浄土真宗親鸞会「法子と朋美の仏教講座」

親鸞学徒追悼法要って何?

朋美「ねえねえ法子さん、今度親鸞会で追悼法要があるって聞いたけど、一体どんな行事なの?」

法子「正確にいうと“親鸞学徒追悼法要”ね」

朋美「ただの追悼法要じゃないの?」

法子「そうよ、そもそも“葬式や法事は亡くなった人のため”っていうのが常識になっているけど、それは本来の仏教じゃないのよ」

朋美「へーそうなんだ」

法子「お経って、お釈迦さまの説法を書き残したのでしょう。ということは、お経に書かれていることは皆、生きた人相手に説かれたものなのよ」

朋美「なるほど、そうね、亡くなった人にお釈迦さまが説法されるはずないものね」

法子「そうそう、生きている人に説かれたのが仏教なのよ

朋美「じゃあなぜ追悼法要をするの?」

法子「いい質問ね。ポイントは勤める人の心構えなの」

朋美「心構え?」

法子「そうよ、ほら、いつも私たちは仕事や勉強、つきあいやら習い事でなかなか心を落ち着けることができないでしょう」

朋美「そうなの、またレポートが出てて大変」

法子「“忙しい”っていう字があるよね。この字は、りっしんべんに、亡くす、と書くでしょう」

朋美「うん、そうね」

法子「りっしんべんには“心”って意味があるんだ」

朋美「あ、なんか習ったことがあるような」

法子「でね、忙しいという字をもう一度見てちょうだい」

朋美「えーと、りっしんべんが心という意味だから、心、亡くす?」

法子「うん、忙しいっていう字はね、“心を亡くす”って意味なの。生きる目的を求める“心”を“亡”くしてるってこと」

朋美「へー知らなかった!漢字ってよくできてるね。なるほど、人間として大事な心を亡くしているわけだ」

法子「そうなの、いちばん大事な心を亡くして、ただ走り回っていても、どこにもたどりつけはしないわ」

朋美「確かにそうね、苦労した割には心に何も残ってないってことがよくあるもの」

法子「もし自分の命が24時間しかない、となったらどうかしら」

朋美「そうね、今、忙しい忙しいと必死になってることよりももっと大事な“何か”があるような気がするわ」

法子「さすが、朋美さんね、そう、そのことに気づくことがとても大切なの。
『こんなことが知りたい』にはこう書かれてあるわ。

 1年に1度、 大自然の中に静かに息づく墓前にぬかずくことは、人生を見つめる得がたい機会になることは間違いありません。「オレも一度は死なねばならぬのか」 と、 生死の一大事に触れて厳粛な思いがするでしょう。
 ただ先祖の墓参りをするだけなら祖先崇拝の習慣とか、 道徳だけに終わってしまいますが、 これを勝縁として墓前で合掌する、 そのままが私自身の一大事に合掌することになれば有意義な墓参りとなりましょう。

 同じように、親鸞学徒追悼法要は、亡くなられた方をご縁として無常を念じ、今生きている私が、仏教を大切に聞かせていただくためのものなの

朋美「なるほど、それで“親鸞学徒”追悼法要なわけね」

法子「朋美さんは理解が早いわね、そう“私のため”のご縁なのよ」

朋美「法子さん、ありがとう。よく分かったわ。じゃあ早速レポートを仕上げて、参詣できるようにしなきゃ」

法子「そうそう、しっかり目的があれば勉強にも力が入るってものよ」

朋美「ほんとそうね、俄然やる気が出てきたわ。じゃあ、涼しい喫茶店で一緒にやらない?」

法子「賛成、じゃあ、いつもの喫茶店に行きましょうか」

朋美「決まり!ってあれ、財布どこいったかな?」

法子「もー。心を亡くしちゃいけないけど、財布もなくさないでね」

 


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


なぜ生きる
難度海
無碍の一道
後生の一大事
唯信独達
ただ念仏して
弥陀の本願まこと
無碍の一道
浄土の慈悲
親鸞聖人ブーム
誤解されやすい
念仏に三とおり
東本願寺歎異抄本
本道で邪を破る
如来の直説
それが無碍の一道?
『こだわらない』にこだわる?
「自性唯心」
「本道を往く」
「恐るべし体験島」
「おぞましや体験談」
「スガルの改心」
「迷海惑乱」
「決戦!鼻高山」
「聞き誤られた雑行」
「刺客となった迷海」
「大王の座談が大混乱」
「秘事堂ボウル 電源争奪戦」
新春番外編
「ある地方の住職会議で」
「善の勧めはある? ない?」
「捨てよと言われているのは?」
「どこが悪い?往生に役立てようとする心」
「それは弥陀のお計らい」
「歎異抄第1章」
「善は要らない!?」
「なぜ こんなおかしなことに?」
「八万四千の法門は」
「秘事堂の大黒柱を倒す」
「知識の大罪」
「最後の砦」
「花びらの大爆撃」
「体験島に花が咲く」
雑行雑種自力の心1
雑行雑種自力の心2
雑行雑種自力の心3
雑行雑種自力の心4
「報恩講」って何かしら?
お盆って何をするもの?
親鸞学徒追悼法要って何?
「往生」=「困った」?
袖触れ合うも多生の縁
施しは幸せのタネ
これも自因自果なんやろか
流転輪廻って何?
一向専念ってなんでやねん
演目「行き先違い」
演目「証拠より論」
演目「善の勧め」
演目「布施は尊し」
演目「死の縁 無量」
F館で会いましょう その1
F館で会いましょう その2
F館で会いましょう その3
F館で会いましょう その4
F館で会いましょう その5
F館で会いましょう その6
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp