仏教の方便とは、どんなことか

問なんでも方便だという人がありますが、仏教で方便とは、どんなことをいうのでしょうか。方便は必要なものでしょうか。

答 大変、大事なお尋ねだと思います。

 方便という言葉の原語は「ウパーヤ」といい、目的に「近づく」という意味です。また目的を果たすための手段をいわれます。

 たとえば、母親が子供を連れて瀬戸物店へ買い物に行く。大バーゲンでしこたま買いこんだ母親が荷物を重そうに持っています。

 瀬戸物は量の割りに重いものです。ついてきた小学一年の男の子が、自信ありそうに誇らしげに言いました。

「お母さん、それ持ってあげる。僕、力強いんだよ。昨日も相撲で一番だったんだ」と細い腕をまくって見せます。とても子供の持てる代物でないことは、万々承知の母親です。

「こんな重い物、あんたなんかに持てますか! 落としたらどうするの! 割れてしまったらおしまいよ」

 頭から叱りつけては、「いくらでも持てるのに、僕に持たせてくれなかった」と、子供は家へ着くまで承服せずグズルのです。

 賢い親はそんな時、優しく笑って、こう言うでしょう。

「そうお、坊や、あんた、そんなに強くなったの。お母さん嬉しいわ! それじゃ持ってちょうだい」

 子供の力に合わぬ重荷ということは、百も千も承知の上で一度持たせてみるのです。落としたら大変だから、親は密かに荷物の下に手を回しています。

 自分の力を認められて持った子供は、小さいながらも男の意地も我慢もあります。見事に持って母を驚かそうの得意も働きます。

 真っ赤な顔して渾身の力を絞りますが、やがて力尽き荷物を落としそうになり悲鳴をあげる。

「お母さん、僕、やっぱりダメだ。早く持って!! 落とすよ、早く、早く!」

 自分の力では、とてもかなわぬ重荷と体で知った子供は、心から親に荷物を任すのです。後で、荷物を支えてくれていた母を知り、子供は余計に感動するのです。

 仏教では、自惚れ強い私たちに自力無功を知らせ、絶対の幸福、無碍の一道の他力まで誘導するのに、阿弥陀仏や師主知識は種々に善巧方便なされていると説かれています。

蓮如上人仰せられ候、「方便を悪しということは有る間敷なり。方便を以て真実を顕わす廃立の義、よくよく知るべし。
弥陀・釈迦・善知識の善巧方便によりて、真実の信をば獲ることなる」由、仰せられ候と云々(御一代記聞書)

“蓮如上人が仰せになった。
「方便など要らないなどとは、言語道断、言うべきことではない。恐ろしい大法謗である。方便からしか真実に入れぬと説かれた、親鸞聖人の教えが全く分かっていないのだ。
弥陀・釈迦・善知識の善巧方便によってこそ、私たちは弥陀の救いに値う(真実の信心を獲る)ことができるのである」”

弥陀、釈尊、善知識方の種々のご方便がなければ、私たちは絶対に真実の信心を獲て無碍の一道に出ることはできないとおっしゃっています。

 私たちを真実に導き入れるには、絶対に必要不可欠なのが、仏教の方便といわれるものです。

※1)無碍の一道…一切がさわりにならない幸せ。絶対の幸福。
※2)善知識…仏教を正しく教える人

あなたが仏教から学べるたった一つのこと

関連記事


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


自殺を止められた釈尊の譬え話
親鸞聖人と人生の目的
親鸞聖人はなぜ、人間に生まれたことを喜べと言われたのか
仏教は独尊的な教えではないのか
親鸞聖人と絶対の幸福
現代人には、信心などいらないのではないか
死は暗黒と消滅のみか
死が恐ろしいとは思えない
私の人生観は間違いか
親鸞聖人は運命を、どう教えられているのか
親鸞聖人と三世因果
仏教はアキラメ主義ではないのか
仏教の平等観と親鸞聖人
なぜ仏教は人の嫌がる臨終や死のことを多く語るのか
仏教の方便とは、どんなことか
仏性があるとはどんなことなのか
地獄・極楽は、おとぎ話では
親鸞聖人はなぜ、仏法を聞かなければならないとおっしゃったのか
王舎城の悲劇とは
親鸞聖人の教えと先祖のたたり
親鸞聖人の教えと故人の供養
金や物のない人は布施行はできないのか
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp