八万四千の法門は すべて弥陀(本師)の19の願意
釈迦(弟子)の独断にあらず|親鸞会 顕正新聞(1/2)

親鸞会

凡そ八万四千の法門(釈迦一代の教え)
みなこれ浄土(弥陀)の方便の善なり。
(親鸞聖人『一念多念証文』)

弥陀如来と申すは、三世十方の諸仏本師本仏なり。
(蓮如上人『御文章』2帖目8通)

一般には、仏教に「聖道門」と「浄土門」の二つがあると言われています。
「聖道門」といわれるのは、天台宗、真言宗、禅宗など、自力で修行に励み、さとりを開こうとする仏教です。
「浄土門」とは、阿弥陀仏の救いを説く仏教です。
しかし実は、「聖道門」とは、後世の人たちに間違って解釈された仏教で、本来の仏教に「聖道門」も「浄土門」もありません。

弥陀の救いに導くための方便、すなわち"通過点"の教えを、"終点"と誤解したのが「聖道門仏教」なのです。
お釈迦さまの真意は、弥陀の本願(18願)ただ一つ。
親鸞聖人はそれを、『一念多念証文』に「凡そ八万四千の法門は、みなこれ浄土の方便の善なり」と教えられています。

 参照:釈迦一代の教えは 弥陀の方便の善なり

なぜ八万四千の法門(釈迦一代の教え)は、浄土(弥陀)の方便の善と言い切れるのでしょうか。
仏教界の常識を引っ繰り返す親鸞聖人の教示を、法友の感想から振り返ってみよう。

親鸞会

親鸞聖人の卓見

東京都 男性

「八万四千の法門は、みなこれ浄土の方便の善なり」の親鸞聖人の卓見に感服せずにはおれません。

高校時代、日本史の教科書で親鸞聖人はじめ、空海や最澄など開祖の名や、薬師寺、永平寺など数々の寺の名前を目にして、仏教といってもいろいろあるように思っていました。

しかし今回、「聖道門」「浄土門」といわれるが、釈迦の真意は弥陀の本願ただ一つ。二つあるはずがないと聞かせていただきました。

一切経すべてを「浄土(弥陀)の方便の善」と断言された親鸞聖人のみ教えは、唯一の釈迦の真意を明らかにされた教えであり、仏教の真髄であると知らされました。


弥陀のご命令で、釈迦が説かれた

愛知県 女性

お釈迦さまのご一生は、阿弥陀仏が十方衆生を18願へ導く方便に建てられた19願の御心を明らかにされること、一つでした。

だから、すべては阿弥陀仏の独り働きであり、お釈迦さまの力は、微塵もないと、繰り返し聞かせていただきました。

「釈迦よ、地球上のすべての人に、私が19の願でどんなことを誓っているか、分かるように一生懸けて説いてきなさい」

と、弥陀のご命令で、釈迦は仏教を説かれたのですね。

弥陀と釈迦の関係を、どうしたらハッキリするかと、分かりやすく教えられたこの言葉を、よくよく心に留めておきたいと思います。

仏教に、聖道・浄土の二つがあるのではないとスッキリしました。

親鸞聖人が「如来所以興出世 唯説弥陀本願海」(如来、世に興出したまう所以は、ただ弥陀の本願海を説かんがためなり)とズバリ教えてくだされた、聖語の重みを感ぜずにおれません。


  >> 次 八万四千の法門は すべて弥陀(本師)の19の願意(2/2)

 

「雑行捨てよ」と「修善の勧め」

諸行往生は本願にあらず

一切経は「浄土の方便の善なり」

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp