【親鸞聖人750回忌 講演】
弥陀より賜る二種の廻向
「寄せかけ寄せかけ」大悲のままに (1/6)

親鸞聖人御臨末の御書

 750年前、親鸞聖人がお亡くなりになられた時のお言葉が、『御臨末の御書』として残されています。

「我が歳きわまりて、安養浄土に還帰すというとも、和歌の浦曲の片男浪の、寄せかけ寄せかけ帰らんに同じ。
 一人居て喜ばは二人と思うべし、二人居て喜ばは三人と思うべし、その一人は親鸞なり」
(御臨末の御書)

「我が歳きわまりて……」
 90歳で亡くなる時に、いよいよ親鸞、今生の終わりがきた、と仰っています。「我が歳きわまる」のは、親鸞聖人だけのことではありません。70億の人類すべてに、「我が歳きわまった」ということがある。火事や津波に遭わなくても、この世の最後、という時が必ずあるのです。しかも、それは今晩かもしれません。

 あるやらないやら分からない火事や老後の心配はするし、備えもする。しかし一番確実な、死んだらどうなるか、心配している人はあるでしょうか。

「世の中の、娘が嫁と花咲いて、嬶としぼんで婆と散りゆく」禅僧・一休の歌のように、人は皆、最後、散っていく。死は万人の100パーセントの未来ですから、関係のない人は一人もありません。

 では、死後の行き先は、ハッキリしているでしょうか。
 死ねば焼いて何もなくなるのか。それとも、天国のようなところへ行けるのか。突っ込むと、いずれもハッキリしていない。来世どうなるか分からないから、今が不安なのです。

 これを仏教では、生死の一大事、後生の一大事といいます。これが、すべての人の重しになっている。家康が、「天下を取っても下ろせない重荷があった」と述懐しているのは、本人には自覚がなくても、この後生の一大事の重しで苦しんでいたのです。

 資本主義、社会主義、共産主義と、政治形態が変わっても、科学が長足の進歩を遂げても、人間に生まれてよかった、という生命の歓喜がないのは、この重しがあるからです。全人類の苦しみの根本原因は、まさに後生の一大事にあるのです。

>>平生の一念に「往生一定」

     

あなたが仏教から学べるたった一つのこと

往生の一大事を遂げよ ~聖人一流の章~|親鸞会

「死んだらどうなるのか」自殺を止められた釈尊の譬え話|後生の一大事

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp