親鸞聖人が善鸞を義絶された根拠は何か

問い・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

剣を抜いて迫った弁円にさえ、「御同朋御同行」とかしずかれた親鸞聖人が、どうしてわが子・善鸞を義絶なされたのでしょうか。そんな善鸞の言動とはどんなことであったのでしょうか。

答え・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

84歳の老聖人が親子断絶せねばならなかった善鸞には、よほど許せぬ言動があったことは想像にかたくありません。

一体何があったのか、親鸞聖人に関心ある誰しもが知りたいことでしょう。

住みなれた関東から懐かしい京都に帰られた聖人に、関東の弟子、性信房たちから悲しい知らせが続いていました。

それは慈信房善鸞の仏法を破壊する恐ろしい言動の数々でありました。

現存の史料を根拠に善鸞の言動を窺ってみますと、まず嘉元3年7月27日、高田の顕智房が書写したという「義絶状」には、次のように記されています。

(原文)
【又、慈信房の、ほうもんのよう、みょうもくをだにもきかず、しらぬことを、慈信一人に、よる親鸞が、おしえたるなりと、人に慈信房もうされてそうろうとて、これにも、常陸下野の人々はみな、しんらんが、そらごとをもうしたるよしを、もうしあわれてそうらえば、今は父子のぎは、あるべからずそうろう】

(意訳)
「善鸞が、この親鸞が言うたこともないことを、夜中に善鸞だけに教えたと言いふらし、関東の同朋たちを惑乱させている。そんなことでは親と子の縁を斬るより外はない」

これから推測されることは、私だけが真実の教えを知っている。みんな今まで父から聞いていたものとは違う。私の知っているのが本当の父の教えなのだ。父が夜、ひそかに私一人に教えてくれた秘法だから。

善鸞が得意になって言いふらしていたことは、大体、こういうことであったと思われます。

ここに「夜ひそかに父が私一人に教えた」と言っていることから「夜中の法門」とか「秘事法門」といわれ、善鸞が秘事法門の元祖のようにいわれるようになったのです。

では善鸞は、何を夜中に授かった秘法と教えたのでしょうか。
『義絶の書状』には、こう書かれています。

「第十八の本願をば、しぼめるはなにたとえて、人ごとにみなすてまいらせたり」

『最須敬重絵詞』巻5、には、

「初は、聖人のお使として坂東へ下向し、浄土の教法をひろめて、辺鄙の知識にそなわり給けるが、後には、法文の義理をあらため、あまさえ巫女の輩に交て、仏法修行の儀にはずれ、外道尼乾子の様にておわしければ、聖人も御余塵の一列におぼしめさず。
所化につらなりし人々もすてて、みな直に聖人へぞ、まいりける」

と記録されています。

善鸞が夜中に授かった秘法とは、「弥陀の本願の中心は十八願だと信じてきたが、それは父の真意ではなかった。かつて栄えても今は、しぼんだ花のようなものだから、もう捨てようじゃないか」という「一向専念、無量寿仏」の否定であったことが分かります。

そのうえ、神につかえて祈祷し、人の吉凶を予言する、聖人の最も嫌われた現世祈祷師に善鸞がなっていたと理解されます。

なお、親鸞聖人の曽孫、覚如上人が、正応3年3月(21歳)常州小柿の山中で病気になられた時、その病床を訪ねた善鸞が、

「われ符をもって、よろずの災難を治す」(最須敬重絵詞)

と符を持参しているのを傍証にあげることができましょう。
さらに、真浄房あての手紙には、

「これまでのように、社会的に無力の者同士で信仰していては教えが弘まらない。信者以外でもよい。社会的に有力者と縁を結んで彼らの力を利用して布教するように改めよ。これも父の新しい教えだ」

と聖人の権威のもとに語られていたのです。

(原文)
【余(権力者)のひとびとを縁として、念仏をひろめんとはからいあわせたまうこと、ゆめゆめあるべからずそうろう。(中略)
これよりは、余の人を強縁として、念仏ひろめよともうすこと、ゆめゆめもうしたることそうらわず】
(御消息第7通)

(意訳)
「権力者の力を借りて仏法をひろめよなどとは、決して考えてはならない」

親鸞聖人の厳戒された権力者との癒着にまで、聖人の名の元にすすめられていては、もはや許すことはできなかったのです。

護法に悲壮な親鸞聖人の御心に涙せずにおれません。

あなたが仏教から学べるたった一つのこと

 

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


時空を超え敬慕される聖人
人生の目的を明示
人生の目的完成の宣言
 
親鸞聖人略年表
京都、日野にてご生誕
出家得度
磯長(しなが)の夢告 1
磯長(しなが)の夢告 2
赤山明神での女性との出会い
大乗院の夢告
比叡下山
救世観音の夢告
吉水の法然上人のもとへ
信心決定
体失不体失往生の諍論
体失不体失往生の諍論 2
体失不体失往生の諍論 3
信心同異の諍論
信心同異の諍論 2
信行両座の諍論
信行両座の諍論 2
承元の法難
承元の法難 2
三部経読誦
高熱で寝込まれる
平太郎、熊野権現で霊夢を見る
善鸞義絶
蓮位房、霊夢を見る
ご往生 1
ご往生 2
阿弥陀仏の本願とはどんなことか
弥陀の救いとはよく合点することか
弥陀の救いはハッキリするのか
信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
信心獲得したら煩悩はなくなるのか
救われたら本当に大慶喜がおきるのか
雑行雑修自力の心とはどんなものか
一向専念無量寿仏とは、どんなことか
絶対の幸福になる唯一の道
念仏に三通りあるとはどんなことか
親鸞聖人とただ念仏の救い
不来迎とは、どんなことか
聞即信とは、どういうことか
二種深信とは、どんなことか
二益法門とは、どんなことか
他力本願と親鸞聖人
なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
三願転入とはどんなことか
仏教で最も重要な、本願成就文とは何か
親鸞聖人と墓参りの意義
なぜ死骸を魚に与えよと言われたのか
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(1)
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(2)
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか
親鸞聖人のみられた夢とはどんなものであったのか
親鸞聖人には、弟子はなかったのか
聖人が善鸞を義絶された根拠は何か
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp