浄土真宗親鸞会「ほんまでっか?」

袖触れ合うも多生の縁

仏教の言葉を分かりやすく伝えるコーナーです

「お願いがあんねんけど」親鸞会 ほんまでっか?袖触れ合うも多生の縁

「あきまへん」

「まだ何も言うてへんがな」

「あんたが、そういう言い方した時は、お小遣いのことに決まってます」

「そんなこと言わんと、1万円でええから貸してえな」

「あんたに金貸して、返ってきたことおまへんで」

「そやけど、愛する夫の財布に千円札しか入ってなかったら、せつないやろ」

「全然」

「そないつれないこと言わんといて。袖触れ合うも多生の縁と言うやろ。道端で袖と袖が触れ合うだけでも、多生の縁や。ましてや夫婦。一緒に暮らすとは、よくよく深い因縁と思わんか?」

「そう。不快な因縁や」

「〝不快〟やない、〝深い〟ちゅうたんや」

「でもねえ、あんた。多少の縁って、少しの縁ということやないの?」

「あほ。『多少』やない、『多生』の縁や」

「ほんま?ほな多生ってどんな意味?豚の子みたいに、たくさん生まれてくること?」

「多産と違うで。多生いうたらな、人間に生まれてくる前、いろんなものに生まれ変わり死に変わりしてきた、果てしない過去世を言うんや」

「過去世?そんなこと、まるで見てきたみたいに言うけど、あんた何で過去世なんて分かるねん。昨日食べたものさえ忘れるあんたが」

「人を認知症みたいに言いないな。確かにこの頭は生まれた時にできたんやから、過去世のことは分かりようもないわな。でもな、親鸞聖人の教えられた真実信心を獲得すれば分かるんや」

「ほんまでっか?」

「そや、真実信心とはな、凡夫の頭でこう信じた、ああ理解したというのと違うんや。阿弥陀さまから賜る三世十方を貫く信心なんやで。その信心を獲得した一念に、過去世・現在世・未来世の三世を流転する生命の実相が知らされるんや」

「なんかすごいお話やね。親鸞さまは、どう仰ってはるの?」

「よう聞いてくれた。聖人はな、『自身は、現にこれ罪悪生死の凡夫、昿劫より已来常に没し常に流転して、出離の縁有る事無し、と深信す』と仰っておられる」

「どういう意味?」

「それはな、『現在、私は極悪最下の者、果てしない過去から苦しみ続け、未来永遠、救われることのないことがハッキリした』ということや」

「ほんまや。果てしない過去から、未来永遠の自分の姿を仰ってはるなあ」

「そうやろ。過去世も未来世もある。この目に見えんから、ないと思うのはおまえの勝手やけど、三世十方を貫く真実は、三世十方を貫かんおまえの頭では分からんのや」

「あんたに言われるとむかつくけどな、親鸞さまが仰るなら、やっぱり過去世はあるんやろうねえ……」

「そや、袖触れ合うも多生の縁。ましてや夫婦、おまえとワシとは多生の仲や。な、だから1万円貸してえな」

「またそれかいな、ない袖は振れまへんな」

「こら、あかんわ」

 

関連記事


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


地方のある住職会議で
地方のある住職会議で②
地方のある住職会議で③
親鸞聖人の歓喜の証言
平生の一念でハッキリする
断言できない親鸞聖人のお言葉はない
怒濤の光輪
なぜ生きる
難度海
無碍の一道
後生の一大事
三毒の煩悩
人間の本分とは
毒矢の例え
苦しみはどこからくるのか?
親鸞聖人はどんな方?
唯信独達
ただ念仏して
弥陀の本願まこと
無碍の一道
浄土の慈悲
親鸞聖人ブーム
誤解されやすい
念仏に三とおり
東本願寺歎異抄本
本道で邪を破る
如来の直説
それが無碍の一道?
『こだわらない』にこだわる?
「自性唯心」
「本道を往く」
「恐るべし体験島」
「おぞましや体験談」
「スガルの改心」
「迷海惑乱」
「決戦!鼻高山」
「聞き誤られた雑行」
「刺客となった迷海」
「大王の座談が大混乱」
「秘事堂ボウル 電源争奪戦」
新春番外編
「ある地方の住職会議で」
「善の勧めはある? ない?」
「捨てよと言われているのは?」
「どこが悪い?往生に役立てようとする心」
「それは弥陀のお計らい」
「歎異抄第1章」
「善は要らない!?」
「なぜ こんなおかしなことに?」
「八万四千の法門は」
「秘事堂の大黒柱を倒す」
「知識の大罪」
「最後の砦」
「花びらの大爆撃」
「体験島に花が咲く」
雑行雑種自力の心1
雑行雑種自力の心2
雑行雑種自力の心3
雑行雑種自力の心4
「報恩講」って何かしら?
お盆って何をするもの?
親鸞学徒追悼法要って何?
「往生」=「困った」?
袖触れ合うも多生の縁
施しは幸せのタネ
人間は煩悩の塊!?
これも自因自果なんやろか
流転輪廻って何?
一向専念ってなんでやねん
後生ってほんまにあるの?
人生を楽しく渡す大船あり
『御文章』とはどんなもの
「法泥棒」ではあかん!
親鸞聖人のアニメはええなあ
仏法に明日はない 報恩講は必ず
私に私が分からん?
「聖人一流章」に全て収まる
それが不実な信心や
類に随って解を異に
願いはかなう?
演目「行き先違い」
演目「証拠より論」
演目「善の勧め」
演目「布施は尊し」
演目「死の縁 無量」
F館で会いましょう その1
F館で会いましょう その2
F館で会いましょう その3
F館で会いましょう その4
F館で会いましょう その5
F館で会いましょう その6
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp