「三願転入」は、すべての人の獲信までの道程 (1/4)

親鸞会

「親鸞は、弥陀の三願によって救われた」

ここを以て、愚禿釈(ぐとくしゃく)の鸞(らん)、
論主(ろんじゅ)の解義(げぎ)を仰ぎ、
宗師(しゅうし)の勧化(かんけ)によりて、
久しく万行・諸善の仮門(けもん)を出でて、
永く雙樹林下(そうじゅりんげ)の往生を離れ、
善本・徳本の真門に廻入(えにゅう)して、
偏(ひとえ)に難思往生(なんしおうじょう)の心を発(おこ)しき。
然るに今特に
方便(ほうべん)の真門を出でて、
選択(せんじゃく)の願海(がんかい)に転入し、
速(すみやか)に難思往生の心を離れて、
難思議往生(なんしぎおうじょう)を遂げんと欲す。
果遂(かすい)の誓(ちかい)、良(まこと)に由(ゆえ)有るかな。
(教行信証化土巻)

 浄土真宗親鸞会の親鸞会館で「三願転入のご文」から「親鸞聖人の三願転入の教え」が毎月解説なされ、2年以上続いた。

 三願転入のご文は、親鸞聖人の獲信の告白である。

「親鸞は、弥陀の三願によって救われた」

と明言なさっている。

阿弥陀仏の四十八願の中で、

「あらゆる人を救う」

と誓われた願が三つある。十八、十九、二十願がそれだ。

 十八願は、阿弥陀仏が、

「どんな人をも、必ず、絶対の幸福に救う」

と、本心を誓われたものだから、王本願といわれる。

 だが、うぬぼれ強く、相対の幸福しか知らない私たちを、絶対の幸福にまで導くことは大変で、種々の方便が必要だった。十九、二十願は、弥陀がそのために誓われたのだ。

 真実を知らない人は、方便も知らない。真実の十八願だけでよいのなら、阿弥陀仏が十九・二十の方便願を建立されるはずがない。

 善悪を超えた仏智不思議の世界に出させるのが仏の正意だが、自力の執着は一朝一夕に浄尽できぬ。

 そこで励んだ徳に応じて果報が得られるぞと修善を勧めて、十方衆生を統合し、二十願に導こうとするのが十九の願である。

 十九・二十願で根機を調え、十八願真実へ転入させられる。

 釈尊も浄土三部経(大無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経)にこれを開顕し、親鸞聖人は自ら三願転入して出世の本懐を遂げられている。

 ところが、

「三願転入のご文は、親鸞聖人が自らの獲信までの道程を記されたものであって、我々が他人に説く必要もなければ、話すべきことではない」

というのが、本願寺をはじめ、真宗十派の者たちの言い分である。

 ならば、「道俗時衆共同心、唯可信斯高僧説」と『正信偈』に記し、「皆々信心決定あれかしと朝夕思いはんべり」と生涯念ぜられた親鸞聖人が、我々の獲信に、必要も関係もないことを記述されたことになる。

 それだけではない。三願転入が根基となっている『教行信証』も、我々の獲信とは無関係のお聖教となってしまう。

 親鸞聖人・浄土真宗を全面否定する暴挙であることが分かろう。これでは真宗が衰退するのも当然である。


>> 阿弥陀仏の三願は、無関係に孤立したものではない

   

 

三願転入とはどんなことか

三願転入は弥陀のお計らい

「雑行捨てよ」と「修善の勧め」

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp