく)の鸞(らん)、
  建仁(けんにん)辛酉(かのとのとり)の暦、雑行を棄てて、本願に帰す」

   とおっしゃっています。

講師:親鸞聖人の教えを知るには、「雑行」という言葉がキーワードであることがよく分かります。
ところが、現在の浄土真宗では、「雑行」とは何かを知っている人がいません。雑行とは、ひと言で言うと、どういうことですか?

学徒:「自力の心でやる諸善万行」と教えていただいています。

講師:「自力の心」とは?

学徒:親鸞聖人は『末灯鈔(まっとうしょう)』に、

「身・口・意の乱心を繕い、めでとうしなして浄土へ往生せんと思うを自力と申すなり」

とおっしゃっています。

「浄土へ往生しようと、身・口・意を善くしようとするのを自力の心という」
というご教示です。

学徒:言い換えれば、「後生の一大事どうすれば助かるのか」「どうすれば真剣になれるのか」「どうすれば自力の心がすたるのか」ということですね。

講師:その自力の心を捨てよ、とおっしゃるのです。善を勧められているのが仏教ですから、「雑行を捨てよ」とは、「善をするな」という意味のはずがありません。自分のやった善で後生の一大事を助かろうとしている“心”を捨てよ、ということなのです。

※3:後生の一大事・・・生死の一大事ともいう。永久の苦患に沈むか、永遠の楽果を得るか、の一大事をいう。

>> 次 善に向かわない人に「雑行捨てよ」とは言われぬ

     

 

諸行往生は本願にあらず

「雑行捨てよ」と「修善の勧め」

一切経は「浄土の方便の善なり」

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp