かくて少年はニーチェを捨てた

 

与田 祐輔さん(仮名)

浄土真宗親鸞会公式・書棚の本

ニヒリズム(虚無主義)に陥り、世の中を斜に構えて見ていた学生が、両親も驚く好青年に生まれ変わった。
「自分の存在が透明であった時、生きる意味が分からず、ありがとうが言えなかった。今は素直に感謝できる自分がうれしい」。長く曲がりくねった道のりが、大きく変わった。その大転換はこうして起きた。

早熟な少年だった。
勉強せずとも、テストはできた。授業中にもかかわらず、堂々と小説を読み、小学6年の時には、業を煮やした先生に廊下へ引っ張り出された。


「なんであなたはそういうことをするの。授業を受ける気あるの!」。40代くらいの女の先生が、血管が浮き出るほどの剣幕で言った。
「あなたに教えてもらうことは何もない」
少年の一言に、先生の視線は宙をさまよい、口元はかすかに震えていた……。

中学時代の文集には、「哲学」と題した一文を寄せる。ギリシャ哲学から、デカルト、カントらの観念論を経て実存主義へと至る哲学の流れを要約し、「人間は欲と怒りの塊で、幸福にもなれなければ、生きる意味もない」と締めくくった。
「恐るべき中学生」と、だれもが畏怖する、はずだった。

現実は――完全な無視。
「だれも分かっちゃいない、だからバカは嫌なんだ!」

校舎の屋上から校庭を見下ろし、級友らにつくづく愛想が尽きた少年は、ニーチェ(独・哲学者)に傾倒する。学生服のポケットに、彼の代表作『ツァラトゥストラはこう言った』を忍ばせ、繰り返し読んでは哲学的思索にふけった。

「神は死んだ」の言葉が示すとおり、ニーチェは伝統的な価値観を引っ繰り返し、この世のすべては「無意味の連続」だと言ってのけた人である。それを悟らず、無意味な人生をだくだくと生きている人々を"畜群"と蔑視した。

「要するに彼は『愚者を愚者と言って何が悪い?』というゴーマンを絵にかいたような哲学者だったんです」

少年がニーチェに引かれたのは、そんな点ばかりではない。人は何をよりどころとして、苦悩に立ち向かって生きるべきか、それをだれよりも真剣に模索している人と思えたからだ。

〈苦しい生のただ中を生きる人間にとっては、自分たちが「なんのために生きているのか」、「なんのために苦しんでいるのか」という問いの答えが、どうしても必要なものになる。それがうまく答えられるなら人は大きな生の苦しみに耐えうるからだ。逆に、この問いがまったく答えられないなら生は耐えがたいものとなる。人間が、長い間「神」や「道徳」や「真理」を信仰し、求めつづけてきたことの根本の理由はここにある〉
(『ニーチェ入門』竹田青嗣)

苦しくてもなぜ生きる。
ニーチェは究極のこの問いを、キリスト教や道徳など、単なる思い込み、ごまかしの答えを排除して、槍の切っ先のようにして突きつける。

高校生となった少年の心にも、〝なぜ生きる?〟 なぞの疑問が呼び起こされ、渦を巻き、引きずり回し始めた。

「それが哲学の核心でしょう。でもそこは自分の入り込めない領域に感じました。たとえ自分で答えを出しても、ニーチェに鼻で笑い飛ばされるのが落ちでしょうから」

答えを求めつつ、得られぬもどかしさの果てに、ニーチェは風狂の人となった。
「答えが出せないなら、こんな世界、オレが破壊してやる!」。

少年はいつしか世界の破壊を夢想し始めた。
「生命を人工的に作り出せたら、人間に価値などないとハッキリする。そうすれば人生の意義も道徳も崩壊し、人はただ欲望のままに生き、世界は滅ぶ」。京都大学工学部工業化学科に入ったのも、動機はこんなシナリオを実現させるためだった。

    ■

大学卒業を目前に控えた与田さんは、今ではすっかり落ち着いた、親鸞学徒のまなざしをしている。将来は仏法精神を生かした医療制度の改革に取り組み、多くの人に笑顔をもたらす仕事がしたいと言う。そのための準備も着々と進行中だ。

何が自分を変えたのか?

与田さんは語る。

「大学で親鸞聖人のみ教えに出遇えたころ、先輩のそばを離れず、何時間でも教えを聞き続けました。

『噫、弘誓の強縁は多生にも値いがたし』。

親鸞聖人の生命の大歓喜に触れた時の驚きは忘れられません。多生の目的ですからね。ああ、これが『なぜ生きる』の答えなんだと思いました」

最初はニーチェの哲学と比べながら聞いていた。
「彼の哲学は既成の価値を破壊してみせました。でも親鸞聖人の

『煩悩具足の凡夫・火宅無常の世界は、万のこと皆もって空事・たわごと・真実あること無し』

のお言葉はケタ違いの破壊力です。
また彼の『超人』(新たな価値を創造する理想的人間像のこと)思想も、弥勒とこの世で肩を並べる現生正定聚の教え(※)と比べたら、随分つまらないこと言ってるなって感じです」


「真に知んぬ。弥勒大士は、等覚の金剛心をきわむるがゆえに、龍華三会の暁、まさに無上覚位をきわむべし。
念仏の衆生は、横超の金剛心をきわむるがゆえに、臨終一念の夕、大般涅槃を超証す(『教行信証』)

以前の自分を振り返り、「何か、熱に浮かされていたようなものです。いちばんの愚か者が自分だったと、仏教を聞くようになって気づいたんです」と自嘲する。「バカと気づけば肩の力も抜けて、今は感謝の心から、皆さんに何かをしたくて仕方がないんです」

かつてを知る友人からは、「あの与田が宗教にはまった」とひやかされもする。
「親鸞聖人の教えは、一般に宗教と呼ばれる作り話ではありません。それは微塵のごまかしもない、人間を徹見した教えだからです。どんな哲学者といえど、自己については真っ暗がりじゃないですか。わが身知らずに、聖人の教えをあれこれ言う資格はないと思います」。

穏やかになっても、舌鋒は相変わらず、である。

二益法門とは、どんなことなのか|浄土真宗講座

バックナンバー一覧へ


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


231泳ぐ方角なぜ論じられぬ・それが「煩悩具足」の実態
230後生の一大事叫べども
229ともに聞法し逝った母 家族に法の宝を残して
228親鸞聖人の人間観 源泉は弥陀の本願  「すべての人は父母兄弟」の真意
227寺と聞き比べた8カ月
お聖教のお言葉で決す
226「浄土真宗が一番」
親鸞会で謎が解けた!
225親鸞会で知った聞法の喜び
「聞法できることが何よりも幸せ」
224門徒総代になって20年、
寺に人が寄りつかない理由が
親鸞会に来て分かった
223『歎異抄』の謎やっと解けた
「本願寺に親鸞さまおられなかった…」
222被災して知らされた不滅の光 阪神大震災・体験者の声
221弥陀の救いを届けたい 世界から「どうか生き抜いて」
220教えを聞けずに25年 親鸞会で知らされた平生業成
219戦前、後生の一大事が語られていた
218真宗の正しい御本尊 弥陀より一念で賜る名号
217苦しい息の中から、夫は懸命に仏法を伝えておりました
216「だから夫についていった」
215親鸞聖人に順ってこそ親鸞学徒 尊ぶ根本は御名号
214“名号本尊”は親鸞聖人のお勧め
213親鸞会 顕真学院で短期研修 心地よかった
212"命は平等"ってホントなの!?
211まどろみ人生 スイッチオン!
210ニートから“輝く日々”へ
209行ってよかった!! 親鸞会・顕真学院で研修
20896歳 人生の大転機
207父の遺言「本尊は御名号」
206「友よ、はらからよ」
205「これこそ真の浄土真宗や」
204真宗の正しい御本尊
203素晴らしい仲間と過ごした 素晴らしき日々
202凄いことを聞いていたんだ
201「仏法聞かせてもらいや」亡き叔母の願い
200>父母の恩 重きこと 天の極まり無きが如
199体験話に迷わされた23年
198非行・非善の念仏 探し続けた その真意
197三木清から『歎異抄』へ
196>親鸞聖人の教えを聞くのが好き!
195「分かる話」をするのは難しい
194苦難の人生 届いた光
193わが家に御名号本尊を
192幸せロボット 作りたい
191命の重さと両親の恩
190一人一人に寄り添う看護を
189仏法も仕事もパワフルママ
188仏法との「架け橋」を目指しています
187お慕いしてきた親鸞聖人のみ教え
186父のメッセージ 今も心に
185ボランティアの現実
184夢新た 映像で世界へ
183「未来の真の明かり 伝えたい」
182仏法の花が咲くヘアサロ
181「生きる意味、なかった気がする」
180この人だから 仏法聞けた
179舞い込んだ 親鸞会館の絵葉書
178娘よ、おまえから聞きたいんだ
177「幸せになりたい」と娘は言った
176やっと出遇えた「なぜ生きる」
175根本に尊ぶべき御本尊
174住職の意外な言葉「御名号こそ浄土真宗の正しい御本尊」
173仏法に生き 会計士の道 開く
172友の人生の疑問から、親鸞聖人の教えへ
171同朋の里だから語り合えること
170ホテルと大違い 自然と信心の沙汰
1692人で182歳 幼なじみと
16890代車いすで夫婦そろって
167元気の源は仏法に
16640年求め 親鸞聖人の教えと再会
165教えを伝える遺弟が「真宗万年の礎」に
164最も困難で素晴らしい道
163親鸞学徒に孤独なし
162家族揃って親鸞会館へ
161親のご恩 仏縁あればこそ
160夫婦で親鸞学徒に
159「聞法したくて 日本に移住しました」
158夢のプランに至福の日々
157親鸞聖人のみ教えで一つに2
156親鸞聖人のみ教えで一つに
155正御本尊をわが家に
154香川から移住 毎日が幸せ
153万人が同じ喜びの世界へ
152後生の解決一つのため
151「ドメインの力、感じます」
150親鸞聖人降誕会参詣者の声
149前田町に参詣以来 40年ぶり
148聖人のお勧めどおりに
147教えて還る子は知識なり
146同朋の里で深夜まで語らう
145届けたい真実
144「ロシアより愛をこめて」最終回
143同朋の里は浄土の光景
142「ロシアより愛をこめて」第4回
141加速する御名号本尊への流れ
140「ロシアより愛をこめて」第3回
139プロ棋士の向こうに見えた限界
138『歎異抄』のマジック
137平生業成に大ショック
136夢の聞法ドメインで全力
135あの時死ななくてよかった
134心かよう作業療法士に
133恩師に『歎異抄をひらく』
132妻からの法灯 家族にともして
131御名号本尊へ大きな流れ
130仏法で「食」生き返る
129ハイデガーの渇望した無碍の一道
128信心の沙汰は 真宗繁昌の根元
127〝黒板〟の先生と、30年ぶりに再会
126「ロシアより愛をこめて」第2回
125父を変えた弥陀の大願力
124信心の沙汰で、 仏法が自分の問題になる。
123厳しく心見つめ
122信頼厚い名医
121ナターシャの「ロシアより愛をこめて」
120“歎異抄”の真意海外へ 二千畳に米国教授も参詣
119いつまでたってもキリがない
118無気力な少年が一転 医師を目指す
117顕真学院の研修に参加して
116哲学書を読みあさっても分からなかったこと
115徹しきられた浄土の慈悲
114「煩悩具足」の聞き誤り
113〝ただ念仏〟の〝ただ〟に驚く
112唯円が生きていたら
111越せぬ壁の内側から
110『歎異抄をひらく』で生まれ変わる『歎異抄』
109龍谷大学でも聞けなかった「一念」
108光は東洋にあった
107歎異抄とは
106やっと遇えた 真実の仏法
105仏法とのご縁は末代の宝
104どんな姿でも生きねばならない理由
103『歎異抄』読めど分からず
102親鸞会で知った、歎異抄の本当の意味
101疑問だった「死んだら極楽」
100毎日楽しければいいと思っていました。
99正信偈を教えてもらえる。行こう
98いじめで死ななくてよかった
972000畳の親鸞会館に感動
96脱・ひきこもり
95私も親鸞会会員に 八十八箇所 彷徨の果て
94ポジティブなエンジニアになれる
93私も親鸞会会員に 97歳 平生業成に驚き
92ニート少年が大変身
91サイデンステッカー教授
90『正信偈』にこんな意味が
89因果の道理を信じて、苦境を越えた
88宗教は何を救う!?
87かくて少年はニーチェを捨てた
86彫刻と私 光はさした
85山で暮らしても
84正しい教えは、2000畳をも狭くした
83上を目指してきたけれど
82なんのために勉強をするのか
81太宰治もわからなかったこと
80今、死ぬわけにはいかない
79正信偈の意味が分かった
78亡き妻に感謝
77こうまでして仕事をしなければならないのか
76生長の家から親鸞聖人の教えに
75働くために生きているのではない
74会計士の本当の仕事
73因果の道理を知ればこそ
72生きてきた中で一番幸せ?
71尊い人命 ロボットで救う
70瞳に光 聞法の夜明け
69会社人間で終わりたくない
68患者の立場に立った医療を
67家族で仏法を
66人生の荒波に翻弄されている人に、真の幸せを
65仏法がその答えを教えてくれた
64利他の精神でカウンセリング
63これこそ真実だ!と思いました
62仕事を元気に続けられるのは聞法あればこそ
61自己を磨く
60感謝の心で乗り切る
59因果の理法を仕事に生かす
58「なぜ生きる」の光をすべての人に
57広告のスペシャリストに
56何かあるに違いないと思った
55「因果の道理」が仕事の推進力
54万人共通のもの ?生老病死?
53頭上に満天の星
52モンゴルでの生活
51ハラホリンの草原をゆく
50大草原の風の説法
49自殺危機からの救出 人生の目的あればこそ
48ジャーナリズムの現場から
47突きつけられた問い"なぜ生きる"
46ある医学部生の体験
45北国から2000キロ 無常との競争
44聞法だけが人生の価値ある時間だった
43友の言葉が突き刺さった
42自殺願望の果てに
40難問にであう
39真の医療って?
38団塊は第2の人生に燃ゆ
37涙の底に光あり
36もっと『不都合な真実』
35世界が生き返った
34修羅場なればこそ
33生んでくれてありがとう
32何で俺を生んだんや
31自殺してはならぬ理由
30こんなまめな人とは知らなかった4
29こんなまめな人とは知らなかった3
28こんなまめな人とは知らなかった2
27こんなまめな人とは知らなかった1
26人生は無意味ではない
25蓮如上人のお言葉に感動
24死んだら楽になれるのか
23自殺は愚かな行い
22子供たちに生命の尊厳を
212000畳で真如の月を
20両親との問答
19あっという間の二日間
18一念で千古の闇室に光
17聖人の大きなご恩
16摂取の光明に包まれ
15白骨の章
14死の恐怖体験
13ひきこもり寸前だった私が…
12私は仏法で自殺を思いとどまった
111%の希望が実現
10今日はいちばん幸せな日
9これが仏教だったのか!
8輝きだした生徒の瞳
7生きる光 ここに
6心渇き、荒れた少年時代
5「仏説まこと」を実感
4法友と励まし合って
3心にズッシリ「なぜ生きる」の重み
2慕われる医師に
1何のための延命治療か

〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp